MONKEY MAJIK のライブレビュー (28件)

MONKEY MAJIK

MONKEY MAJIK

モンキー・マジック

アーティスト情報を見る

ロック

並べ替え:

≪Prev12

MONKEY MAJIK Road to ~花鳥風月~

2019/12/15 (日) 17:00開演 @ 福岡国際会議場 メインホール(福岡県)

ばる。さん

20周年のBIG PARTYに向けての助走、ROAD TO 花鳥風月の第三章「風」福岡公演に行きました。 今回のセットリストは2010年から2015年にリリースされた作品からのチョイス。 ライブでお馴染みの曲あり、初演の"Journey"あり、15周年の武道館でただ一度だけ演奏した”木を植えた男”ありと今回も特別なライブになりました。 ただ、ツアーで一度だけGoin' Placesに代わり「タオル回し」の曲となった"Beautiful"でタオルが回ってなかったのが心残りです。 当日は、隣のホールで「布袋寅泰」さんが、その隣の体育館では「プロレス」が、そして極めつけは奥にある一番大きいマリンメッセ福岡では「GRAY」がライブをやってて、博多駅からのバスは寿司詰め状態。 唯一の救いはGRAYさんのライブ開始がMONKEY MAJIKより1時間早い16時スタートだった事です。 終演は布袋さんと被ってしまい、バスは諦めて博多駅まで歩きましたが。 横道に逸れました。 MCでは、NEWアルバムが来年の2月22日に発売と間違えて発表。 不思議な程に誰も突っ込まず。 ???と思っていたら、しばらくしてから2月26日に修正されました。 アルバムからブレイズさんがアコースティックで軽く一節歌ってくれました。 渾身のニューアルバムは年明けから色々と情報公開される様です。 又、プロモーションで彼方此方回るようなので各SNSでチェックしましょう。 それにしてもエイ○ックスマネイジメントはbラック企業の様で。 レコーディング終わってすぐ風公演、息つく間も無くアコースティック公演(22日なんか昼夜の2公演だし)なので、メンバーの体調が心配です。 ついでに言うと風公演の翌日は朝8:30集合、21:00解散予定でバスツアーで引き回し。 (初めて参加しましたが、凄く楽しかった。) こき使われてますね~。 次回は2年ぶり、東京のアコースティックライブに「ダサいセーター」着てお会いしましょう。

MONKEY MAJIK Road to ~花鳥風月~

2019/08/12 (月) 17:00開演 @ 中野サンプラザ ホール(東京都)

MONKEY MAJIK Road to ~花鳥風月~

2019/04/29 (月) 17:00開演 @ 東京エレクトロンホール宮城 大ホール(宮城県)

ばる。さん

MONKEY MAJIK 20周年に向けてのツアー「花鳥風月」、始まりの「花」がホームタウンの仙台で行われました。 花は結成~2005年までのリリースから選曲されると予めアナウンスされてましたが、オープニングはtired。 私が唯一持ってないCDですが、これは仙台のタワーレコード限定、1000枚リリースされたレア物。 ベスト版に納められているしライブでは何度か演奏してるので気付きませんでした。 途中のMCではミスター・プラントが79歳とは思えない美声で一節唄ってくれました。 セットリストは本編+アンコールの一曲が2005年までの物。 アンコールのガリレオではオリジナルメンバー、ベースの漆坂ミサオさんが仕事を抜け出して15年振りの参加(勤め先の電気工事の作業着を着ていたとか居なかったとか)。 他のアンコールはウマーベラス ぼんやり~ぬTVバージョンと定番のAround the world、そして空はまるでの大合唱で締めくくり。 MONKEY MAJIK初の県民会館(東京エレクトロンホール)から東京の鳥、福岡の風、そして最後は大阪の月へと続いて行きます。 各回が1公演のみのレアさは結成20周年のビックパーティーへの大きな助走と言える。 名古屋飛ばしは少し悲しいが福岡でもつ鍋と呼子のイカ食べるから良いや。 次は東京でお会いしましょう。

MONKEY MAJIK Tour 2018 ~Singles Collection~

2018/12/07 (金) 19:00開演 @ 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(愛知県)

ばる。さん

愛知県公演は前回までの愛知県芸創センターの大きいホールからダウンサイジングされましたが、それでも演って貰えるだけで丸儲け。 (私の地元ではDNAツアー以来無し。あ、原点回帰で来てた。) 某歌手の様にパンパンの会場じゃないとやらないなんて不粋な事はしません、常に全力演奏です。 オーディエンスも暖かく、正にファミリー。 MONKEY MAJIKさんと一緒に仕事した事のある人からもその人柄は絶賛されてましたし、クルーが代わらす続いているのは希有だとMCで言ってました。 そんなMONKEY MAJIKのデビューシングルのFlyや最新の配信シングルまでを織り混ぜた珠玉のナンバーに会場のボルテージはMAX。 MCでは"アクター"のフタリから次は大河ドラマ!の声も。 あまりにも盛り上がり過ぎたのか、通常よりやや長いライブタイムになりましたが、翌日は宮城県で"キング"のラジオに出演するのに大丈夫?と心配になりました。 名古屋入りも朝イチだったはずなのに、タフな人達ですが、和風なドレッシングルームにDickさんは少しフィットしてなかったとか。 来週は新潟、石川のライブハウス公演。 新潟に伺いますのでよろしくお願いします。 名古屋近辺の皆さん! 周りの人に「MONKEY MAJIKのライブ良かったよ~。」とプロモーション宜しく! 次は是非パンパンの箱で演って貰いましょう。

Japan Tour 2017 -REPRISE-

2017/11/23 (木) 17:00開演 @ 仙台サンプラザ ホール(宮城県)

ばる。さん

BLUE MOON presents MONKEY MAJIK Japan Tour 2017 REPRISE- ファイナルの仙台サンプラザ公演 全国各地を回って48公演やったのに、すぐ後でホールツアー6公演。 メイさん、思わず現実回帰とツアー名が飛ぶ程、現実逃避したいのかと心配するシーンからMCが始まった。 本編では、仙台でしかやらなかったAround The World、fly、空はまるで が追加されてます。 が、スペシャル過ぎてflyでブレイズさん、頭のギターを間違える。 仙台サンプラザでは初めての着席(メイさん談)のオーディエンスに新鮮味を感じる。 朝男のブレイズさんはライブ当日の朝、秋保温泉(サンプラザから20Km程)とスタジオに行ってから会場入りしたとの事で、場内もざわつきました。 リラックスムードでどうでも良い話を連発するブレイズさんは突然「ブロッコリー大好き」と言う謎の新曲まで歌いだします。 MCでは3月のファンクラブライブのアナウンスが。 福岡、名古屋、大阪、東京、仙台! 何処に行けるかな。 そして早ければ春にはNEW ALBUMも。 毎回、仙台でファイナルをやる理由は暖かく応援し続けるファンの声援に応える為であり、好き過ぎて住んでいるからと感謝の言葉が。 締め括りはみんなへの感謝を込めて「ただ、ありがとう」を。 我々の方こそ、「ただ、ありがとう」です。 次回は東京グローブ座で会いましょう。

Japan Tour 2017 -REPRISE-

2017/11/05 (日) 17:00開演 @ 愛知県芸術劇場 大ホール(愛知県)

ゲストさん

Japan Tour 2017 -REPRISE 名古屋公演。 全国48公演を終えたと思ったら次はホールツアー。 働き過ぎです、MONKEY MAJIK 来場の子供も心配して大声をあげてますよ。 前夜はダイビングプールを改装して作られたレストランでBluemoonパーティー。 名古屋のパーティーだけ?生樽サーバーから頂けた模様です。 その後に御園座付近で食べた予約のいる御寿司屋さんの手際に感動した話が。 早起きブレイズさんはローラーブレードで移動するジャック・スパロウ(ジョニー・デップじゃありません)に遭遇したとか。 名古屋に住んでるとは思わなかったよとインスタに上がってました。 原点回帰で発生した兄弟コーナーは座りコーナーとなり、フルメンバーでの構成に。 オーディエンスも座って拝聴します。 しかし、Get startedから再びスタンディングのセクションへ。 御馴染のChangeから、多分中野サンプラザ・吉田兄弟ゲストの時しかやってないツアーセットリスト初登場のcriminalと連続三味線無し三味線楽曲からタオル回しは再びGoin' placeへ。 本編を締め括るのは名曲。Headliget 乾杯タイムは定番化しつつあるPretty People チーフマネージャーの清水さんがステージを所狭しと駆け巡ります。 最後の曲は、我々からも言いたい。「ただ、ありがとう」と。 全国を回ってくれて、ホールツアーまでやり、クリスマスプレゼントにグローブ座まで。 本当にありがとうございます。

BLUE MOON presents MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -LIVE HOUSE 原点回帰-

2017/07/11 (火) 19:00開演 @ 名古屋SPADE BOX(愛知県)

ばる。さん

season7かつ本土最終公演。 前夜のブルームーンパーティーからのライブです。 パーティーでは各メンバーから面白い話が聞けて最高でした。 私のいたテーブルには最初にディックが私の真横に来てくれてからのスタート。 メイさんも真横に来てくれました。 嬉しい反面、真横って見れないんですね。 ブレさんの好物は寿司、うなぎ、お茶漬け。 なので好きな物が同時に楽しめるひつまぶしは最強と言えば「それな!」と喜んでた模様。 ライブのMCでも取り上げてました。 長いツアーでコンディショニングにも気を使いtaxは白湯でした。 それでも翌日のライブは圧巻。 フルハウスのオーディエンスもハイテンション。 新たな導入部を追加したTogetherは最高です。 揺れる床にヒヤヒヤしながら、楽しみました。 少し間が空くからか、メイさん、ブレさんブルームーン飲みながらパフォーマンス。 カナダからメイさんの同級生も遊びに来てるからか、リラックスモード。 (前夜のパーティーでジェットラグになってないか聞いたら、ずつと飲んでたから大丈夫と言ってたので、あつた蓬莱の鰻をパスしたのはハングオーバーなのではと思ってます。) 名古屋を3日間楽しんだメンバーはアフターパーティーを楽しむ為に沖縄へと飛びましたとさ。 次は愛知県芸術劇場のでっかいホールでお会いしましょう。

BLUE MOON presents MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -LIVE HOUSE 原点回帰-

2017/07/07 (金) 19:00開演 @ 浜松窓枠(静岡県)

BLUE MOON presents MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -LIVE HOUSE 原点回帰-

2017/06/06 (火) 19:00開演 @ 渋谷WWW X(東京都)

BLUE MOON presents MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -LIVE HOUSE 原点回帰-

2017/05/27 (土) 17:00開演 @ 高崎club FLEEZ(群馬県)

BLUE MOON presents MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -LIVE HOUSE 原点回帰-

2017/04/21 (金) 19:00開演 @ 長野CLUB JUNK BOX(長野県)

BLUE MOON presents MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -LIVE HOUSE 原点回帰-

2017/04/20 (木) 19:00開演 @ GOLDEN PIGS RED STAGE(新潟県)

ばる。さん

BLUE MOON presents MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2017 -LIVE HOUSE 原点回帰-

2017/04/11 (火) 19:00開演 @ 仙台darwin(宮城県)

MONKEY MAJIK Live 2016 at The Globe Tokyo ~Special Acoustic Live~

2016/12/09 (金) 19:00開演 @ 東京グローブ座(東京都)

ばる。さん

昨年に引き続き、女性のストリングス4名を加えたスペシャル編成のアコースティックライブが行われました。 昨年のはDVD化されましたが、今年は撮影が入って無いので、見れた人は大変ラッキーとしか言えないスペシャルライブとなりました。 (エンジニアの人も見に来ていたとの事です。) 曲の原型とも言えるアコースティックでの演奏は特別な思いがあるとブレイズさん。 曲作りの原点がアコースティックなので、本来の姿がそこにはあると。 (但し、ストリングスが入ったアンサンブルなので豪華ではあるがとも言ってました。) 今回はなんと2列目だったので、ドラムやストリングスは直接聞こえると言うなんと贅沢な環境でしょうか。 さて、ライブですが、初日と言う事もあり、若干緊張が見える気が。 しかし、ストリングスとのアンサンブルは素晴らしく、レギュラー公演にもストリングスが欲しいと思う程ピッタリとフィットしてました。 定番の虹色の魚から始まり、新旧織り交ぜたセットリストはレギュラーツアーともファンクラブライブとも15周年記念武道館ともそして昨年のアコースティックライブとも全然違うスタイルで、正に唯一無二。 特に響いたのはChangeですね。 ボサノバ調のゆったりしたリズムで、ブレイズのラップもメロディーに乗せたスタイル。 しびれました。 申年を締め括るのに相応しい最高のパフォーマンスを目の当たりにしました。 MCでは来年47都道府県すべてを回るライブハウスツアーの案内もありました。 (チケットは激戦なんだろうなぁ。私は仙台・群馬・埼玉・東京に応募しましたが、いくつ当たるやら。) 常に変化し続けるMONKEY MAJIKにまだまだ振り回されそうである。

FAN CLUB LIVE 2016~VIP NIGHT with MONKEY MAJIK vol.3

2016/10/08 (土) 17:00開演 @ 仙台PIT(宮城県)

ばる。さん

ファンクラブライブもここTeam Smile 仙台PITで締めくくりです。 初めて使う箱だそうですが、新幹線の車窓から見ていた感じよりは大きなホールでした。 スタンディングで千人を超えるキャパと設備は圧巻です。 ライブは最新アルバムからのナンバー、Undercoverでスタート。 ファンクラブ限定なので、通常ライブにかけないナンバーも入るセットリストはスリリング。 なんたって滅多にやらないから歌詞間違える、演奏間違える。 その煽りからか、あれだけの回数をこなしている「虹色の魚」を思いっきり間違えてやり直す始末。 ファーストアルバムは勿論、インディース時代のナンバーまで出て来ます。 バイナリーレコード10周年の話とロッキーさんが偉くなったので仙台に来れなかった話でひとしきり盛り上がりましたが、今日のハイライトは体調を整える為に10時間寝て来たメイナードさん、寝過ぎて片頭痛になった件でしょう。 何か問題があったら全て片頭痛のせいにして回避してましたから。 そして16年間で初出しの「1996」をピアノのイントロで。 懐かしいナンバーの後は最新アルバムからPlastic Girl、そして定番のAround The Worldで本編は終了。 アンコールは大阪では本編最後だったDeliciousからスタート。 コラボレーションしたかった思い出の仙石線ラッピング車両「石ノ森章太郎・萬画号」の話から、サイボーグ009のエンディングソング Is this love? そしてオープニングソング A.I. am Humanで感動のライブは締め括り。 出口でメンバーとのハイタッチをしてライブの余韻を楽しみつつ急いで新幹線へと。 なんとか無事帰り着きました。 3連休初日の仙台市内、ホテルの空きが無かったんです。 で、早速12月のアコースティックライブに応募しました、帰りの道中、電車の中から。 すぐ無くなるらしいから当たりますように! それと去年のアコースティックライブの映像が何らかの形で出て来るらしいのでそれも楽しみです。

≪Prev12

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });