【パンスプ最終回】過去のPUNKSPRINGを振り返ってみた。

【パンスプ最終回】過去のPUNKSPRINGを振り返ってみた。

2006年から続く、PUNKSPRINGが2017年で最終回を迎えることに。パンスプの歴史、そして歴代の中で出演回数の多い洋楽アーティストをご紹介します。

更新日:2017/03/13

それは突然だった・・・

日本のパンクロックファンが集うイベントでお馴染みのPUNKSPRING(通称:パンスプ)。

名前に「スプリング」とあるように、毎年春に行われる都市型イベントです。


そんなパンスプが2017年の開催で最終回を迎える事が発表されました。春の楽しみがなくなるのは、少し寂しいですね。

大きなフェスはいくつもありますが、特定のジャンルに特化したイベントはあまり多くありません。フジロックやサマーソニックのような海外の大物アーティストが一挙に出演するイベントも実は少ないのです。それが一つ無くなるとは…(泣)


そこで、こちらの記事では過去の出演者を中心に2006年から今までのパンスプを振り返ってみたいと思います。

PUNKSPRING初開催

パンスプの初開催は、2006年。この年のヘッドライナーは、Bad Religionでした。その他出演者にMxPx、311、The Living End、Sugarcult、Zebraheadなど、そうそうたる顔ぶれが並んでいます。

幻の公演

2011年の公演は、Good CharlotteやPENNYWISE、HOOBASTANK、New York Dollsなどが出演する予定でしたが、東日本大震災の影響により、開催中止に。

パンスプ10周年!

通常、ヘッドライナーは共通のアーティストですが、この年はSum 41、そして邦楽勢初となるTOTALFATの2組がヘッドライナーを務めました。

EXTRA SHOWSにも注目!

フェスで観足りない方は、是非「EXTRA SHOWS」へ。

過去の出演者

2017年のEXTRA SHOWSも豪華

最終回!

2017年最後のパンスプには、パンクロックの名に相応しいアーティストが勢揃い!


そんな超豪華アーティストが出演するパンスプですが、2006年から2017年の間で、出演回数が最も多い洋楽アーティストは誰だと思いますか?





オフスプ?ノーエフ?サム?







⇒次のページ:出演回数ランキング

1 / 2

新着まとめ

祝15周年!個性あふれるカクバリズムのアーティストたち

祝15周年!個性あふれるカクバリズムのアーティストたち

今年15周年を迎えるインディーレーベル「カクバリズム」。所属するアーティストは、皆個性的で魅力的なのです。

2017/10/20

長渕剛の息子、新星シンガーソングライター<ReN>がブレイクの兆し

長渕剛の息子、新星シンガーソングライター<ReN>がブレイクの兆し

アーティストから「会いたい」と名前が挙がるシンガーソングライター「ReN」をご存知ですか?

2017/10/17

日本武道館公演が待ちきれない! 銀杏BOYZの魅力をまとめてみた。

日本武道館公演が待ちきれない! 銀杏BOYZの魅力をまとめてみた。

NHKの朝ドラ「ひよっこ」の”変なおじさん”役で話題の銀杏BOYZ 峯田和伸。初の日本武道館公演はいよいよ明日!あらためて魅力をまとめてみたよ!

2017/10/12

新着情報

まとめ一覧に戻る

バナー

お気に入りのアーティストやライブの最新情報がスマホに届く!!

今すぐユーザー登録

>> LiveFansについてもっと詳しく <<

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

LiveFansアプリ好評配信中!