リアム・ギャラガーのドキュメンタリー映画、公開日決定&予告編公開

2020/03/30

英国の伝説としていまだに大きな影響力を持つロックバンド「Oasis(オアシス)」のボーカル、Liam Gallagher(リアム・ギャラガー)を追ったドキュメンタリー映画『Liam Gallagher: As It Was(リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ)』の日本での公開日が決定した。

 

2020年7月3日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国公開されるこの映画は、6月6日に英国で劇場公開された作品であり、監督はドキュメンタリー映画を撮り続けてきたギャビン・フィッツジェラルドと、本作のため10年以上にわたりリアム・ギャラガーを撮影してきたチャーリー・ライトニングの2人が務めている。

 

そして、日本版の予告編映像も公開された。

 

 

1990年代、イギリスで結成されすぐさまスターダムへのしあがった「オアシス」。

そのボーカルとして時代の寵児となったリアム・ギャラガーは、破天荒な側面から語られることが多く、実際に多くのスキャンダラスな言動で注目された。ライブを途中で投げ出して帰ってしまうなどの彼の行動は、メディアから度々バッシングを受けていた。

稀代のソングライターとして評価を確固たるものとした実兄のNoel Gallagher(ノエル・ギャラガー)との確執はバンドの活動を危うくさせ、遂には解散へ至ることとなった。

オアシス解散後に結成した「Beady Eye(ビーディ・アイ)」も早々にとん挫し、リアムはバンドを失い、迷走する。そこから新たにソロとしてのキャリアをスタートさせ、予想を遥かに上回る規模の成功を手にして復活したリアムは、その軌跡自体がロックだと言ってもいいかもしれない。

ロックンロール・スター=リアム・ギャラガーの成功、挫折、苦悩からの復活を追ったこの映画は、多くのロックファンが待ち望んだものと言っていいだろう。

 

 

上映情報

■映画『Liam Gallagher: As It Was(リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ)』

7月3日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

監督:ギャビン・フィッツジェラルド、チャーリー・ライトニング

出演:リアム・ギャラガー、ボーンヘッド、ノエル・ギャラガー、ポール・ギャラガー、クリス・マーティンほか

2019年/イギリス/カラー/スコープサイズ/英語/原題:LIAM GALLAGHER: AS IT WAS /89分

公式サイト:ASITWAS.JP

関連アーティスト

新着情報

ニュース一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });