風男塾・瀬斗光黄、笑顔と涙であふれた卒業公演

2019/02/14
14165034_680_453
2019年2月11日、風男塾にとっての聖地である中野サンプラザにて、風男塾に9年間在籍した中心的メンバー、瀬斗光黄の卒業公演が開催された。

加入してからたった4か月で中野サンプラザの地に立つこととなった光黄の初々しい映像から始まり、メンバー5人が登場、『最高シャウト!』のイントロが流れると同時に、会場は光黄のメンバーカラーである黄色で埋め尽くされる。その光景を嬉しそうに、大きな瞳で見つめながら楽しそうに歌う光黄の表情が伝染するように、会場も、次第に笑顔で溢れてくる。今回の卒業公演のタイトルは『SMILE』。卒業発表時から、ことあるごとに光黄が口にしていた、「笑顔で卒業したい」という言葉通り、会場には嬉しそうに、楽しそうにその時間を過ごしているファンの姿があった。

その後も、“腐男塾”時代の名曲「哀戦歌」や、天井からマンガが降りてくる古くからのファンにはおなじみの懐かしい演出が施された「ヲタキスト」、会場中を駆け回り、“ガオガオシ-ル”を張りまくる「草食ライオン」など、彼らがモットーとして挙げてきた“人を元気にする曲”たちを続々と披露。光黄の軌跡をたどるように、アルバム「音鼓」「POWER OF WIND」のメドレーや、今の5人で作り上げた楽曲を「歌うたびにこれが最後だと思うと…」と言葉を詰まらせながら歌い、メンバー4人それぞれと肩を抱き、目を合わせながら歌う姿がとても印象的だった。

『アニソングランプリ』 出身というだけあって、風男塾の中ではずば抜けた歌唱力を持っていた光黄。風男塾の唯一のソロ曲となる『紙ヒコーキ』を歌い上げたとき、会場中からすすり泣く声が聞こえてくる。畳みかけるように、これまでのメンバーの卒業ソングとしてリリースされた「友だちと呼べる君へ」「証-soul mate-」と連続で演奏され、喪失感に襲われていると、すかさず“何があっても生きる”というメッセージを込めた「同じ時代に生まれた若者たち」を持ってくる選曲はさすが。彼らはいつも、どんなことがあっても、泥臭くても、まっすぐに、好きなものを大事に、前に進もうと教えてくれる。そして本編では、地方からアイドルとしての成功を目指して集まってきた彼らたちがくじけそうになった時のエールソングとして聴いていたという「下を向いて帰ろう」をファンとともに熱唱し、幕を閉じた。
14165114_680_453

どんな場面でもあまり涙を見せてこなかった光黄が、この日は何度も何度も涙を流していた。
なかでも、アンコールでこの2年、Wセンターとして切磋琢磨してきた愛刃建水とのユニットW♠PRINCEで、健水が光黄の手をグッと握った瞬間、予定になかったこの行動に、少し驚きながらも支え合うような形で笑顔を交わしたとき、プロデューサーであるはなわ氏から、愛に溢れた手紙を読まれたとき、そして、各メンバーみんなから手紙をもらったときは、文字通り、止まらない涙で頬が光り輝いていた。
でも、ただ悲しく終わるのではなく、最後の最後で新メンバーである香月大弥(かつきだいや)、桜司爽太郎(おうじそうたろう)の2人を紹介。すでに『ツバメ』のMVのラストでカメラ出演をしている彼らとともに、新体制となった6人の風男塾は、新曲『Dash & Daaash!!』を披露し、2019年4月から放送予定のTVアニメ「群青のマグメル」のオープニングテーマに決定したことを発表した。これこそ、新たな時代の幕開けを感じさせる、“始まりにワクワク”するような楽曲を聴かせ、これからも、風男塾が終わらないこと、さらに加速していくことを体感させてくれた。

そして、最後の最後に、もはやファンの中でも薄れかけていた“ミステリー属性”という光黄のキャラクター通り、最後の最後に、UFOらしきものとともに消えていく演出に、会場中は泣き笑いで包まれていた。
14165129_680_453

メンバーが卒業、加入を繰り返す風男塾。だが、決してそこに流れる芯は受け継がれ、さらに強固なものとして成長し、進化した姿を見せてくれる。また新たな姿となった彼らが、どう成長し、驚かせてくれるのか、さらに楽しみで仕方ない。

文/吉田可奈

■2019年2月11日(月・祝) 東京・中野サンプラザ
「風男塾 LIVE 2019 ~SMILE~」セットリスト


M 1 最高シャウト!
M 2 ユレロ
M 3 風にのって
M 4 哀戦歌
M 5 ヲタキスト
M 6 草食ライオン
M 7 "音鼓 -OTOKO- メドレー
せーのでドンマイ!/棚田米/風一揆/夢幻のプロキオン/Love Spider"
M 8 "POWER OF WIND メドレー
RIKISHI-MAN/EYE OF THE TYPHOON/男装レボリューション/人生わははっ!/僕らの歩く道"
M 9 君色々移り
M10 ピースサインミーティング
M11 Ballad of the Phantom
M12 Welcome to my familia
M13 新たなる幕開けのための幕開けによる狂詩曲~キミがいればオレたちも笑顔∞~
M14 紙ヒコーキ
M15 友達と呼べる君へ
M16 証-soul mate-
M17 同じ時代に生まれた若者たち
M18 下を向いて帰ろう
EN1 もう君以外...(W♠PRINCE)
EN2 無敵! 夏休み
EN3 ツバメ
EN4 Dash&Daaash!!(新曲)



■「群青のマグメル」
<原作>
「群青のマグメル」 (集英社「少年ジャンプ+」隔週火曜日更新)
https://shonenjumpplus.com/

<ストーリー>
突如、世界の中心に現れた新大陸・マグメル。未知なる生物や資源が眠る大陸の出現に、世界は再び探検家時代に突入!そんな欲望渦巻くマグメルで少年・因又(インヨウ)は、探検家達の救助を生業としていて・・・。

<単行本情報>
ジャンプコミックス『群青のマグメル』(原作:第年秒)1~4巻好評発売中

<権利表記>
©第年秒/翻翻動漫・群青のマグメル製作委員会


■INFORMATION
風男塾オフィシャルサイト
http://nfs724.com

インペリアルレコード 風男塾オフィシャルサイト
http://www.teichiku.co.jp/artist/fu-danjuku/

風男塾オフィシャルツイッター
https://twitter.com/fudan_juku?lang=ja

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });