×

towervoice(320_50 headline)

僕たち発光しました!『JAM Project JAPAN TOUR 2017~2018 “TOKYO DIVE”』全国ツアースタート(初日ライブレポート)

2017/11/14

2017.11.02(THU)JAM Project JAPAN TOUR 2017~2018 “TOKYO DIVE” 神奈川県・川崎市スポーツ・文化総合センター


影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹。実力派アニソンシンガー5名によるスーパーユニット・JAM Projectの全国ライブツアー『JAM Project JAPAN TOUR 2017~2018 “TOKYO DIVE”』が11月2日(木)に神奈川県・川崎市スポーツ・文化総合センターがスタート。10月18日に発売された最新アルバム『TOKYO DIVE』を引っさげ、神奈川の初日公演を皮切りに、来年2月17日のファイナル東京・日本武道館まで合計10都市11会場で開催される今回のツアー。圧巻のパワフルなステージでファンを魅了した初日公演の様子を早速レポートしたい。


■オープニングから観客のテンションMAX!!

最新アルバム『TOKYO DIVE』のイントロダクション「Spinning Out of Control」が流れ出し、バンドメンバーがスタンバイ。そして、JAM Projectメンバーの5人が登場すると、客席のボルテージは一気に上昇! 会場は大歓声とペンライトの赤い光に包まれた。続いてアルバムリード曲「TOKYO DIVE」のイントロが流れ出すと、今度はメンバーの衣装がレッド、ピンク、グリーン、ブルー、イエローとカラフルに光る演出で観客を驚かせた。悲鳴にも似た歓声が会場に響き、観客の興奮状態は会場の揺れで感じ取ることができた。

続いての曲は「EMG」。ステージに「TOKYO DIVE」の文字が浮かび上がり、メンバーの姿が明るいライトで照らされる。現在放送中のTVアニメ『牙狼〈GARO〉-VANISHING LINE-』のOP主題歌でもあるこの曲が流れると、会場のネオンは、レッドから金色の牙狼をイメージしたイエローに変わった。そして「BAD CITY~We'll be alright!~」では、メンバーがステージ前方ギリギリまで乗り出してのパフォーマンスを見せると、観客もさらにボルテージを上げてきた。


■「事件です!ついに僕たち発光しました」

最初のMCでは、「初日にようこそ!JAM Projectです」と影山が挨拶し、さらに続けて「見てくれました? ついに、僕たち発光しました」と語ると、会場が笑いに包まれた。続けて「腐りかけ、腐敗(※発酵)ではありません」と笑いながら話すと、会場もステージ上のメンバーも一気にリラックスムードに。そして、「予定通り、アルバム発売しました。初日何があるかわかりませんが、そのスマホで良いこと書いて拡散してください!」と、SNSでの拡散を促した。今回のライブでは、アコースティックコーナー、MC、そして、アンコールを除いては、スマホでの写真撮影が許可されている。

今朝のリハの時点では、「(振り付けが)もうだめだ。できない」と思ったと話す福山は、「なんとかなったかな」と笑顔で語りながらお腹の肉をつまみ、「武道館までには、ダンスも良くなり、お肉もなくなるはずです。痩せます!!」と宣言した。

さらに続けて「今回のツアー、とにかく楽しみにしていました。来年2月の武道館に向けてまさに“Road to 武道館”ということで駆け抜けて行きます! 皆さん一緒に楽しんで行きましょう」と影山が語ると、会場からは大きな歓声と拍手が巻き起こった。そして、「神ノ牙~The Fang of Apocalypse~」「勝利の未来」「紅ノ牙」、再びMCタイムを挟み、次のコーナーへ。

■しっとりのあとにシッカリ笑いをとる

今回から豪華なメモリアルコーナーを作ったということで奥井ソロ、遠藤&きただに、影山&福山それぞれに分かれての企画コーナーを披露。そして再び5人になりオリエンタルな雰囲気の中「アレクサンドリア」「Believe in my Existence」と一気に披露。電飾の衣装から、ストールや羽織りものが印象的な衣装へと変わった。

そして、アコースティックコーナーに突入。「I KILL-イキル-」「Growing up」しっとりとそして、圧巻の歌唱力で唄い上げる。途中、立ち上がりそうになる観客に対し、「まだ、もうちょっと座ってても大丈夫」と促したりと、コミュニケーションも抜群だ。続く「シュワッチ!~君を護りたい~」「Everything」ではおもしろエピソードも忘れない。「Everything」は盲腸の歌だと思ったと影山がコメントした部分については、ぜひライブ会場で聴いてもらいたい。

会場ではかなりの笑いを誘ったが、ネタバレしてしまうと、曲のイメージが台無し! ということなので、今回はここまでのレポートとしておく。曲の合間合間で、ナイスなコンビネーションを見せながらのトークは、まさにベテランの貫禄という印象だ。


■「勝利の未来-とき-」は映画『HE-LOW』の主題歌に

奥井からきただにへ「告知をしてくださ〜い!」というスタッフからの伝言が伝えられる。新曲「勝利の未来-とき-」が、特撮映画『HE-LOW』の主題歌になったことをきただにが発表すると、会場からは「おめでとう!」と拍手が贈られた。

続いて「THE EXCEEDER」などのタイアップソングで再び会場はノリノリモードへ。福山の高音の雄叫びや、奥井の伸びやかな声、ステージギリギリまで前に出て踊り、全身で歌う影山、きただに、遠藤の動きに合わせてネオンが美しく揺れる。

そして、きただにの「ここから、ノンストップで行くぞ〜。タオル回せますか〜。ひとつになろうぜ川崎〜」の掛け声で「東京スキャンダル」から「THE HERO!!~怒れる拳に火をつけろ~」までの盛り上がりソング4曲を一気に駆け抜ける。


■いくつになってもこのメンバーでやっていきたい!

おなじみの「MOTTO!MOTTO!」のコールに応えて、Tシャツ姿になった5人が再登場し、「HERO」を披露。そして、初日の感想と感謝のコメントをそれぞれが語る。

「今回は大掛かりなセットもあり、素敵な経験をさせていただき、本当にありがとうございます。期待に応えられるようなアーティストでありたいと改めて思いました」と遠藤が深くお辞儀する。続いてきただには、「8月に急に耳が聞こえなくなって、本当にビビりました。でも最高に楽しい結果になってよかったです。うれしいです!!!」と大声で叫び、満面の笑みを浮かべた。奥井は「初日だけどこの空気感がよかった。すごいやりやすかった、ありがとうございました」と会場に向かって感謝の意を述べた。「1曲目に踊っていたのが遠い昔のようです。これからも、ふざけてやっていきます」と福山が笑いながら話すと、会場はリラックスムードに包まれた。

デビュー40周年を迎える影山は「2017年の締めくくりがこのツアーということで本当にうれしく思います。武道館まではいろいろあるとは思うけれど、このメンバーでますますクオリティをあげていけるように頑張っていきたいと思います。みんな最高!!!」と締めくくり、さらに、自分たちは恵まれているとスタッフやファンすべてに感謝の言葉を述べた。

最後は、スパロボメドレーを披露。「SKILL」などライブ鉄板曲を含む全4曲で締めくくった。演奏終了後は、バンドメンバーとともにステージ前方に並んで、手を繋ぎながらの挨拶。今回は、川崎が地元だというきただにの掛け声による「バンザイ、バンザイ、バンザーイ」で幕を閉じた。

文・レポート:田中しのぶ

イベント情報
JAM Project JAPAN TOUR 2017~2018 “TOKYO DIVE”

2017年11月23日(祝)
宮城・トークネットホール仙台(仙台市民会館)
2017年11月25日
北海道・Zepp Sapporo
2018年1月6日
大阪・岸和田市立浪切ホール
2018年1月13日
埼玉・クレアこうのす
2018年1月14日
静岡・三島市民文化会館
2018年1月21日
福岡・福岡国際会議場メインホール
2018年2月3日
沖縄・ミュージックタウン音市場
2018年2月11日
愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
2018年2月17日
東京・日本武道館 FINAL 


 

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー

バナー

お気に入りのアーティストやライブの最新情報がスマホに届く!!

今すぐユーザー登録

>> LiveFansについてもっと詳しく <<

まとめ

魅惑のウィスパーボイスでラップする。DAOKOにハマる人が続出中!
魅惑のウィスパーボイスでラップする。DAOKOにハマる人が続出中!
米津玄師や岡村靖幸とのコラボでも話題!ツアーも間近!今話題の女性ラップシンガー"DAOKO"についてまとめてみたよ。

2017/11/22

まとめ一覧を見る

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

LiveFansアプリ好評配信中!

チケット転売NO