MONKEY MAJIKのクリスマスソング満載アコースティックセットが円形劇場を幸福で満たした夜

2018/01/09
MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

Christmas at The Globe Tokyo ~Special Acoustic Live~  2017.12.22  東京グローブ座


12月22日(金)東京グローブ座にて、MONKEY MAJIKのアコースティックライブ『Christmas at The Globe Tokyo ~Special Acoustic Live~』が行われた。今年で3度目の開催、年末恒例となってきた東京グローブ座でのアコースティックライブ。クリスマス直前に開催された今年は、クリスマスソング満載のスペシャルな構成で聖なる夜を演出した。

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

ライブハウスとは異なる、厳かで閑静な雰囲気を持つこの劇場。客席がステージを囲む円形劇場を埋め尽くす観客が静かに開演を待つ中、ピアノとストリングスの演奏をバックにメンバーが登場。温かい拍手に迎えられた4人は、1曲目「Winter Wonderland」でライブの幕を開ける。

メンバーに加え、ピアノ、パーカッション、4人のストリングス隊という豪華な編成で行われた、この日のライブ。壮大さと温かみのあるサウンドとMaynard(Vo&Gt)とBlaise(Vo&Gt)の優しく美しい歌声が会場を包みこむ。鈴の音も楽しい「Wonderful Christmastime」のアップテンポな曲調に、会場中が笑顔で手拍子を合わせクリスマスムードを盛り立てる。

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

「みなさん、メリークリスマス! MONKEY MAJIKのクリスマスナイトへようこそ」とBlaiseが挨拶すると、アコースティックギターに乗せた美しいハーモニーで始まった「LONG SHOT PENNY」、歌詞に込めたメッセージが胸に直接響いた「あかり」と、アコースティックアレンジされた自身の楽曲を披露。言葉や感情がよりダイレクトに伝わる歌声、演奏の深みや奥行きを感じる演奏と、バンドサウンドとは違った楽しみ方が出来るアコースティックライブ。楽曲をじっくり味わうことで、改めて曲の良さに気付けるのもこのライブの魅力だ。

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MCでは「3年目のグローブ座になります。いつもはロックに演奏してる曲も、アコースティックアレンジだと雰囲気が違って。こういう風にやれるのが嬉しいです」と、今年もアコースティックライブが開催出来る喜びを語るBlaise。楽曲を支えるDICK(Ba)とTAX(Dr)のビートに乗せたストリングスのアンサンブルが、切なくドラマチックに楽曲を彩った「Around The World」、Blaiseのたっぷり気持ちを込めた切ない歌声が胸を締め付けた「アイシテル」と、聞き慣れた彼らの代表曲も新鮮に響く。

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MCでは集まったファンに感謝の言葉を告げ、「毎年すごく楽しみにしています。MONKEY MAJIKにとって、すごく大事な時間です」とこのライブの重要さを語ったMaynard。ピアノとストリングスの伴奏に乗せて、Maynardが「Have yourself a merry little christmas」、Blaiseが「The Christmas Song」とクリスマスソングを歌い上げると、ぴったり呼吸の合ったハーモニーとアコギの掛け合いで魅了した「虹色の魚」に大きな拍手と歓声が上がる。

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

今年のクリスマスはカナダで過ごすという、MaynardとBlaise。Blaiseがカナダのクリスマスの過ごし方について話し、「今年からプレゼントはナシにして、家族と過ごす時間を大事にすることをトラディショナルにしようと思ってる」と語ると、「え、(プレゼントを)もらえないの!?」とMaynardが応えるなど、アットホームな雰囲気で会場を和ませると、ライブは早くも終盤。

「次の世代へ、未来へのメッセージです」と披露した「光朝」、スケール感ある演奏と前向きなメッセージが光を射した「Headlight」と続くと、彼らが本当に伝えたいことや真摯な想いがしっかり伝わってきて、Maynardがこのライブを「MONKEY MAJIKにとって、すごく大事な時間」と語った意味も少しだけ分かった気がした。

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

12月にリリースされたVA『Thank you Disney』に提供した「When She Loved Me」、「with you」と続き、「夢の世界」では切なさと壮大さを併せ持つ歌と演奏が会場を包みこみ、ライブのクライマックスを生む。

本編ラスト、「僕たちにとってスペシャルな曲。小田和正さんと作ったクリスマスソングです」と披露した「A Christmas Song」は、美しく心暖まる演奏と胸を突き刺すBlaiseのハイトーンでしっかり聴かせ、溢れる多幸感でライブを締めくくる。

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

アンコールはバンド4人とピアノ、パーカッションだけで登場。バンドサウンドをメインとした「Change」を披露し、美しい歌声と巧みな演奏力で改めて魅せると、ジャズ風のアレンジが施された「Santa Claus is coming to town」で始まるクリスマスメドレーを披露。

会場中が手拍子を合わせて体を揺らすと円形劇場ならではの一体感が生まれ、最高にハッピーな空気の中でライブはフィニッシュ。「みなさん、良いクリスマスを!」とBlaiseがライブを締めた後も、盛大な拍手と歓声が鳴り止まなかった。

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

MONKEY MAJIK 撮影=大橋祐希

またこの日、2018年3月21日にアルバム『enigma』をリリースすることを発表したMONKEY MAJIK。アコースティックライブの余韻も冷めぬ中、アルバムリリース後に行われるであろうバンド編成でのツアーや、来年末のアコースティックライブが早くも待ち遠しい。


取材・文=フジジュン 撮影=大橋祐希

リリース情報
アルバム『enigma(エニグマ)』
発売日:2018年3月21日(水)
■数量限定★mu-mo Shop&ライブイベント会場限定盤CD+Blu-ray+MONKEY MAJIKオリジナルお弁当箱3点セット:
14,040円(税込) AVZ1-78111/B
■CD+DVD:5,076円(税込) AVCH-78108/B
■CD+Blu-ray:5,400円(税込) AVCH-78109/B
■CDのみ:3,240円(税込) AVCH-78110

 

ライブ情報
FAN CLUB LIVE 2018~VIP NIGHT with MONKEY MAJIK vol.4~
・2018年3月2日(金)福岡BEAT STATION
・2018年3月4日(日)名古屋APOLLO BASE
・2018年3月10日(土)大阪JANUS
・2018年3月11日(日)大阪JANUS
・2018年3月17日(土)東京キネマ倶楽部
・2018年3月18日(日)東京キネマ倶楽部
・2018年3月24日(土)仙台darwin
・2018年3月25日(日)仙台darwin
チケットのお申込や詳細は後日発表いたします。
MONKEY MAJIKモバイルファンクラブ
http://fc.monkeymajik.com
※スマートフォン、フィーチャーフォンからアクセスして下さい。
 

関連ライブ

関連アーティスト

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー