×

ダイナミック琉球 熱唱甲子園!!

LiSAの新たな一面を見せた“初めての”アコースティックワンマンライブ 『LiVE is Smile Always~FUN & FANFARE~[Acoustic Time] 』ライブレポート

2018/04/16

LiSA『LiVE is Smile Always~FUN & FANFARE~[Acoustic Time]』2018.4.7(SAT)豊洲PIT


LiSAが4月7日(土)に東京・TOYOSU PITで、自身初のアコースティックワンマンライブ『LiVE is Smile Always~FUN & FANFARE~[Acoustic Time]』を開催した。同じくTOYOSU PITで4月8日(日)から始まるライブハウスツアーの特別編という位置づけのライブだ。

ロングドレスで登場のLiSAが豊洲で初めて見た光景

開演前からステージの上にはシャンデリアを模した照明、優雅なドレープが連なったカーテンを背にした、シンプルながらゴージャスな雰囲気が感じられる。開演時間になると、向かって左からバンドメンバーが登場。ギター、ベース、ドラム、キーボード、パーカッション/コーラスと位置について演奏を始めると、背中に大きなレースのリボンのついた白いロングドレスを身にまとったLiSAが現れ「No More Time Machine」でこの日のライブは幕を開けた。

直後のMCでLiSAが「いつもは最初からバーン!っていうライブが多い」「豊洲で(お客さん全員が)座ってるの初めて見た」とざっくばらんな言葉ながら、普段のライブとは違った形の見せ方に挑戦していることを率直に伝えた。

LiSAッ子(LiSAのファン)にはあまりなじみのない着席したままでの形になるものの「初めてということは、ノリ方とか何もない!なので、感じるままに音楽を楽しんでほしい」と呼びかけた。

Photo by 上飯坂一

Photo by 上飯坂一

MCを挟んだことでLiSAもオーディエンスも緊張が解けてきたのか、「アコガレ望遠鏡」では、イントロから自然に大きなクラップが響き、徐々に一体感を高めていく。女性コーラスとのハーモニーもさわやかなポップスで、アコースティックな楽器の音が柔らかく会場に響く。

BPMを落とした「Catch the Moment」では、原曲で荒々しくかき鳴らされるエレキギターや焦燥感を掻き立てるような細かいビートの代わりに、ピアノの柔らかな音に合わせてLiSAの歌声も優しさをまとい、違った一面を見せた。

続く「Little Braver」ではイントロが聞こえた瞬間に客席からどよめきが起こった。もともと語りかけるような曲調だが、時折鳴らされるウィンドチャイムのキラキラした音を交えながら、より軽快で温かみのある曲に。最後にはオーディエンスが「ラララ」と合唱する一幕もあり、序盤のクライマックスとも言える1曲だった。

つづいて、ほぼピアノのみの演奏に合わせてバラード「シルシ」を歌い上げると深く頭を下げ、客席からは大きな拍手が鳴り響いた。

MCを挟んで、LiSAが「新しいスタートが始まる時期に似合う曲があるといいなと思って作った曲。新しい一歩を踏み出す時に、勇気がいるでしょ?だけど、深くかかわるにつれて大事な人が増える度にそのあとのサヨナラがすごく寂しくなるなと私は思っています。だけど、みんなが新しい一歩を踏み出すときにグッバイがグッデイになるといいなと思って作りました」と次の曲を紹介。5月9日発売のベスト盤に収録される、新曲のバラード「ハローグッデイ」を披露。ここでも、「ラララ」というスキャットをオーディエンスと一緒に歌い「みんなの声、最高やな!」と笑顔を見せた。


大好きなゲストたちとアコースティックで共演!

ここでLiSAが「今回のライブ、リクエストをたくさんもらっていまして。そのなかで、リクエストの多いあの曲を作ったあの人、呼んじゃいました!」とサプライズゲストのカヨコを呼び込み、「DOCTOR」をデュエットで披露。

ここからはドラムが一時退場し、バスドラムの代わりにパーカッションのカホンが低音を響かせた。紫色の照明が妖しげな雰囲気を醸し出すなか、ジャジーなダンスナンバーを熱唱した。LiSAはこの曲をもらったときに仮歌で入っていたというカヨコの歌声での「本物の『DOCTOR』を聴かせたかった」と多くの作家・アーティストから楽曲提供を受けているLiSAがゲストに選んだ理由を明かした。

カヨコのほうも、LiSAの大阪の公演にチケットを買って見に来ていたという年季の入った「LiSAッ子」だと告白し、一緒に歌えてうらやましいだろうと問いかけるという茶目っ気たっぷりなトークの腕前も披露しつつ、笑顔でステージを後にした。

Photo by 上飯坂一

Photo by 上飯坂一

続いては、LiSAがカウンターチェアに座っての歌唱になる。「せっかく濃い情念を(カヨコに)置いて行かれたので、情念の曲を」と歌ったのは「罪人」。ラウドロックサウンドに乗せて感情をたたきつけるような原曲のイメージとはまた違った、自身の気持ちの内側に潜り込んでいくかのような表現で魅了した。

続けて、ドラムスがステージに戻り披露されたのは「Thrill, Risk, Heartless」。アコースティックになっても疾走感と力強さは健在。LiSAは椅子の上から動かないながらも、キレのある動きで体の向きを変えながら、強い目力と歌声で客席のハートを撃ち抜いていった。

「カッコいい曲をアコースティックバージョンで歌ってみたかった」というLiSAが「カッコいい曲まだあるじゃん?」と振り、2人目のサプライズゲストとして呼びこまれたのはロックバンド・シドのボーカル、マオ! かねてよりデュエットしたいと話していたという2人が歌う曲は、マオが作詞、シドのベース・明希が作曲を手掛けた「ASH」。シドでのセルフカバーもしているということもあってか、冒頭の1フレーズだけで自らの世界を築き上げるマオのステージングは圧巻。サビではマオとLiSAのハーモニーも披露され、このスペシャルな1夜を彩った。

Photo by 上飯坂一

Photo by 上飯坂一

さらに次の曲では、マオに代わってシンガーのMay'nがゲストとして登場! LiSAが「大好きなんで、出てください!」とMay'nにオファーしたところ、翌日に自身のライブが控えているにもかかわらず出演を快諾したという親しい間柄。リハーサルから「いつもカラオケで歌っている曲をLiSAちゃんと一緒に歌える!」と興奮していたというMay'nが希望した曲は、LiSAの1stシングル表題曲の「oath sign」。原曲よりゆったりしたテンポで、2人の歌声と歌唱力をじっくり堪能できる贅沢な時間が過ぎていき、歌い終わった2人には大きな拍手が贈られた。

Photo by 上飯坂一

Photo by 上飯坂一

クライマックスとアンコールは観客もスタンダップOK!

次の曲からはライブ終盤戦。LiSAがオーディエンスにクラップを要求し、始まったのは「say my nameの片想い」。キュートな乙女心を歌ったポップナンバーで、会場の空気を明るく盛り上げる。次の曲からはLiSAが許可を出し、これまで着席だったオーディエンスも立ち上がることに。「そしてパレードは続く」「Rally Go Round」と、アップテンポな
楽曲を続けて披露。

LiSAはステージの上を動き回り、客席の隅々まで視界におさめながら、クラップやコールを煽って客席の一体感を高めていく。どちらもオーディエンスからのコールが多く入る楽曲ということもあり、自然と会場の熱気も上昇。まさにクライマックスを迎えると、LiSAは「こんな、アコースティックライブで汗をかく予定じゃなかったはずなんだけど」と冗談めいて語り出す。

Photo by 上飯坂一

Photo by 上飯坂一

「いつもはバンドで『音楽って楽しいでしょ!?』ってやるんですけど、今回はアコースティックライブということで、大好きな音楽をまた違う形で皆さんに知ってほしいと思って企画しました」と語り、この日のライブについてLiSAが考えていたことを明かした。そして最後に披露されたのは「TODAY」。LiSA自身の作詞ということもあり、歌手としての決意表明とも言える楽曲を観客一人ひとりに届けるように一言、一音を大切に歌いあげると、LiSAはステージを後にした。

暗転した会場で、鳴りやまない拍手と熱いアンコールの声に応えてLiSAとバンドメンバーが再登場。LiSAは「アコースティックっていうとホールとかビルボードとか、カッコいい場所が似合うなと思いつつ、ライブハウスっていうのがすごくLiSAっぽくていいなと思っています」とはにかんだ。

そんなLiSAに、スタッフから岐阜県の「ヤイリギター」で作ってもらったというアコースティックギターが渡される。「この曲はアコースティックギターで弾きたくて、そしてみんなと一緒に歌いたくて作った、そして頑張った曲です」という言葉に続けて始まったのは「ONLY≠LONELY」。

Photo by 上飯坂一

Photo by 上飯坂一

ステージの中心でギターを演奏しながら歌うLiSAは、動きこそ少ないものの、自然と目が惹きつけられるような存在感を発していた。

間奏に入ると、LiSAがこの曲の作曲者でもあるシンガーソングライター小南泰葉を呼び込む。現在は音楽活動休止中だったという小南だったが、LiSAのお願いに応えてゲスト参加を受けたのだという。目を潤ませた小南と、ギターに意識を割きながらも小南に微笑みかけるLiSA。オーディエンスとのシンガロングも交えつつ「一人でも孤独じゃない」というテーマを具現化しているかのような光景が広がっていた。

出演オファーを受けた小南が、なかなかOKの返事を伝えられなかったことなど裏話も披露されつつ、一息つくとカヨコ、マオ、May'nの3人が登場。それぞれこの日の感想を聞かれると、それぞれに充実した表情で「楽しかった」と振り返った。

ゲストがステージを降りてLiSAとバンドメンバーだけになったところで、ラストナンバー「best day, best way」が始まった。普段のライブさながらの熱い声援が飛ぶ中で、明るく爽やかにこの日のライブを締めくくった。LiSAは「(アコースティックライブの)2回目もやりたいなあ」と率直な気持ちをつぶやきつつ、「今日は大切な初めてを一緒に作ってくれてありがとうございました!」と素晴らしい空間を作ったLiSAッ子に感謝し、「今日もいい日だっ!」とまとめた。

Photo by 上飯坂一

Photo by 上飯坂一

アコースティックライブということで、披露された楽曲はこの日のためのアレンジで演奏された。曲によってギターやベースを持ち替えるのはもちろん、それに合わせてLiSAの歌声もいつもと違っているような、新たな一面を開拓するようなライブとなった。

取材・文=藤村秀二

セットリスト

LiSA『LiVE is Smile Always~FUN & FANFARE~[Acoustic Time]』2018.4.7(SAT)豊洲PIT

M1.No More Time Machine
M2.アコガレ望遠鏡
M3.Catch the Moment
M4.Little Braver
M5.シルシ
M6.ハローグッデイ
M7.DOCTOR(ゲスト:カヨコ)
M8.罪人
M9.Thrill, Risk, Heartless
M10.ASH(ゲスト:マオex.シド)
M11.oath sign(ゲスト:May'n)
M12.say my nameの片想い
M13.そしてパレードは続く
M14.Rally Go Round
M15.TODAY
<Encore>
EN1.ONLY≠LONELY(ゲスト:小南泰葉)
EN2.best day,best way

イベント情報

LiVE is Smile Always~ASiA TOUR 2018~[eN]

開催日:2018年6月14日(木)/15日(金)
会場:日本武道館
席種・料金:発売中
指定席 7,560円・SB指定席7,560(円)
 
 
開催日:2018年6月30日(土)/1日(日)
会場:大阪城ホール
席種・料金:発売中
指定席 7,560円・SB指定席7,560(円)

関連ライブ

関連アーティスト

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー