ストレイテナー 2スタイルのライブで新旧織り交ぜ挑んだ初の野音

2019/10/23
ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

ONE-MAN LIVE "Fessy" at 日比谷野外音楽堂  2019.10.19  日比谷公園大音楽堂

過去に観客として野音を訪れた際、ライブ前半のうちはまだ日が高いために周囲のお客さんに気づかれたりして気が引け、思い切り楽しむことができなかった、なので自分たちでやることになった今回は、前半を着席してまったり楽しめるスタイルにした、にもかかわらず……「全然、暗いやないかい!」と突っ込むホリエアツシ(Vo/Gt/Pf)にドッと笑いが起きる。秋も深まりつつある10月の週末に行われた『ONE-MAN LIVE "Fessy" at 日比谷野外音楽堂』。ストレイテナーにとって初の野音ワンマン、初の野外ワンマンだ。

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

定刻通りに照明が落ちると、ステージ背面に掛けられたバンド名と公演名を模ったオブジェと、天井から天幕型に吊るされた電飾に灯りが入る。パーカーやオーソドックスなチェックのシャツなどカジュアルな装いでリラックスした雰囲気のメンバーたちは、「彩雲」からアコースティック・アレンジでのライブをスタートさせた。もともと雨予報で、実際に昼頃までは天気が怪しかったのに、午後からは雨も止み雲の切れ間に虹がかかったという事実を思えば、これ以上ない選曲だろう。起伏を抑えたリズムとメロディに、ループするスラップベースとギターのカッティングが色とノリを付けていく「YOU and I」は、アコースティックによく似合い、「せっかくなのでレアな曲を」と披露された「TOWER」ではホリエがナカヤマシンペイ(Dr)と、続く「灯り」では大山純(Gt)とで重ねるハーモニーが黄昏時の野音に染み入っていく。

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

観客たちは着席スタイルでゆったりじっくりと楽しんでいるが、曲の終わり際になると待ちきれないとばかりに鳴り出す拍手と歓声に、満足度の高さが滲む。「OJが産み出したギターフレーズ10選」との紹介からは「WISH I COULD FORGET」という滅多にお目にかかれないナンバーが披露され、歓喜の声が上がった。切ないギターとメロディが、サビへ向けて強まるビートとともに熱を帯びていき、間奏になって再び音数が減ると、あたりから虫の音が聞こえてきたりする。秋の野音という舞台でこの曲にスポットライトを当てたセンスが素晴らしい。シャボン玉が風に乗る中を3拍子のリズムに乗せて届けた「FREE ROAD」、クラップやシンガロングで盛大に迎えられた「Farewell Dear Deadman」までで、アコースティックのセクションを終え、メンバーたちは一旦ステージを後にする。

暫しのブレイクを経て、再び暗転。鳴り出したSEは聴き慣れたいつもの曲ではなく、ピアノとともに始まる新曲「STNR Rock and Roll」。最新ミニアルバム『Blank Map』の冒頭を飾る、オープニングSEとして生を受けたこの曲が始まると、すかさずオーディエンスがクラップを始め、衣装を変えた4人が登場。ホリエが「オオオー」というコーラスが始まるところで両手を大きく掲げて煽る。この曲を現場で初めて聴いたが、やはりめちゃくちゃ似合うし、テンションも否応なしに高まる。

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

エレクトリックのバンドセットでのライブは、いきなり「BRAND NEW EVERYTHING」という意表をついた始まりだった。これに限らず全体的にレア曲が多めだったのは、特定のシングルやアルバムのリリース公演ではないこと、21年目にして初めてロックの聖地・日比谷野音で行うワンマンであるという特別感など、諸々を加味してのことだと思うが、それはこの前日から始まったアジカン、エルレとの『NANA-IRO ELECTORIC TOUR』ともこの後に控える『Blank Map』のツアーとも異なる内容であり、後のナカヤマのMCを引用すれば「今日は今日(のため)だけの努力」をもってアコースティック・アレンジを施し、過去曲を掘り起こして臨んでくれているのだった。そういうサービス精神と誠実さこそ、ストレイテナーのライブで毎回味わえるワクワク感の源であり、このバンドを心底信頼できる所以だ。

早々に飛び出した「シーグラス」から、「DONKEY BOOGIE DODO」「Tornado Surfer」と続く流れは秀逸だった。カクテルライト風の妖しげな照明に照らされる中、ファンキーな横揺れとバキバキの縦ノリを行き来する「DONKEY BOOGIE DODO」は、テナー流ダンスナンバーの真骨頂で、これでもかと歪ませ倒した日向秀和(Ba)のベースソロにも大歓声が。「Tornado Surfer」では、ナカヤマが繰り出す跳ねているのに重いビートに、OJによるクールな裏打ちのカッティングという対照的な2軸が容赦なく野音を揺らす。勢いよりも繊細なタッチが要求されるアコースティックが前半にあったせいか、オルタナ色の強い曲で4つの音を存分にぶつけ合うような爆発力は、いつも以上に際立っていた。客席側も当然総立ち状態で、着席タイム中に溜め込んだ熱を放出せんとばかりに、飛び跳ねたり拳を掲げたりして応えている。

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

「ここからステージ上がエモくなっちゃいますけど、みなさんよろしくお願いします」(ホリエ)
どう考えてもすでにエモーションが充満しまくっている野音だったが、ホリエの宣言からもう一段階その度合いが濃くなる。一言で「エモい」と言ってもその感覚は多岐にわたり、特にこのバンドの場合は隅から隅まで「エモい」シーンの連続ではあるのだが、ここで味わえたのは若干テンポやトーンを抑えた、“静”に内包されたエモ。特に「Braver」の終わり際、白熱しきったアンサンブルが渦を成した後に、「覚星」で見せたメロディと楽器の一音一音までを大切にするような優しい歌と演奏は見事だった。スピード感=高揚感であるとか、サビで一番盛り上がるとか、バンドシーンに限らずついつい錯覚しがちな風潮があるが、彼らの場合は間奏や後奏でボルテージがピークを迎えたり、曲の並びや順番が生む合わせ技で一本取られたりするケースがしょっちゅうあるから、全く気が抜けない。

比較的初期の「TRAVELING GARGOYLE」からはじまるブロックの後に演奏されたのは、最新曲「吉祥寺」だった。現在のアー写の背景を彷彿とさせる、赤に白ドットの照明の中、ちょっとセンチメンタルなニュアンスを込めて丁寧に歌い上げるホリエ。ミドルテンポのこの曲を、音源よりも大人ロックの手触りで聴かせる演奏もいい。これほど経年と変化を好意的に受け取られるバンドも珍しいと常々思っているのだけれど、こうしてメジャーデビュー期の曲と、その頃のことを歌う最新の曲を一つの流れの中で聴くことで、その理由をあらためて知る思いだ。

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

ストレイテナー 撮影=Taku Fujii

結局、彼らはその時々の自分たちの志向に正直であり続けたバンドであり、それゆえに音楽的なレンジも広くなり、ファンはそんな彼らの姿に魅入られて歩みを共にしてきたということなんだと思う。だから、本編の最後を長く象徴的な曲であり続ける「Melodic Storm」で締めくくり、20周年を迎えるあたりから一層ファンの存在と意識的に向き合うようになった中で生まれた「スパイラル」がアンコールの最後を飾ったことはとても感慨深い。

歌詞にある“君”のところで客席を指差したホリエ。その示す先をパンパンに埋め尽くした観客たちの一人ひとりと再会を願い、誓い合って、ストレイテナーの野音ワンマンは幕を下ろした。このあとは一息つく間もなく『NANAIRO ELECTORIC TOUR』、そして『Blank Map』のリリースツアー『Drawing A Map TOUR』が控えている。果たして白地図には何が記され、どんな道が伸びていくのだろうか。未知だからこそ楽しみは尽きない。少なくともこの先もずっと、ストレイテナーはストレイテナーであり続けるはずだ。


取材・文=風間大洋  撮影=Taku Fujii

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });