ゆず、全5公演で総視聴数80万越えのオンラインツアー最終日は"文体"から、代表曲連発のステージに

2020/10/28
ゆず

ゆず ONLINE TOUR 2020 AGAIN・DAY 5 未来図   2020.10.25  横浜文化体育館

ゆずが10月25日(日)、初のオンラインツアー『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』の5公演目、DAY5「未来図」を行った。

9月27日(日)から毎週日曜日の21時より配信された同ツアーは、会場、ライブのテーマ、セットリストを変えながら行われ、初日公演は今年9月に閉館した横浜文化体育館、2公演目はゆずの母校である岡村中学校、3公演目はぴあアリーナMM、4公演目は神奈川県民ホールで開催された。最終日の会場に選ばれたのは、初日と同じく横浜文化体育館。「最後に歌わせて。」というコピーを掲げ、キャリアを象徴する代表曲を軸にした圧巻のステージを繰り広げた。

ゆず 撮影=太田好治

ゆず 撮影=太田好治

オープニングは、横浜文化体育館の前から。「"AGAIN"ということで、横浜文化体育館にもう1回、戻ってきちゃいました! 文体です!」(北川悠仁)と笑顔で挨拶した後、二人は会場の中へ。初回と同じく、体育館のど真ん中に移動し、ガッチリと握手。日本語、中国語、英語で北川が開幕を告げ、「センチメンタル」(シングル「センチメンタル」収録/1999年)からライブをスタートさせた。

ゆず 撮影=太田好治

ゆず 撮影=太田好治

「最終日、始まりました。“やっと”ですか? それとも寂しいですか?」(北川)「早いね、体感としては」(岩沢厚治)という会話を挟み、「3カウント」(シングル「3カウント」シングル/2001年)、さらに「久々にやる曲です」(北川) と紹介された「夕暮れどき」(シングル「3カウント」収録/2001年)を披露。夕陽を思い起こさせる照明のなか、思春期の恋愛模様が描かれ、ノスタルジックな雰囲気を生み出した。

ゆず 撮影=太田好治

ゆず 撮影=太田好治

岩沢のハーモニカによるイントロが聞こえてきた瞬間、コメント欄に「きた」「待ってた」という言葉が並んだのは、「からっぽ」(シングル「からっぽ」収録/1998年)。空虚になってしまった心を抱え、答えが見つからないまま、また一歩を踏み出す情景を描いたこの曲は、自粛期間中に“#うたつなぎ”で三浦春馬がカバーした楽曲。北川、岩沢は「だからその目で僕を見ないで悲しくなるから」というサビのフレーズを、目をつぶったまま熱唱した。続く「心のままに」(シングル「心のままに/くず星」収録/1999年)では、現実という名の矛盾に巻き込まれながらも、それでも本当の答えを見つけるために歩き出そうとする姿を力強く歌い上げる。特に北川の全身全霊のパフォーマンス、最後に叫んだ「歩き出そう!」という言葉には、強く心を打たれた。

ゆず 撮影=太田好治

ゆず 撮影=太田好治

ここで二人は会場の外に出て、初のオンラインツアーを振り返りながら車で移動。到着した場所は、カトレヤプラザ伊勢佐木。ゆずが路上ライブを行っていた旧・横浜松坂屋の跡地に建てられた商業施設であり、2017年12月に“冬至の日ライブ”(フリーライブ)のファイナル公演を行った思い出の場所だ。屋上スペースに足を踏み入れると、そこには“ゆず”型の大きなくす玉が。せーの!と引っ張ると、「祝24周年目突入!!」という文字が飛び出してきた。

「24年目もよろしくな!」(北川)と披露されたのは、「贈る詩」(シングル「夏色」収録/1998年)。路上ライブ時代、誕生日のファンに対して歌ってきた懐かしい楽曲だ。この日(10月25日)は、ゆずのデビュー記念日。「贈る詩」を通し、ゆずとファンが一緒に誕生日を祝うシーンは、今回のオンラインライブの大きなハイライトだったと思う。

続いて代表曲「栄光の架橋」(シングル「栄光の架橋」収録/2004年)へ。アコースティック・アレンジで丁寧に歌詞を届け、この楽曲が持つ普遍的なパワーを伝える。<希望に満ちた空へ…>というフレーズに合わせて横浜の夜景を映し出し、最後のサビではアカペラ(しかもオフマイク)で歌う演出も素晴らしい。

ゆず

ゆず

再び“文体”に戻り、ライブは終盤へ。故郷・横浜への深い思いを綴った「みらい」(シングル「逢いたい」収録/2009年)、「ライブ映像ベスト(『YUZU ALL TIME BEST AGAIN』)の収録曲の候補だったんですけど、漏れてしまった曲です」(北川)と紹介された「みぞれ雪」(アルバム『ユズモア』収録/2002年)とレア曲を続けた後、代表曲の一つ「少年」(シングル「少年」収録/1998年)へ。「男子!女性!みんな元気かい!?」と呼びかけた北川は、中継スタッフがいるバックステージに突入。さらに”Y・U・Z・U”ポーズで盛り上がり、ライブのテンションを一気に引き上げた。

ゆず

ゆず

5公演の唯一の共通曲「夏色」(シングル「夏色」収録/1998年)では、ARの演出により、会場全体が海の中に。色とりどりの魚が泳ぐなか、「それそれそれそれ!」「最終日、最終日!」というコールを交えながら、ピグのアバターで参加したファンとともに心地よい一体感を生み出していく。「さらに盛り上がっていきたい! この気持ち、1000倍返しだ!」となぜか『半沢直樹』のモノマネをする北川、満面の笑顔でアコギを響かせる岩沢からは、このライブを全身で楽しんでいることが伝わってきた。

ゆず 撮影=太田好治

ゆず 撮影=太田好治

舞台の上で披露された「アゲイン2」(シングル「アゲイン2」/2002年)では、村上隆が手がけた“お花”が飛びまくり、祝祭感を演出。「みんな、集まってくれて、どうもありがとう。俺たちは何度でも歩き出せる!」という北川のメッセージも印象的だった。

岩沢が奏でる「蛍の光」が聞こえてきて、ライブはエンディングへ。5日間のツアーを振り返りながら、北川が話し始める。
「俺たちから直接、君たちは見えていなくて、だけど、君たちは俺たちを見てくれていて、どうなるのかなって思ったけど、ライブを始めた途端に、確かに君たちが俺たちの音楽を、歌を、思いを受け取ってくれている感じがして。実体はここにないのに、確かに君がそこにいて、繋がりあっている気がしていました」
「本当は“YUZUTOWN”をやりたかったんだけど、なかなかやれなくて。どうやってやったらいいか、引き続き模索しています。僕らなりに大切な答えを出しますので、みんなどうか待っててほしいなと思います」
「オンラインツアーもとっても楽しいですが、やっぱり生がいいな。俺たちの音楽は鳴り止まない。俺たちの歌は終わらない。どんなどんな形であっても届け続けるから、どうか俺たちを信じてついてきてください! またどこかで、必ず会おうな!」

ゆず

ゆず

オンラインツアーの最後に歌われたのは、ツアー最終日にしか披露しない「ツアーお疲れさまのうた」。ファンからのメッセージが画面いっぱいに映し出され、それに応えるように岩沢は「23年間お世話になりました」「24年目もどうぞよろしく」と歌った。すべての曲を歌い切った2人は、ステージに立ちオフマイクで「ありがとうございました!」と挨拶。さらに横浜文化体育館の床に「必ずまたあおう」とサインをして、全5公演で総視聴数80万越えを記録したオンラインツアーは幕を閉じた。

5日間の公演を通し、全59曲を披露。初期のレア曲からヒット曲、代表曲、最新曲まで、23年間のキャリアを総括するようなステージを見せてくれたゆず。喜怒哀楽をリアルに込めながら、聴き手の感情を揺さぶり、元気づける二人の音楽の魅力を改めて実感できた、貴重な機会だったと思う。24年目のゆずにも、大いに期待したい。


取材・文=森朋之 撮影=太田好治

ライブ情報

『YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN』
アーカイヴ配信中
 
 
詳細】
¥3,800
(2020年11月3日(火)23:59まで)
※別途システム手数料、決済手数料をお支払いいただきます。
 
【配信プラットフォーム】
OPENREC.tv
https://www.openrec.tv/
「OPENREC.tv」は、CyberZが運営する、動画配信プラットフォームです。国内最大級のeスポーツスタジオを完備した「OPENREC STUDIO」を2018年に都内にオープンいたしました。eスポーツ大会や特別番組、音楽ライブ、プロゲーマー、芸能タレント、声優タレントのライブ配信をフルHD高画質・超低遅延でお楽しみください。2020年アーティストのライブ活動をサポートする「SUPERLIVE」をリリースしました。
 
【注意事項】
※スマートフォンでのご視聴は、電波環境のよい場所でご視聴することをお勧めいたします。
※スマートフォンで視聴する場合、データ通信量が多くなることが想定されるため、Wi-Fiのご利用を推奨いたします。
※電波の状況により、画面の停止、読み込み状態が続く場合は、画質を下げてご覧いただくことをお勧めいたします。画質調整は、画面上にある「歯車マーク」から調整いただけます。
を購入されたお客様の視聴環境(視聴デバイス、通信状況など)は、お客様ご自身の責任においてご準備ください。お客様起因による不具合、視聴トラブルに関しましては、配信者および配信プラットホーム側では一切責任を負いません。
を購入しているにもかかわらず視聴ができない場合は、別のアカウントにログインされているケースがございます。ログインされているアカウントが、ご購入いただいたアカウントかどうか再度ご確認ください。
を購入したアカウントを多人数で共有することはできません。
※配信当日は「ログインができない」等のお問い合わせにはご対応できません。事前にログインいただき、視聴が可能か必ずご確認ください。
※配信開始直前はサイトへのアクセスが集中するため、配信ページのログインはお早めにお済ませいただきますようお願いいたします。
※公共のパソコンを使用する際は必ずログアウトし、パスワード等を保存しないようご注意ください。
※視聴・閲覧に関する通信費はお客様自身のご負担となります。
※PCでご覧いただく場合は、予め通信環境の確認をお願いいたします。インターネット回線の接続が不安定な場合は配信動画のクオリティを保証できません。予めご了承ください。
※インターネット配信の特性上、インターネット関連の各種障害、システム上のトラブルによる配信の一時中断や映像の乱れ、状況により配信が中止される場合がございます。その場合はアーカイブにてご視聴をいただけますので、視聴キャンセル、払い戻しは一切行いません。予めご了承ください。
※配信を途中から視聴した場合、その時点から配信をご覧いただけますが、追っかけ再生もご利用いただけます。
※配信の録画・録音、配信画面キャプチャは一切禁止となります。他の配信プラットホームへの無断転載、アップロードが確認された場合は、速やかに削除要請を行い、状況により法的措置をとらせていただく場合がございます。
※一度をご購入された場合、お客様側のいかなる理由があってもご購入後のキャンセルはできません。ご購入の際はご注意の上、ご購入ください。
※本配信は一定期間のアーカイブ視聴が可能となります。アーカイブ視聴期限が過ぎると視聴することはできません。
※本配信の商用利用は一切禁止となります。飲食店および広間などで聴衆から料金を徴収し、配信を視聴させることを含みます。
※新型コロナウイルス感染防止の観点から、密な状況での視聴や多人数が集まっての視聴はご遠慮いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });