GARNiDELiAは新章へ突入 ファンへの熱い想いをパフォーマンスに込めた『stellacage 2021 steps&claps』DAYS2レポート

2021/03/30

2021年3月20、21日の2日間に渡ってGARNiDELiAワンマンライブ『stellacage 2021 steps&claps』がBillboard Live TOKYOで開催された。ライブ終盤では、MARiAのソロアルバム『うたものがたり』のリリースとtokuのソロアルバムリリース、GARNiDELiAのアルバムリリースの予定があることも発表された。さらにはポニーキャニオンへの移籍も発表。嬉しいトピックスが続いたライブとなった。そんな重大発表があった2日目『claps』の様子をレポートしていく。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

タイトルが“claps”ということもあり、思わず身体が乗ってしまう『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の主題歌となった「SPEED STAR」からライブがスタート。その後も同じく、アニメ『魔法科高校の劣等生』のオープニング「grilletto」と最初から思わず手を叩いてしまう楽曲で攻めていく。観客に呼応するようにMARiAが何度も客席へと手を伸ばしていたのが印象的だった。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

「COLOR」では先ほどの衝動や情熱を凝縮し、歌声に乗せて届けていく。<確かな景色なんて無い 幸せな毎日でも 忘れないでいて>という歌詞は、昨今の有観客でのライブが思うようにできなくなった状況と重なる。声を直接届けたり、会場で飛び跳ねるということは当たり前ではなくなってしまった。だが、制限された状況だって楽しく乗り越えられる。後のMCで語った「みなさん着席されていると思いますけど、かなり汗だくになって帰ってもらおうと思っていますので覚悟してください!」というMARiAの言葉からは、このライブをいつもと変わらないくらい全力で楽しんでもらい、自分も楽しんでいくという気概を感じた。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹


撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

今回、長らく対面で会うことができず、対面だとしても声を出してはいけない、立ってはいけないというイレギュラーな状況のライブとなり、少し窮屈だと感じているファンの気持ちを包み込むような選曲が多かったように思う。「Beyond the sky」では<足掻いてゆこう>と歌詞にもある通り、困難な状況に屈せず音楽で闘う意思を感じる。力強い歌声でファンの一人ひとりを包み込んでいくかのように、見ているこちらも穏やかな気持ちにさせてくれる。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

かと思いきや「かかってきなよ東京!」と叫び、激しいサウンドが魅力な「Real」へ。舞台上でハンドクラップを煽り、頭を振り乱す激しいパフォーマンスを魅せてくれる。座って見ているだけなのにじんわりと手足が痺れ、思わず身体が反応してしまう。まるで客席の衝動を全て引き受け、フラストレーションを全て消化してくれているかのようだ。「私たちはすごい汗だくなんだけど私たちだけじゃないですよね?」というMARiAのMCにはまさにその通りです! と深く頷いてしまった。tokuも「久々のロックな感じだね」と嬉しそうだ。

「皆の熱気がステージにぶつかり、それに負けない様に強いパワーで投げ返すとさらに強いパワーになって跳ね返ってくることが嬉しい、そして楽しい」とMARiAは語る。「感情を伝える時、手を叩いてもらえたら嬉しいわ!」とさらに盛り上げていき「True High」へと繋ぐ。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

配信を見ていて、演者の顔がよく見えるからこそわかったのだが、客席の一人ひとりをしっかりと見据えるようにMARiAの視線が様々なところへ移るのが印象的だった。その視線はもちろん配信先の私たちへも向けられている。歌を通して情熱を交換しあいたいという気持ちがひしひしと感じられる。<こんな小さな手じゃ届かない?>と語りかけ<それでも翼広げて 飛び込むなら Ture High>と聖母のように歌声で包み混んでいく。そんな暖かい表情を見せたかと思うと「オオカミ少女」で扇子を持って妖艶に舞う。ただ無条件に受け入れてくれるわけではない。安心しきっているこちら側の隙を「もっといけるでしょ!」と良い意味で休ませてはくれない。見ている側の心をどんどんかき回していく。先ほどのレスポンスを感じるからこそのライブ。まるで「あなたもステージ上の一員なのよ?」と言われているかのようで、その気持ちにまた嬉しくなり、観ている側の気持ちも盛り上がっていくのだ。そんなライブの作り方がGARNiDELiAはとてもうまい。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹


撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

MCで「座ってるとかいつも通りとかじゃないから、今日は今日しかマジでないんで、今のこの瞬間を最高に楽しんで行きましょう!」と語るMARiAの想いは呼びかけの後に披露した「約束」でもしっかりと込められていた。<苦しい程切ないのは>などのサビのタイミングで今の状況でも可能な範囲のレスポンスを仕掛けるなど細やかなパフォーマンスが光る。どのようにすれば今この瞬間が楽しくなるのかということを追求しているアーティストだと感じた。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

そんなパフォーマンスの数々でどんどん上昇している会場の気温をアニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』のオープニングとなった「BLAZING」でさらにあげていく。tokuもショルダーキーボードを持ち出しMARiAと共にステージ上を所狭しと駆け巡る。そんな最高潮に達したところでラストに選んだのは、アニメ『キルラキル』のオープニングとなった「ambiguous」だ。<それぞれの想い 絡み合った その先に><今 新しい夜明けがくる>という歌詞は、まさにこれからのGARNiDELiAを指しているかのような歌詞だ。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

アンコールを経て再び登場したtokuとMARiAは、リリース情報と共にポニーキャニオンへの移籍を発表。「新規一転、私たちの新しい第一歩として頑張っていきたいと思います」と語った。そしてニューアルバムのリリースライブも実施することを発表し、「スタンディングでやりたいね」と呟くtoku。きっとできるということを信じ、あがる楽曲を用意したいと展望を語り最後は、新たな船出の希望と不安を「ONE」に込めて締め括った。

撮影:安西美樹

撮影:安西美樹


撮影:安西美樹

撮影:安西美樹


撮影:安西美樹

撮影:安西美樹

(取材・文:平沢花彩 撮影:安西美樹)

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });