『異色薔薇ノ歌合戦』jealkb VS ギルガメッシュ@大阪BIG CAT

2012/09/14

jealkb  VS ギルガメッシュ

結成丸7年を迎えたjealkbの新たな挑戦。それは対バンツアーだった。

“世界一腰の低いヴィジュアル系バンド”として0からバンド活動をスタートさせた彼らは、ヴィジュアルシーンにこだわり、“日本の文化”と呼ばれるヴィジュアルシーンに誇りを持ち、イベントライヴ等にも積極的に参加し、ヴィジュアルシーンを盛り上げてきた。

そんな彼らが、自らの成長のために選んだ道。それこそが、対バンツアーだったのである。
彼らはこの対バンツアーを『異色薔薇ノ歌合戦』と名付け、コンドルズ・氣志團・OKAMOTO’S・TOTALFAT・ムック・THE冠・MERRYらと音楽人として、真正面から闘ってきたのだ。

そして。9月1日。その『異色薔薇ノ歌合戦』の追加公演が大阪の地でいよいよ幕を開けた。

トップのお相手はギルガメッシュ。
ヘヴィさとメロディアスさを独自に配合し、絶妙な融合で魅せるミクスチャーロックバンドであるギルガメッシュは、とにかくエネルギッシュなライヴをする百戦錬磨のライヴバンドでもあることから、追加公演の幕開けには実に相応しい対バン相手である。

18時ちょうど。ギルガメッシュのライヴはファンファーレからスタートした。

中央からゆっくりと幕が開くと、ステージ後方から強い光が客席へと漏れ、メロイックサインを高々と掲げるボーカルの左迅の姿が逆光でクッキリと浮かび合った。

客席はその光景に大きな歓声を上げる。
彼らが1曲目に選んでいたのは「evilution」。客席が右手の拳で埋め尽くされるヘヴィなロックでありながら、タイトルをコールしながら躍りまくれるという最高に熱いダンスチューンに、フロアは一気に熱を持った。久々の2マンライヴであるのと、10月28日に控える自身最大規模となる日比谷野外音楽堂でのライヴへの気合いもあり、いつも以上に闘志がむき出しとなったギルガメッシュは、確実に普段よりも体温の高いライヴを見せてきたのである。

曲は間髪入れずに届けられていった。
容赦なく音をぶつけるギルガメッシュに、オーディエンスは負けじと声を上げ、拳を振り上げ、体を大きく後ろに反っては前に倒すスケールのデカイヘドバンでライヴを盛り上げた。半端ない一体感だ。

「楽しんでますか? ギルガメッシュです! jealkbさんとはたくさんのバンドが出るイベントライヴでは一緒になったことがあるんですが、2マンは初めてなんで、ズンズン、ドコドコ、ワーワー、キャーキャー攻めていこうかなと思うんで、よろしくです!」(左迅) と、彼らがMCを挟んだのはこの1度だけ。

とにかく後は、音と歌で硬派にライヴを引っ張っていったのである。

まさに。真っ向勝負である。

時に立ち上がりながら煽るギルガメッシュのメインコンポーザーであるドラムのRyo。ギルガメッシュサウンドの胆でもある低音を担い、サウンドの舵を取るベースの愁。そして部厚くリズミックな低音に、フックとなるハードなギタープレイを絡める弐。そんな3人が描き出すハードな轟音ロックの中で力強くもメロディアスな歌メロを響かせるボーカルの左迅。曲ごとにまったく違ったヘヴィさと歌えるメロを放つ彼らのサウンドに、オーディエンスは体を揺らして躍った。実に気持ちのいいぶつかり合いである。

5曲ぶっ通しで届けられた後、ギターの弐がボーカル台の上に立つと、客席からは更に大きな歓声が沸き上がった。

ギターソロ-----? と思いきや。どうやらそうではなさそうだ。最新シングル「絶頂BANG!!」の始まりである。このシングルを引っさげ、1年ぶりとなるワンマンツアー『サディステックイヤー2012』を大成功させた彼らは、ツアーでこの流れを見せ場として確立させていたことから、この始まりはすっかりお馴染みとなっていたのである。

ボーカル台に立った弐が、「絶頂BANG!!」のイントロの女性コーラスに合わせたダンスを始めると、

“吸って吐いてまた吸って! 深呼吸だみんなオーライ!”
という掛け声を全員が発し、全員で弐と同じ振りで躍ってライヴを盛り上げたのだ。

女性コーラスのキャッチーなメロから幕を開けるデジタル・ラウドロックは、これぞギルガメと言い切れる、とことんクレイジーなナンバーを最後に、彼らはjealkbにバトンを渡したのだった。

全身の力を出し切り、汗だくで楽屋に戻ってきたギルガメッシュと硬い握手をかわし、ステージへと向かっていったjealkb。

ここまで全力で容赦なくぶつかられては、全力で受けて立つしかない。jealkbのテンションもいつも以上の高さだ。

照明で真っ赤に染めあげられたステージへと向かう5人。
『オペラ座の怪人』をSEに5人が姿を現すと、会場は大きな歓声に包まれた。

1曲目は「殺気撩乱」。

対バンとあってド頭から熱量が違う。2曲目に届けられた「snatch」ではそれを色濃く感じた。いつもよりもヘヴィに、厚い壁となってぶつかってくるサウンドと、いつも以上に声を張って歌うhaderuのボーカルは、確実にギルガメッシュに挑発されてのモノ。

オーディエンスも、ギルガメッシュが温めた熱を更に高めていった。最高に気持ちいいぶつかり合いである。

「どうも。jealkbです! ジュアラーのみんなもガメラーのみんなも一緒に盛り上がって下さいね!」(haderu)

そんなhaderuのMCで、勝手にガメラーと名付けられたギルガメッシュファンは大爆笑。さすがの話術で距離をぐっと近づけたhaderuは、hidekiと共にギルガメッシュ本人から教わった「絶頂BANG!!」のフリを歌って躍って披露し、ガメラーをすっかり虜にしたのだった。

場を和ませたところで、メンバー全員が楽器を置いてダンスをするというエンターテイメントな「傷心マキアート」が届けられた。

他のバンドにはないjealkbならではの華やかさに会場の空気は一瞬にして塗り替えられた。そんな見せ方も彼らの武器。

しかし。バンドとして認められる以前は、コント的な要素もトークも、そしてこうしたエンターテイメント性の強いステージも、彼らはいっさい取り込んでこなかったのだ。なぜならば、バンドとして認められるのが第一だったから   。

今、彼らがこうした見せ方が出来るようになったのは、バンドとしての絶対的な自信が備わったからではないかと思う。

「ヴィジュアル系バンドを始めて8年。1年目はライヴハウスにも入れてもらえませんでした。認められたくて、一生懸命頑張ってきて、だんだん認めてくれる仲間も出来ました。でも、メンバー2人の脱退もあり、もう辞めようかと思ったとき、ムックの逹瑯くんに“辞めるな”と言われ、背中を押されました。今、こうしてライヴが出来ていることを嬉しく思います! そして今、もっともっと裾野を広げていくために、ヴィジュアル系意外のアーティストに【あなたが思うヴィジュアル系とは?】をテーマに曲を書いてもらって、ミニアルバムを作りました。そんな中から、今日は1曲聴いてもらおうと思います」


haderuの曲紹介から始まったのは、 GReeeeNプロデューサーとして活躍するJINから提供された楽曲「DEAD LOCK」だった。

退廃的な世界が描かれることの多いヴィジュアルシーンの音を熟知したダークなナンバーにフロアは聴き入った。


この楽曲が収録される10月10日にリリースされるコラボレーションアルバム『V?』には、JINの他に、ガガガSP、Shinnosuke(SOUL’d OUT)、寺岡呼人、所ジョージ、前山田健一(ヒャダイン) という豪華アーティストが参加している。jealkbを列記とした音楽人と認め、この企画に賛同し、楽曲を提供してくれたというのも、彼らがここまでやり続けてきたからこその意味と言えるだろう。

『V?』には、「積極的受動人間」「ロザリオ」という自作の新曲も2曲収録されるのだが、それらも豪華アーティストの楽曲に引けを取らない最高傑作である。

この先、ますますの向上を感じさせるステージを届けたjealkbは、アンコールでギルガメッシュをステージに呼び込み、ラストに「shell」を届けてくれたのだった。

(Writer 武市尚子)


■ セットリストはこちらでチェック

jealkb@@BIG CAT -『異色薔薇ノ歌合戦』jealkb VS ギルガメッシュ(2012/09/01)

ギルガメッシュ@@BIG CAT -『異色薔薇ノ歌合戦』jealkb VS ギルガメッシュ(2012/09/01)

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });