×

LiveFans PUSH!

【インタビュー編】15周年に向けて新たな決意を掲げたDaizyStripper。翌日には動画サブスクでファンと共に“打ち上げ配信”。

【インタビュー編】15周年に向けて新たな決意を掲げたDaizyStripper。翌日には動画サブスクでファンと共に“打ち上げ配信”。

DaizyStripperが、東京・高田馬場AREAにて初ライブを行った2007年6月5日から14年。2021年6月5日(土)Zepp Tokyoにて、DaizyStripper 14th Anniversary KISS THE FUTURE ~夢の続き再生~が開催された。

更新日:2021/07/06

DaizyStripperが、東京・高田馬場AREAにて初ライブを行った2007年6月5日から14年。2021年6月5日(土)Zepp Tokyoにて、DaizyStripper 14th Anniversary KISS THE FUTURE ~夢の続き再生~が開催された。同ライブは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、座席移動禁止、発声禁止など様々な制限がかかる中ではあったものの、来場客を迎え入れた有観客で行われ、その模様はリアルタイムの配信でも多くのファンに届けられた。

今回の14周年ライブ翌日には、DaizyStripperの動画サブスクリプションサイト『デジラビ』にて、メンバーによる「ライブ打ち上げ生配信」が行われた。
この記事のライブレポート編では6月5日に開催された14周年ライブのレポートをお届けし、インタビュー編ではライブ翌日・6月6日に行われたメンバーインタビューと「ライブ打ち上げ生配信」の様子をお届けする。

<14th Anniversary ライブ後 メンバーインタビュー>

2021年6月5日(土)に開催された記念すべき14周年のライブで、私たちに新たな決意や希望を見せてくれたDaizyStripper。その熱も冷めやらぬ翌日に、前日のライブの感想や、1年後の15周年に向けて今抱いている想いを聞いた。

ーーー 6月5日、14th Anniversary ライブはどうでしたか?

夕霧:
14周年の僕たちにできることは全部やったと思っています。照明や、配信、メンバーのステージ上の動きなど細かなところも含めて、できることは全てやり切りました。それでも、翌日にメンバーと話した時にはもう既に次に向けた反省点も出てきていたし、この先、もっとより良く高めていきたいと思っています。

まゆ:
終わった直後には、やり切ったと思えていたけれど、一晩明けるともう悔しい思いが出てきていました。2年分を温めて、万全に準備してやり切った周年ライブだったからこそ、余計にそう感じるのかもしれません。今はもう、「次はもっとこうやって見せたい」という思いがチラついていますね。でも、ライブはとにかく楽しかったです。今はもうライブができるのが当たり前の時代じゃないし、しかも簡単に生き残れる時代ではなくなっている。だからこそ、14周年で立てたステージというのは、特別に感じました。ライブ後にもたくさんの人から温かい言葉をもらって、多くの人に支えられているから実施できたんだなというのを改めて実感しました。

なお:
このご時世でファンの子たちが声を出せなくて名前を呼んでもらえなかったりとか、いろいろネガティブなことも多いけれど、ライブを終えてみて、個人的にはDaizyStripperの今までのライブの中で今回の最新のライブが一番最高でした。やってみて、まだ全然更新できるじゃんって思ったんだよね。今まで生きてきた中で一番楽しい1日でした。これからも、このご時世を言い訳にしても何も状況は変わらないから、フォーカスを変えてもっと可能性を広げていくことを考えていきたいです。

Rei:
13年目ができなくて鬱憤が溜まっていたのを全て吐き出せたライブでした。何よりも、開催できてよかったですね。やっぱり最新が一番かっこよかったし、今出せる全てのものを出せたのかなと。ライブ翌日に感じたいろんな悔しさも、この先に進むためのちょっとしたスパイスにしていきたいと思っています。メンバーが変わっていくバンドも多い中で、結成した当初のオリジナルメンバーから誰一人変わらずに14年間、ここまで来れたというのはすごいことだなと再確認できました。それはうちらの強みでもあるし、うちらだからこそ出せる空気感があると思うと、改めて「この五人でできて良かった」と思います。

風弥:
14周年を迎えて、まずやっぱりこの5人でステージに立って演奏できる喜びっていうのが大きかったです。今回のようにスタッフもたくさんいて準備に時間をかけたライブは2年ぶり。今までDaizyStripperとして2年も間が空くことはなかったので、「こういう感じだったな」という全ての感覚が懐かしくて、ここに戻ってこれたことが何より嬉しかったです。今回のライブは、それぞれのメンバーが強いイメージを持って臨んでいて、一人一人がどういう想いでステージに立って、どういう想いでDaizyStripperをやっているかというのが、カメラを通した録画からでも感じられたので、とてもいいライブになったと感じました。すごくかっこいいなと思ったし、今までのライブで一番良かったと思います。

ーーー15周年に向けた抱負、ここからどんな一年にしていきたいですか?

夕霧:
まずはやっぱりチャレンジし続けたいですね。去年の6月5日にファイナルを迎えるはずだったINFINITY CHALLENGERのツアーを今年の6月から再び開催していくので、まずはそこでチャレンジしていきたいですね。やっぱりコロナのせいにして足止めされて後手後手に回っている場合じゃないので。先回りして先手を打てるようなバンドでありたいなと思っています。
例えば、14周年のライブでは声が出せない中でも楽しめるように、スマホから声を出せるシステムを取り入れてみました。リアルな声ではないけれど、ステージにお客さんの声が届くライブは一年ぶりとかでした。お客さんからの声が届くライブは僕らが切望していたことでもあったし、とても楽しかったです。金テープも「飛ばせないなら渡せばいい」という今だからこそのアイディアで、お客さんに入場時にプレゼントして、アンコールの『STAY GOLD』で振ってもらう形にしました。これからもそういったチャレンジやサプライズをし続けて「この人たちに付いていくとなんだか幸せだな」と感じてもらえるようなバンドにしたいと思っています。その集大成を2022年6月5日の15周年で出せればいいなと思っています。  

まゆ:
15周年はキリがいい数字でもあるから、今までのDaizyStripperを掘り返してみるのもいいなと考えています。それはメンバーだけじゃなくて、今までずっと応援してきてくれている皆さんの力を借りつつ、巻き込みながら、15周年に向けてDaizyStripperをもう一度辿っていけたら面白いなと。そんな企画をいろいろ相談しながら形にしていきたいですね。

Rei:
5周年からさらに10年経ったと思うと感慨深いものがあって。5周年の時にプラス10周年の僕たちなんて想像できていなかったから。楽しいことはこの先も、何年経っても何十年経ってもあると思うから、共にどんどん新しいことに挑戦していきたいですね。アーティストにとってドキドキもワクワクも重要だと思うし、冷めたら終わりだと思うから、常に突っ走って常にドキドキワクワクしていきたいです。やっぱり「音楽」って「音」を「楽しむ」ってことなので、そこは初心忘るべからずで。このご時世の中でも、今できる最大限のものを示していきたいと思います。

風弥:
今回のライブで『音楽が消えた日』のピアノ演奏の後に『Diamond Glitter』をやった流れの時に、闇が晴れてブワッとなるような感じでいろいろな感情が込み上げてきちゃって。悲しさも悔しさもあったけど「もう二度と止めたくない」という想いがすごく出てきたんですよね。その時の「もう二度と止めたくない」という感情を忘れない一年にしたいですね。この先の一年で、できることできないことはあると思うけれど、2020年に味わったような気持ちにはならないように準備を進めていきたいなと思っています。

なお:
15周年に向けて、5人で音楽を合わせている時の絆をもっと近づけていってもっと混ざり合いたいですね。この一年を通して、5人でもっといけるだろうというのを強く感じられたので。自分もこの一年で家にいた時間が長くて、今はリハーサルすらありがたく感じるし、5人で合わせる時間って好きだなって感じたし。この先の一年で、5人で音を合わせた時にくる「この感じだよな!」という気持ちの高まる感覚をもっと大切にして、5人の絆を増やしていきたいです。

ーーー動画配信サブスク『デジラビ』をどのように楽しんでもらいたいですか?

まゆ:
『デジラビ』はまだ始まったばかりなので、最初のうちは、#0(第1回目の無料配信)の企画会議で出てきた企画を1つ1つどれだけ形にしていけるかが勝負かなと思っています。今は、その他にも、ハードディスクの中に眠っていた過去のライブ映像を1つずつ取り出して配信しています。過去のライブ映像の中には、例えば「どこかのバンドが主催した春の対バンツアー」のような、細かなライブもたくさん含まれています。その1本1本のライブが持っているストーリーと一緒に、今まで知り得なかった過去のDaizyStripperの姿をぜひ楽しんでもらえたらと思います。

夕霧:
昔の手紙を開くようでちょっと恥ずかしいけれど、過去も含めて、オープンでナチュラルなDaizyStripperの姿をどんどん曝け出していくので、『デジラビ』を通して僕らのことをもっと知ってもらえたら嬉しいです。例えば、通勤、通学、帰宅後など、皆さんの日常の中に溶け込むような、毎日気軽に楽しんでもらえるサービスにしていきたいですね。

「デジラビ」打ち上げ生配信レポートに続く>>

1 / 2

新着記事

【ライブレポート】“OMEGA X”、デビュー日に日本向けショーケースを生放送!3万人以上のファンに想いを届けた。

【ライブレポート】“OMEGA X”、デビュー日に日本向けショーケースを生放送!3万人以上のファンに想いを届けた。

OMEGA X は、2021年6月30日(水)に韓国にてデビューミニアルバム「VAMOS」をリリースし、デビュー記念ショーケースを実施した。同日夜には、日本の…

2021/07/21

コロナ禍の2021夏フェス。感染防止策の現状と課題を「春フェス」から探ってみた!

コロナ禍の2021夏フェス。感染防止策の現状と課題を「春フェス」から探ってみた!

新型コロナウイルスの拡大が続く中、2020年は中止やオンライン開催となったフェスが有観客開催されることも増えてきました。そこで気になるのはもちろん感染症拡大防…

2021/07/20

【ライブレポート編】15周年に向けて新たな決意を掲げたDaizyStripper。翌日には動画サブスクでファンと共に“打ち上げ配信”。

【ライブレポート編】15周年に向けて新たな決意を掲げたDaizyStripper。翌日には動画サブスクでファンと共に“打ち上げ配信”。

DaizyStripperが、東京・高田馬場AREAにて初ライブを行った2007年6月5日から14年。2021年6月5日(土)Zepp Tokyoにて、Dai…

2021/07/06

新着情報

記事一覧に戻る

バナー