槇原敬之

槇原敬之

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(193件)

Makihara Noriyuki Concert Tour 2019 "Design & Reason"

2019/08/02 (金) 19:00開演 @ フェスティバルホール(大阪府)

ゲストさん

今回、ファイナルが最前列という幸運に 当たり、マッキーをすぐ目前で見つめる 事が出来て、本当に嬉しかったのですが 、ひとつだけ残念だったのは、右隣の夫 婦らしきお二人が、かなりテンションMAX で、殆どの曲で踊りながら楽しんでおら れたのですが … その楽しみ方が、マッキ ーも毎回ルールとして言って下さってい る「立って見ても、座って見てもいいで す」「踊りたい方は、後ろの方が見えて るかだけ、ちょっと気にしてあげて下さ いね」という、後ろの方の事を気にして いたかどうかはわかりませんが、左隣の 私の身体に、何度も女性の腕が当たって きたり、どんどんこちらの方に寄ってく る感じで、足元の私のBagは踏んでるし、 ノリノリは結構。踊るのも結構。楽しい んだから、楽しんでもらって結構なので すが、人の身体に当たってまで踊りまく ったりBagを踏んだり、感触くらいはあ るはずです。 当たったからといって、 「あ、すいません」という感じなら、私 も全然腹も立ちませんし。 でも、全く こちらに振り返る事も、足元を気にする 事もなく、途中から段々イライラしてき ました。 イライラしては、マッキーの 方を見て自分を落ち着かせて … の繰り 返しでした。 誰もが一度は当たりたい 、貴重な最前列なんですから、もっと周 囲も気にして欲しかったですね。 Live自体は、ほんと最高で、間近で見る マッキーの笑顔は一生頭の中に残ってい ると思います♡ 次回は席種に関係なく、同じマッキーフ ァンの方達と、心地良い空間を一緒に過 ごしたいです。

Makihara Noriyuki Concert Tour 2019 "Design & Reason"

2019/08/02 (金) 19:00開演 @ フェスティバルホール(大阪府)

マサイヌさん

槇原敬之さんの最終6公演目 ツアーファイナルのフェスティバルホール公演の感想 今回はアルバムツアーですが、いろいろなタイプの曲があって良かった。 過去曲は、今回のアルバムに合わせた楽曲を選んでいる。 「微妙なお年頃」は結構エグい歌詞なので、さらに歌詞がエグい「印度式」を前に置いていて、槇原敬之さんも唯一この曲を出していいか?を前振りにトークして、エグさを緩和しているだけでなく、後半戦の動力として使っていて、上手いと思った。 序盤の「ただただ」は、曲はいいのですが、隠し味として最後のパートでクラップを微妙に変えているのも素晴らしい。 「記憶」と「キボウノヒカリ」の観客が歌う曲が終盤に連続していて、高揚感で出るのもいい。 最後は、定番の「どんなときも」は、クラップの変化や歌唱する部分があって、観客が一体になれる。 ツアーファイナルだったので、1曲「遠く遠く」が追加されました。 槇原敬之さんのライブに対する目標が崇高な感じがする。 観客に立っても座っても、どちらでも構わないし、後ろの方が見えなくならないようにすれば、クラップや踊ってもいいこと。 お手洗いについて、いつでも行っても構わないなどの配慮もされているので、観客としても安心出来る。 最後に、今年の10月からデビュー30周年の年に入り、盛り上がることを計画していると、槇原敬之さんは仰った。 次のツアーがとにかく楽しみになった。

レビューをもっと見る

まとめ:

【使い方解説】ライブファンズの便利機能

【使い方解説】ライブファンズの便利機能

セットリストだけじゃない!ライブファンズの便利機能&使い方をご紹介。

2019/03/26

関連記事:

loading

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

GLAY

GLAY

ロックポップス
miwa

miwa

ポップス
小田和正

小田和正

ポップスフォーク/ニューミュージック
UVERworld

UVERworld

ロックポップス
秦基博

秦基博

ポップスフォーク/ニューミュージック
コブクロ

コブクロ

ポップスフォーク/ニューミュージック
斉藤和義

斉藤和義

ロックポップス
Superfly

Superfly

ロックポップス
山下達郎

山下達郎

ポップスフォーク/ニューミュージック

新着情報

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー