出演アーティスト

出演アーティストを編集する

出演順|50音順

ライブレビュー(1件)

藤原さくら

2018/10/07 (日) 11:00出演 @ RAINBOW STAGE at 朝霧アリーナ(静岡県)

朝霧高原は、前日の風雨が嘘のように晴れ上がりました。彼女の来着を寿ぐようでしたね。富士山の威容が素晴らしいこの地で、藤原さくら、今回も素晴らしいLIVEでした。 セットリストを眺めて貰えればお分かりかと思うのですが、今、敢行中のtour"YELLOW"とは少し、変えて、考えられたリストになってますよね。「”朝霧JAM”で歌うのが夢だったので、本当に嬉しい!」ってMCしていた彼女ですけど、本当に、幸せそうに頑張ってました!目の前で眺めながら聴けて、俺、幸せでしたね!(^_−)−☆ GREEN&REDからやった曲たちは、また、YELLOW tour でも聴けますから、皆さんお楽しみに! I wanna go out から、Just one girl へ続く流れが私的に最高です。Just one girl は、最初のEP(ミニアルバム)”a la carte”に入ってる曲で、このEPね!俺、大好きなんですよ!彼女、初期のアルバムも全部、とてもいいんですけど、この中のWalking on the Cloud, Cigarette butts なんて、彼女、今でもたまに、LIVEでやってくれるし、cool ないい曲たちですよね。個人的に大好きです。 #EPっていう言い方、なんなんだろう?と思っている方たちへの(注): # #EPは、Extended play の略です。アナログのレコード時代の用語の #流用なようですけど、 # #SP(Single Play(もしくは、Short Play))と #LP(Long Play ) # #の中間的な”長さの”ミディアムアルバム的なものをそう呼んだ時期が #あったようで、どっちかっていうと無機質な感じの業界用語的なもの #ですよね。それの方がクールって感じが現代風でもあるのか、よく使わ #れるのを最近、みますね。ミニアルバムっていう言い方は、アルバム #的なストーリー性というか、コンセプト性を感じさせる言葉で、それは #それで、深さも広がりもあると、個人的には、思うんですけど、時に #その湿っぽさをダサく感じる向きもあるのかな? 時代の流れの中で、 #バズっぽく流行りが交互に来て、使われたり、廃れたりしてきています。 #(ま、私、中身が良ければ、どっちでもいいです。けど、内緒!www) #コンセプト性を重視して、”medium album” なんて言い方、流行んな #いかなーー?とか思ったりもしますけどね!長さだけでなく、なんて #いうか、重すぎない感じが、medium って単語にはあるので。。。 閑話休題 Just one girl これ、ちょっと前の日テレの”学校のカイダン”って番組の歌です! 「あー!」って思う人もいるはず!可愛かったですよね、そう。WEB検索して 貰えればすぐ見つかるんですが、(ここに直張りできないので。。。) スケッチブック風の(SP版の)ジャケットがモスグリーンで、ちょっと拗ねた感じ の彼女の、でも、控えめな感じでの握りこぶしが、可愛いんですよね。この頃から 彼女のジャケ絵、よく考えられてて、今回の"GREEN"&"RED"もそうですけど、藤田二郎 さんの絵、最高ですね。シンプルな構成に観えるけど、ふわふわした中に、シャガ ール的な温かさを感じる絵です。素敵ですねー。 今回、オチなし、やまなしですいません(まあ、いつもなんですけどね!ww)。 思いつくままに書いて、これでおしまいです! また、書きますねー!w

レビューを投稿する

レビュー投稿
※3000字以内シェア シェア

投稿ガイドライン利用規約をご確認ください。

観たレポ投稿

    男女比

    年齢層

    グッズの待ち時間

    会場の混み具合

どのような雰囲気でしたか? ※複数選択可
ライブ満足度

投稿する キャンセル

関連記事

loading

朝霧アリーナ (静岡県)

特集

フェス特集2018

2018/04/25

大型夏フェスはじめ、今年全国各地で行われる音楽フェスティバルを完全網羅!チケットや出演者、タイムテーブルにセットリストなどのまとめ情報を随時更新中!

特集を見る

新着情報

ドラマストア オフィシャルサイトドラマストア オフィシャルサイト
会員最速先行チケット情報など、特典が盛り沢山! 会員受付中!
バナー