かんぽ生命 presents「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2019」 のライブレビュー (7件)

{}

DREAMS COME TRUE

かんぽ生命 presents「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2019」

2019/08/10 (土) 16:00 開演 @さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

ライブ情報に戻る

並べ替え:

まさやさん

※毎度のことながら長文です、悪しからず…。 んー、はじめてのドリカムライブ。 でもレビューはちょっと厳しめのコメントも多く複雑な気持ち。 自分自身も悩んでいます、今までいろんなアーティストのステージを130ステージ程観てきて、なんらかの満足できるポイントがあったので、チケット代に対してもらえた興奮や感動が多かったステージがほとんど。 今回のステージについては、毒づこうと思えばとことん言えちゃうのが本音。なのですみません、星は★★かな…。でもどんなステージでも感動や興奮を覚える人は必ずいると思うのでそういう人たちの気分を害したくない気持ちもある。 《ドリカムと私》 ちなみに34才の私。バンドやシンガーソングライターが好きな私にとってボーカルグループのようなアーティストはそこまで好きではないのが本音。でもやっぱり吉田美和の歌声は唯一無二だし、迫力のある歌声は聴きごたえがあるもの。一度は生で体感したいアーティストなのは確か。楽曲も、ベスト盤で満足する程度。でもあまりにも『やさしいキスをして』のメロディーラインが美しすぎて、今回のセトリはそれも期待してた。 《今回の公演で期待してたこと》 なので今回の公演で期待してたのは『やさしいキスをして』と〝吉田美和のボーカルテクを堪能する〟ということ。そして、「史上最強の移動遊園地」という謳い文句。 《残念ポイント①》 今回残念だったのは、序盤、期待していた吉田美和の歌声が届きにくかったこと。もちろんアリーナという会場もある。レベル300だったので天井もあり音が届きにくい造りだったのもある。でも、演出にこだわったステージだったのもあって、ヘッドセットマイク?っていうのかな、あれだったので歌声がちゃんと拾われてないのが残念だった。『決戦の金曜日』もヘッドセットマイクだったのが残念。せっかくの聴きどころの「ナイナナナイナナナイナナナイナナナァーイ」がうまく拾われず、耳に突き刺さる感がなかったな。 《残念ポイント②》 曲と曲の間合いもちょっと残念。間延び感っていうのかな。ドラムソロの長さ、映像での繋ぎがあまりにも次の曲の準備感があったな。もっと細かいことを言えば、吉田美和なり中村正人なりが曲をやり終えた後の「ありがとぉ〜!」が全部伸びてて「このあとMCがくるのか?」って思うようなありがとうだったこと。サザンなりイエモンなり、ある程度雰囲気を作る場面なら、小声で「ありがとっ」って言ってさらに次のバラードに持っていったりするのを多く見てきたので、ドリカムはそういうものなのか、それとも30周年を迎えられて本当に心から漏れてしまってたのかなんて想像を巡らせました。せっかくあれだけ感動させられる名バラードが多いのに、そんなバラードも淡々とやってる感が出ちゃってたな。曲終わりのありがとぉ〜は、バラードなどで惹きつける場面では小声なりにして雰囲気作って欲しかったな。 《残念ポイント③》 「史上最強」という謳い文句もすみません、謎でした。史上最強感があったのはLEDモニターの大きさだけ。メインステージが後方まで移動することを意味してたのかもしれないけど、ステージの階段は正面だけで、あの移動したステージを後ろから見る人のことが考えられてるわけではないのもツメの甘さ感を感じちゃったな。(見えてたのかな?)映像にもあったし、ドリカムのライブといったら必ず使われてた、メリーゴーランド型のステージでやったときが最強感あったのでは?なんて思ってしまいました。3Dフライングも、自転車で空を飛ぶのも途中の過去を振り返る映像で出てきたしね。どこかB'zの去年のヒノトリツアーみたいな「あの演出をもう一度」感があったかな。そういうコンセプトなら理解できたな。それでもあの頃を振り返って史上最強っていうのもんー、って感じ。 《セットリストについて》 セットリストについては賛否両論のようですね。私はあれはあれでいいのかなと。序盤は知らない曲も多かったけど、ご本人が言ってたように「聴いてもらい曲を選んだ」とのことなので、ワンダーランドはベスト盤だらけというコンセプトが今までだったのかもしれないし、私自身もそれを期待してたけど、本人たちの思いもこもってるのでいいのかなと。この前のサザンの40周年ツアーに影響されて打ち合わせの中で「あたしたちもやりたい曲をやってみよっか」なんてしたのかなとも想像しちゃったけどね。 それでも私みたいなベイビーズの為にも畳み掛けゾーンは耳馴染みのある曲ばかりだったのは嬉しかったな!帰りの車でずっと『大阪LOVER』と『決戦は金曜日』繰り返し聴いちゃいましたしね笑 《楽しめたポイント》 ここまで毒づいてすみません…。でも、ちゃんと満足できたポイントもちゃんとあったんです! 移動ステージが一番後方に行ったあたりから。中村正人が「さぁ、ここからはドリのディープな楽曲、吉田美和のボーカルをお楽しみいただきましょう」と言ったあたりから。楽しみにしてた吉田美和のボーカルがフィーチャーされてた気がしました。ダイナミックマイクだったからかな。PAさんも調整したかな?知らない曲だったけど「そうそうこれこれ!耳に突き刺さるこの歌声を聴きたかったんだ!」って気持ちになって楽曲に合わせながら体を揺らして楽しませてもらいました。 アンコールの楽曲もちゃんと耳に突き刺さるボリュームだったし。思わず目をつぶって聴き入っちゃいましたしね! だから思ったんです、今度ドリカムのライブに行くならホールツアーのようなときにもう一度リベンジしてみようと。あのボーカルテクを楽しみたい私として、やっぱりスタジアムやアリーナのようなところでは音響環境が良くないのは確か。そして、そういう会場だと演出やダンスにも凝ってしまってヘッドセットマイクになっちゃうのも致し方のないこと。ぜひ今度は音響環境のいいところで、演出よりも歌声がフィーチャーされるようなステージでもう一度あの歌声を楽しみたいな!

レビューを投稿する

レビュー投稿
※3000字以内シェア シェア

投稿ガイドライン利用規約をご確認ください。

観たレポ投稿

    男女比

    年齢層

    グッズの待ち時間

    会場の混み具合

どのような雰囲気でしたか? ※複数選択可
ライブ満足度

投稿する キャンセル

音楽番組ガイド

バナー
バナー