×

LiveFans PUSH!

ASH DA HERO LIVE TOUR 2019『GOD SAVE THE ROCK AND ROLL』まとめ(※渋谷3日目 追加)

ASH DA HERO LIVE TOUR 2019『GOD SAVE THE ROCK AND ROLL』まとめ(※渋谷3日目 追加)

ASH DA HERO LIVE TOUR 2019『GOD SAVE THE ROCK AND ROLL』(通称:GSRR)について、みなさんがTwitterに寄せた各公演の感想やセットリスト、そしてASH DA HERO本人によるセルフレポートをまとめました!合言葉は「#ロックンロール万歳」

更新日:2019/04/18

2019/04/14 @ 渋谷RUIDO K2 (東京都)

18145015_334_500
18144931_680_454
18144957_680_454
18145047_680_454
18144916_680_454
18145006_334_500
18144924_680_454
18144941_680_454
18144949_680_454
18145022_680_454
18145040_680_429
18145030_680_454

▼From <<< ASH

ASH レポート

4月14日 ASH DA HERO LIVE TOUR 2019 「GOD SAVE THE ROCK AND ROLL」DAY.13 渋谷RUIDO K2

「GOD SAVE THE ROCK AND ROLL」と題した今ツアー。タイトルに込めた意味は「ロックンロール万歳」。(以下GSRR)

今ツアーラストレポートお届けしていきます!

GSRRツアーファイナルシリーズはASH DA HERO初の3Days公演。

自らのブルースを叩きつける様に歌い倒した初日、灼熱天国と化した2日目。

自らハードルを上げて、そこを乗り越えて、更にハードルとギアを1つ上げて臨む千秋楽。いよいよファイナルです。

キャパシティ限界まで溢れ返った会場のフロアに充満する熱気。開演前から既に爆発寸前のその空気は楽屋裏までしっかり届いてました。

「いつも通り、いつも以上に楽しもうぜ!」とメンバーと息を合わせてステージへ。

入場SEが鳴り、オープニングテーマ「GOD SAVE THE ROCK AND ROLL」がプレイされた瞬間、頭の中がパーンと開いた。

全てがスローモーションに見えるこの感覚、完全にゾーンに入ったな、と思いました。

要らない力は全部抜けて、完全に自然体。
ゆらりとステージに上がると、会場の隅から隅まで全てがクッキリ見える。いい風が吹いてる。

ゆっくりとギターを背負い「からっぽの街」を掻き鳴らすと、張り巡らされた見えない導火線に火が点いたように、会場の空気は一気に爆発。

ステージまで飛んでくる熱波。アメイジング。マジに鳥肌立ったよ。

ライブ序盤から既に結露が発生する程の灼熱度合い。最終日ともあって、ベイビーズ(= ASHのファンの呼称)の気合いも半端じゃない。

高め合う温度、隙間なくぶっ放すロックンロール。 1秒だって無駄にしたくない。

あっという間にライブ中盤。びしょ濡れになったシャツ。ステージに出来上がる水溜まり。

機材トラブルもミラクルに変えて、即興で届けるこの日この場所だけの歌。エチュードだからこそ吐き出される混じりっけなしの自身のブルース。予定調和なんか要らねえよ。

どうしてそんなに暑苦しいのか?
どうしてそんなに毎回全力なのか?

そんな事を俺はよく言われる。

必死なのよ。必死。
必死って言葉の意味、わかるかい?

常にラストスタンディングを感じながら生きるって事だよ。

俺にとって人生ってのはライブだし、ライブってのは人生そのもの。

ここで人生が終わったとしても後悔ないように。明日世界が終わるとしても最後まで笑っていられるように。

そんな事を本気で思っちゃってんの、俺。

だから今日を全力で生きる。ステージを全力で生きる。その為にいつだって1秒間を全力でやりきる。それを重ねて、やっと明日がほんの少し見える。そうやって明日を奪いに行く。

人生ってのは、その繰り返しでしかないと俺はいつも思ってるし、そしてライブってのはいつだってそう在るべきだと俺は思ってるんだよ。

新曲「Gatekeeper」は、正にそんなASH DA HEROの生き様や人生の在り方、生命や人生の大切さを表現したナンバーになったかなと思っています。

ライブ終盤には、はじまりの場所である、ここRUIDO K2でプレイする事に特別な意味がある久々のナンバー「GOOD MORNING HELLO GOOD BYE」をお届け。

迎えた最終ブロック、フロアはごった煮状態。バンドサウンドを掻き消すほどの歓声。

「YELLOW FEVER DANCE」ではASH DA HEROのライブサポート、そしてほぼ全ての楽曲アレンジとサウンドプロデュースを手掛ける宮田レフティリョウがステージにサプライズで飛び入り!

会場のボルテージはMAX。
俺もこんな話は聞いちゃいないからビックリ。笑

これだからロックンロールは面白い。

最後の1秒まで冷める事の無い熱を帯びたまま、全員が大声で歌い、ぐっしゃぐしゃに泣き笑い、汗に塗れて駆け抜けたツアーファイナル。

感動、限界、最高、どれも当てはまり、どれも当てはまらない。

全ての言葉や表現を越えた、とてつもない夜になりました。

GSRRツアー、泣く子も笑うベッタベタなハッピーエンドで終幕。

自分にとって人生で初めての3Days公演。
3日間で計54曲。一曲も手を抜く事なく全力で歌い通す事が出来る丈夫な身体に産んで育ててくれた両親と、このツアーをサポートしてくれた全てのスタッフ、バンドメンバーに大きな感謝と盛大な拍手を。本当にありがとう!

関東を攻め落とし、旗を立てようと息巻いて始まった今ツアー。

全13本中、8本のソールドアウト。
改めて本当にありがとうございました。

短いようで、この約3ヶ月はとても濃かったし、どの夜を振り返っても、全てがドラマチックで、奇跡の様なツアーでした!

ご来場頂いた全会場、全ての皆さま、本当にありがとうございました!

そして、DI:GA様、LiveFans様にも沢山のご支援をいただきまして本当にありがとうございます!もう足を向けて寝られない!

平成最後のツアーを経て、ヒーローの物語は令和へと続く。ロックンロールの逆襲はまだ始まったばかりだぜ。

それじゃ、また笑顔で会いましょう!
あなたのヒーローASHでした。


▼Setlist

M1. GOD SAVE THE ROCK AND ROLL(NEW)
M2. からっぽの街
M3. WANT YOU BAD
M4. WAKE UP ROCK AND ROLL BAND
M5. HERO IS BACK 2
M6. シャニカマ
M7. 存在証明(NEW)
M8. いつかの街で
M9. Gatekeeper (NEW)
M10. Everything
M11. STAY FREE
M12. Never ending dream
M13. GOOD MORNING HELLO GOOD BYE
M14. 反抗声明
M15. YELLOW FEVER DANCE
M16. HERO
M17. THIS IS LOVE
M18. Prologue

▼Reviews

▼Tour Schedule

▼ツアーファイナルをプレイリストでお届け!

関連アーティスト

関連ライブ

13 / 13

新着まとめ

洋楽アーティスト 来日ライブ・コンサート情報 2020

洋楽アーティスト 来日ライブ・コンサート情報 2020

2020年に来日する洋楽海外アーティストのライブ(コンサート)&フェス情報ページです。情報は随時追加予定!チケットぴあのリンクからチケットの購入も可能!過去公…

2019/11/29

BiSHファン(清掃員)急増中!絶対にハズせないBiSHの名曲5選

BiSHファン(清掃員)急増中!絶対にハズせないBiSHの名曲5選

アメトーーク!「BiSHドハマり芸人」放送前に知りたいBiSHの名曲を5曲ご紹介

2019/10/04

新しい地図が<氣志團万博2019>に初登場!圧倒的存在感で観客を虜に

新しい地図が<氣志團万博2019>に初登場!圧倒的存在感で観客を虜に

2019/9/14、15に袖ケ浦海浜公園で開催された氣志團主催<氣志團万博2019 ~房総ロックンロール最高びんびん物語~>に出演した「新しい地図」について、…

2019/09/18

新着情報

まとめ一覧に戻る

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー