『VIVA LA ROCK 2020』がオンラインに 有料チケット制・生配信による『ビバラ!オンライン 2020』今夏開催決定

2020/06/23
ビバラ!オンライン 2020

ゴールデンウィークでの開催を断念していた『VIVA LA ROCK 2020』が、さいたまスーパーアリーナでの開催ではなく有料チケット制・生配信によるロックフェスティバル『ビバラ!オンライン 2020』として開催されることが決定した。

日程は7月31日(金)、8月1日(土)、2日(日)。動画配信サービス「GYAO!」のシステムを使用しての有料チケット制で、3日間にわたり生配信によるロックフェスティバルを実施。出演アーティストは後日発表となる。

会場で実際に繰り広げられるアーティスト達のライブの熱量、そしてロックフェスならではのグルーヴを、オンライン上での新たなロックフェスとして立ち上げることをめざすという。当日の生配信でアーティスト・視聴者がオンライン上で同じ時間・同じライブをシェアし、一緒にフェスを楽しむことを主軸としながらも、当日観ることができなかった人や、もう一度体験したい人のために、別日程で期間限定のアーカイブ配信も予定しているとのこと。

今回の開催発表と同時に、『ビバラ!オンライン 2020』の早割チケットの販売がスタート。通常チケットは7月27日(月)10:00から販売される。

VIVA LA ROCKビール(Lemon Ale)

VIVA LA ROCKビール(Lemon Ale)

また、埼玉県内のクラフトビール醸造所「所沢ビール」と『VIVA LA ROCK』がタッグを組んで作り上げた、コラボレート・ビール「VIVA LA ROCKビール(Lemon Ale)」のオンライン販売も開始した。今年のゴールデンウィーク開催時に現地で販売するために特別に仕込んだという、国産「手絞り」有機レモンを使用した2020年限りの完全限定生産コラボビール。販売は瓶ビール4本入り・6本入りの2形態、「ビバラ特製栓抜きキーホルダー」が特典としてつくほか、「VIVA LA ROCK 2020オフィシャルマフラータオル」とのスペシャルセットも用意されている。

『ビバラ!オンライン 2020』の出演アーティストやタイムテーブルは後日発表。視聴環境やチケット、コラボビールなどの詳細は『ビバラ!オンライン 2020』公式サイトを確認しよう。

配信情報

ビバラ!オンライン 2020
■開催日:2020年7月31日(金)、8月1日(土)、8月2日(日)
■視聴環境:動画配信サービスGYAO!にて有料チケット制・生配信
■配信時間帯
∟7月31日:17:00配信スタート(予定) / 21:40閉演(予定)
∟8月1日&2日:13:00配信スタート(予定)/ 21:40閉演(予定)
■チケット:早割チケット各種 販売中
通常チケット各種 7月27日より販売開始
■出演者:近日発表
■主催・制作:(株)FACT / (株)ディスクガレージ / (株)GYAO
■後援:さいたまスーパーアリーナ
■協賛:5G LAB(ソフトバンク株式会社)
■オフィシャルHP:https://vivalarock.jp/2020/online/
■お問い合わせ:https://support.yahoo-net.jp/SccGyao/s/
 
【早割チケット】
★早割チケット販売期間:発売中〜7月26日(日)23:59まで
★チケット料金: 
7月31日(金) 1日券:2,000円
8月1日(土) 1日券:3,000円
8月2日(日) 1日券:3,000円
3日通し券:6,000円
【通常チケット】
★通常チケット販売期間:7月27日(月)10:00より
★チケット料金: 
7月31日(金) 1日券:2,500円
8月1日(土) 1日券:3,500円
8月2日(日) 1日券:3,500円
3日通し券:7,000円
【注意事項】
※購入にはYahoo! JAPAN IDでログインする必要があります。
※お支払は Yahoo!ウォレット、PayPay残高、Tポイントがご利用いただけます。
※一度購入されたチケットのキャンセル・変更はできません
※日本国内で購入しても海外からの視聴はできません。
※本商品はGYAO!トップおよびGYAO!ストアの購入履歴(レンタル中の商品)に表示されません。購入・未購入のご確認は販売ページで行なってください。
※生配信、見逃し配信ともにGoogle Chromecast、AirPlay、Amazon Fire TVなどによるテレビでの視聴はできません。
※Android 4.4、Android 5.1にてGYAO!アプリをご利用の場合、生配信映像が視聴できない・チャット機能が機能しない場合がございます。
※購入処理に10分程度かかる場合がありますので、事前の購入をお勧めします。購入後、視聴できない場合は時間をおいてからページを再表示してください。
※公演開始後に視聴、購入した場合は、生配信は冒頭からではなく途中からの視聴となります。
※一部機種やお客様の回線状況によっては視聴できない場合があります。
※生配信と見逃し配信の映像内容は一部異なる場合があります。

「VIVA LA ROCK」プロデューサー 鹿野 淳による開催メッセージ

まずはご報告、そしてお詫びを申し上げます。 2020年度、7度目のVIVA LA ROCKは、いつものように最高の空間であるさいたまスーパーアリーナでの開催を断念します。通常日程のみならず、夏の延期開催の模索までを公表しながら再び開催を断念したことを、深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ありません。
会場も含めて、延期開催実現に向けてのステップや可能性を考え続けて来ましたが、現状の中で皆さまをお招きしながら最高のロックフェスを開くことはどうしても難しいと判断しました。
重ね重ね、出演の意志を示してくださったアーティストや関係者の皆さま、当初の開催に向けてチケットを購入いただいた皆さま、支援の気持ちを込めてグッズを購入してくださった皆さま、少しでもこのフェスに興味を持っていただいた皆さま、本当にありがとうございました。そのお気持ちや行動を形にすることができなかったことを悔いながら、それでも何かできないか? 今だからこそ何をロックフェスとしてするべきなのか?と考え続けた結果、アーティストの皆さまに実際にライヴをしていただき、それを動画配信サービスGYAO!によるオンラインで有料生配信するという形での延期開催することに辿り着きました。
 
今回のオンラインでのフェス開催を目論んだ時に最初に考えたタイトルは、「フェスをしようよ」でした。星野源による「うちで踊ろう」をハミングしながら思いつき、この言葉をあのメロディに当てはめた時、どういう形になってでも、フェスをしたい、それを求めている人はきっといるはずだ、という妄想のような確信が勝手に芽生えたからです。タイトルに関しては多くのスタッフから宥められて「ビバラ!オンライン 2020」というシュッと締まったものになりましたが、このオンラインフェスに際して思うこと、願うこと、それは「共にフェスをしようよ」ということのみです。
フェスをしたい、フェスを皆さんに観せて魅せて共に楽しみ合いたい、あの空気、あの爆音、あの通じ合ったり繋がり合う一瞬の衝動をお互いに思い出し、来るべき時に向けての架け橋のようなものの一端になりたい。その気持ちを現状と照らし合わせた結果、生でライヴを行い、それを皆さんに生配信をし、同じ時間をロックと共に過ごすというオンラインフェスに辿り着きました。
 
もはや、この世界の多くのことは「安全のために避けておく」、「我慢しよう」ということばかりです。再びあの日常を取り戻すために、今果たすべきことはそれなのだと、僕らも思っています。ただ、それと同時に「本当に何もできないのか? 本当に何かもう一歩踏み込めることはないのか?」という気持ちもまた、自粛の中で募っていきました。その気持ちを絶やさずに、ひたすら試行錯誤を重ね続けた結果として開催にこぎつけたのが、今回の「オンラインによる生ライヴのフェス」です。オンラインの中でどこまで生々しく音楽を、ロックを楽しんでもらえるのか?を全力で追求しようと思います。どうかこのビバラ!オンライン 2020をロックフェスとして受け止めて欲しいと願っていますし、そのために全力を尽くそうと決意しています。
 
まだすべてをフィックスさせているわけではありませんが、大きめのライヴハウスを借りて、2ステージ制にて行う予定でいます。参加者を呼び込んでライヴをするのか否かについては状況を踏まえて判断しようと思いますが、現状の中では会場側と安全なレギュレーションを設定するのがまだ、難しい状況です。
出演アーティストに関してはこの後に段階を踏んで発表していきます。楽しみにしていてください。
なお、今回のオンラインフェスはチャリティーが目的のものではありませんが、一定以上の利益が生まれた場合は、音楽ライブエンターテイメント業界を支える事業者・個人の専門スタッフを支援する基金「Music Cross Aid」に寄付します。
 
正直、このビバラ!オンライン 2020がフェスとして、今後のライヴエンターテイメントとして、ベストの手段だとは思っていません。様々な意見もあるかと思います。ただ、これが今のベストだと思えるものにすべく頑張ります。そして必ずや来年のビバラへと繋げます。
当日はたくさんのライヴと共に、フェスに関しての様々なトークライヴも行うことと思います。フェスなので、なんらかの形でご飯やドリンクを視聴者の方々と共有できないか、今検証しています。
 
フェスやライヴこそが幸福な非日常の象徴だったことを考えると、今この何ヶ月間の非日常がCOVID-19に取って代わられたことに苦々しい気持ちでいっぱいですが、少しでもあの最高の非日常を鳴らし発信することで今の非日常を覆い尽くしたいと思います。 どうか見届けてください。そして何よりもライヴを、ロックを、あなたの人生を、この3日間の中で楽しみまくって欲しいと心から願っています。配信チケットについての詳細は、こちらを参照くださいませ。
 
最後になりますが、今この時も最前線で新型コロナウイルス感染症に立ち向かい、患者の皆さまと懸命に向かい合ってらっしゃる医療従事者の皆さまに心からの感謝と敬意を表すると共に、大変な想いをされている多くの方々に1日も早く平穏な日々が訪れることを願っています。少しずつ日常に戻られている皆さまも油断することなく協力し合い、この事態を乗り越えていきましょう。よろしくお願い申し上げます。
 
VIVA LA ROCKプロデューサー・鹿野 淳

VIVA LA ROCKビール「Lemon Ale」情報

VIVA LA ROCKビール「Lemon Ale」
・4本入りセット
Aセット:3,800円(税込/送料込)「VIVA LA ROCKビール4本+VIVA LA ROCK特製栓抜きキーホルダー」
Bセット:5,000円(税込/送料込)「VIVA LA ROCKビール4本+VIVA LA ROCK特製栓抜きキーホルダー+マフラータオル(ブラック&ブルー)」
Cセット:5,000円(税込/送料込)「VIVA LA ROCKビール4本+VIVA LA ROCK特製栓抜きキーホルダー+マフラータオル(オフィシャルロゴ、ミントブルー)
6本入りセット
Dセット:5,500円(税込/送料込)「VIVA LA ROCKビール6本+VIVA LA ROCK特製栓抜きキーホルダー」
Eセット:6,500円(税込/送料込)「VIVA LA ROCKビール6本+VIVA LA ROCK特製栓抜きキーホルダー+マフラータオル(ブラック&ブルー)」
Fセット:6,500円(税込/送料込)「VIVA LA ROCKビール6本+VIVA LA ROCK特製栓抜きキーホルダー+マフラータオル(オフィシャルロゴ、ミントブルー)
※特製栓抜きキーホルダー
サイズ:約65 x 12mm
材質 :アルミ合金
印刷 :レーザー印刷
■受注期間:6月23日(火)12:00〜7月25日(土)23:00まで
■発送予定日:7月20日(月)から順次発送予定
■決済方法:クレジットカード / 銀行振込 / コンビニ決済
販売ショップ:https://vivalabeer.base.shop
【注意事項】
※商品の特性上、返品・交換はご容赦ください。
※未成年の飲酒は、法律で禁じられています。お酒は二十歳になってから。
 
プロデューサー鹿野による今回のビールへのメッセージ(抜粋)
新しいクラフトビールを作るにあたり、このフェスがなんなのか、参加者にどういう特性があるのか、ということを多く話し合いました。「ロックにこだわっているフェスであること」、「屋内フェスであると共に屋外に飲食エリアがあり、アクセスもとてもよいので、女性のお客さまやお一人でいらっしゃる方も多いこと」、そして「とにかく埼玉県の方はビールがお好きなこと」——これらをどうまとめ上げるかを考えていた時に、所沢ビールの緒方さんから、こんな話をいただきました。「何年も前から流行っているレモンビールがあるじゃないですか。飲みやすいし、女性にも向いているし、様々なところからも出ているし、クラフトビール界でも強いものなんです。だけど、もっと行けると思うんですよね、レモンビールって。ビバラで飲んでもらうからには、そのビールを飲んだらさらにロックできるようになって欲しいじゃないですか。だから、そんな気概が込められたビバラならではのレモンビールを、必ずや作ります」。
そうして生まれた2000リットルものスペシャル・レモンビール。国産レモン、しかも手絞りの有機レモンを使うなどというコスト的にも無茶な挑戦をしています。
このビールは名前だけのコラボレートではありません。VIVA LA ROCK 2020に向けて、このフェスで飲まれることへの具体的な願いをたくさん込めて作っていただいたビールです。今年出演してくれるはずだったアーティストの楽曲を聴きながら作ってくれた、愛しくも最高のビールです。
VIVA LA GARDENで飲んでもらうことが叶わなくなったこの「VIVA LA ROCKビール、LEMON ALE」を、瓶ビールにして今日から注文販売致します。このビールを飲みながらオンラインでの今年のビバラを楽しんで欲しいという願いを込めながら、ビバラ!オンライン 2020の開催までにお届けします。
正直に申し上げますと、ビールだってグッズだって作ったものが行き場を失うことはフェスの台所にとっても、そして作り手の気持ちとしても、大打撃です。だから助けてくださいという気持ちもみなさんに対してあります。ただ、そういう気持ちだけで買ってもらいたいわけではないのです。このビールには前を向いて情熱を持って生まれてきたものだけが持っている「誇り」があるんです。だから飲んで欲しいのです。

関連ライブ

新着情報

ニュース一覧に戻る

バナー