札幌発ニューウェーブ・テクノポップバンドLAUSBUB、初の東阪札ツアーを開催

2022/10/05
LAUSBUB

札幌の2人の高校生で結成されたニューウェーブ・テクノポップ・バンド「LAUSBUB(読み:ラウスバブ)」。その音楽性と、SNSでの話題をきっかけに、ドイツの無料音楽プラットフォーム「SoundCloud」で全世界ウィークリーチャート1位を記録し、その後、「Telefon」「Solaris」の2曲を配信リリース。

LAUSBUBにとって初ツアーとなる、LAUSBUB 1st EP Release Tour「M.I.D.」の開催が発表となった。初日となる11月19日の大阪・梅田シャングリラでは諭吉佳作/menの出演もアナウンスされており、DJアクトも後日発表となる予定。12月札幌公演、1月東京公演の出演者は後日発表となる。

なお、先日1st EP『M.I.D. The First Annual Report of LAUSBUB』の11月16日発売がアナウンスされたが、本日・10月5日から1st EP収録「Wind City」(北海道アルバイト情報社「アルキタ」CMソング)の配信が開始された。

ライブ情報

LAUSBUB 1 st EP Release Tour「M.I.D.」
・2022年11月19日(土) 大阪・梅田Shangri-La
出演:諭吉佳作/men, and DJ Act (後日発表)
Open 17:30 Start 18:00
・2022年12月28日(水) 北海道・cube garden
出演・詳細:後日発表
・2023年1月28日(金) 東京・後日発表
出演・詳細:後日発表
前売:¥3,800 (D別)
学割:¥1,000キャッシュバック
オフィシャル先行(※抽選 / eplus):2022年10月5日(水)12:00〜10月16日(日)23:59
一般発売:2022年10月22日(土)10:00〜

関連ライブ

関連アーティスト

ニュース一覧に戻る

バナー