×

フェス特集2024

シャーロット・デイ・ウィルソン、『朝霧JAM』に続き単独公演も決定

2024/07/10
シャーロット・デイ・ウィルソン

『ASAGIRI JAM '24』で初来日が決定した逸材、シャーロット・デイ・ウィルソン(Charlotte Day Wilson)が、10月15日(火)WWW Xにて単独公演を開催することが発表された。

トロントで生まれ育ち、シンガー、ソングライター、プロデューサー、マルチ・インストゥルメンタリストとして秀でた才能を発揮するシャーロット・デイ・ウィルソン。2016年のEP『CDW』と2018年のEP『Stone Woman』が高い評価を受け、2021年にセルフ・リリースで発表したデビュー・アルバム『Alpha』が世界から絶賛され、これまでにドレイク、ジョン・メイヤー、ジェイムス・ブレイクがシャーロットをサンプリングでフィーチャーし、最近ではパティ・スミスが『CDW』収録の大ヒット・シングル 「Work」を賞賛し、カバーしているというシャーロット・デイ・ウィルソン。さらに、ケイトラナダが今月リリースした最新アルバムにも参加し、これまでにバッドバッドノットグッドやSGルイスといったアーティストともコラボレーションを果たすことで、特別な才能を証明してきた大注目の逸材だ。

今回の来日を記念してリリースされる『Cyan Blue』の国内盤CDは、ボーナス・トラック「Life After」を追加収録し、8月9日(金)に発売される。現在予約受付中。

本作『Cyan Blue』は、ゴスペルの力強いピアノ、ソウルの温もりあるベースライン、ムードのあるエレクトロニクス、そして心に染み入るR&Bのメロディーといった、シャーロットが昔から影響を受けてきた様々な音楽要素を、美しく、なめらかに織り上げた作品となっている。また、コラボレーションを積極的に取り入れ、切なさと憧れ、そして若さゆえの無垢さを振り返ることで、新たな創造性を開花させた作品でもある。レオン・トーマス(SZA、アリアナ・グランデ、ポスト・マローン)、ジャック・ロショーン(H.E.R、ダニエル・シーザー)といったプロデューサーと迎えた本作は、シャーロットのサウンド面での卓越性を示すと同時に、時代を超えて心に訴えかけるソングライティング能力のさらなる進化を披露している。幻惑的な楽曲を通して、シャーロットは音楽を、人間関係を紐解くための手段として用いており、その結果、人生全体を俯瞰するような観点から自身と対面し、自身を理解することに成功している。

 

 

ライブ情報

~It's a beautiful day~
Camp in ASAGIRI JAM '24

日程:2024年10月12日 (土)~13日 (日)
会場:富士山麓 朝霧アリーナ(静岡県 富士宮市 朝霧高原 周辺)
主催:朝霧JAM実行委員会
企画・制作:SMASH / HOT STUFF PROMOTION
https://asagirijam.jp/
>>チケット情報詳細はこちら 
https://eplus.jp/asagiri/

Charlotte Day Wilson Japan Tour 2024
日程:2024年10月15日 (火)
会場:SHIBUYA WWW X
OPEN 18:30 / START 19:30 
TICKET:スタンディング ¥7,500 
※税込 / 未就学児入場不可 / 小学生以上チケット必要 / 別途1ドリンクオーダー
オフィシャル先行抽選:7月9日 17:00~7月15日 23:59
https://eplus.jp/charlottedaywilson/
一般発売日:7月20日(土) 10:00~ 
<問>SMASH 03-3444-6751
https://smash-jpn.com/

リリース情報

アルバム『Cyan Blue』
2024年8月9日発売
CD 国内盤 (歌詞対訳・ボーナストラック収録):¥ 2,600 +tax
CD 輸入盤:¥ 2,000 +tax
LP 輸入盤:¥ 3,600 +tax
LP 限定盤:¥ 3,900 +tax
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=13954

<TRACKLISTING>
01. My Way
02. Money
03. Dovetail
04. Forever (feat. Snoh Aalegra)
05. Do U Still
06. New Day
07. Last Call
08. Canopy
09. Over The Rainbow
10. Kiss & Tell
11. I Don’t Love You
12. Cyan Blue
13. Walk With Me
14. Life After (Bonus Track for Japan)

関連アーティスト

ニュース一覧に戻る

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー