【ライブレポート】ビバラポップ!にNegiccoが登場!結成15年の実力が生み出す多幸空間でさいたまスーパーアリーナを魅了!

2018/06/01

5月6日さいたまスーパーアリーナでVIVA LA ROCK EXTRA 「ビバラポップ!」が開催され、NegiccoがSTAR STAGEに登場した。

緑と白のネギカラーにステージがライトアップされ、白を基調とした春らしいパステルカラーの衣装でメンバーが登場。

普段は三人揃いの色の衣装が多いが、この日はNao☆が黄色、Megが青、Kaedeがピンクというそれぞれのカラーを身に纏っている。

1曲目は『土曜の夜は』。夜の首都高を走っているような映像がスクリーンに映し出され、歌詞世界をステージに立ち上げる。

続いて地元新潟の夏の情景を描いた楽曲『サンシャイン日本海』で夏を先取りすると、今年2月に発売された『カリプソ娘に花束を』へ繋げる。


ライブ中盤からは穏やかな雰囲気から一転、Negiccoライブ定番曲の『ときめきのヘッドライナー』、『トリプル!WONDERLAND』を連続で投下し一気にオーディエンスのボルテージを上げる。

Negiccoコールでさらにライブのギアを上げていくと続いては『ねぇバーディア』。メンバーが花道へ繰り出しラストスパートを盛り上げると、最後に『さよならMusic』を披露。

スクリーンには過去のライブ映像が映し出され、さいたまスーパーアリーナでのNegicco単独ライブのラストシーンと錯覚するようなエモーショナルな空間を作り出してステージは終焉した。

今年でNegiccoは結成15周年。それに合わせニューアルバムの発売と新潟朱鷺メッセでの単独公演開催を予定している。ぜひ記念すべきこの年にNegiccoをライブで一度観に行って欲しい。きっとハマること間違いなしだ。

(取材/文:樋熊涼)

外部記事

関連ライブ

関連アーティスト

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー