×

LiveFans PUSH!

【ライブレポート】back numberがルナフェスMOON STAGEで切なさたっぶりに熱唱! 『瞬き』では歌い出しからオーディエンスの心を奪う!

2018/06/29

6月23日(土)、千葉・幕張メッセにてLUNA SEA主催のロックフェス・LUNATIC FEST. 2018初日が行われた。「狂おしき奇跡のFES再び。」をテーマに、史上最狂のロックフェスは幕を開けた。
今回は、MOTHER STAGE、MOON STAGEと、同規模のステージを2つ対極に設置。「全バンドがメインアクト」という主旨を前面に打ち出して行われた。

ビターなテクノポップ調のBGMに乗せて、それぞれの楽器の前に揃ったback numberのメンバー達。

切なさいっぱいのback numberらしいナンバー『青い春』で幕をあけた。清水依与吏(ボーカル・ギター)は、目をカッと開き、「踊ろうぜー!」とオーディエンスに向かい叫んだ。内なる闘志が爆発しスイッチが入った瞬間だ。2曲目は、サビのメロディがキャッチーな『MOTTO』。

【ライブレポート】back numberがルナフェスMOON STAGEで切なさたっぶりに熱唱! 『瞬き』では歌い出しからオーディエンスの心を奪う!

【ライブレポート】back numberがルナフェスMOON STAGEで切なさたっぶりに熱唱! 『瞬き』では歌い出しからオーディエンスの心を奪う!

激しいリズムが終始続く楽曲だが、オレンジ色の暖かいライトに照らされて清水がしっとりと歌いあげるシーンも見られた。優しさ溢れるピアノからはじまったのは、『クリスマスソング』。今までの激しい楽曲と打って変わって、オーディエンスはゆったりと左右に身体を振りメロディと清水の歌声に酔いしれた。映画の主題歌としても話題になった『瞬き』では、歌い出しから心を奪われた。「1.2.3.4!」の軽快なカウントに続いたのは『SISTER』。梅雨のジメッとした空気を吹き飛ばすような清涼感あるパフォーマンスを見せた。

清水は、ルナフェス出演に関して、「出ることができて光栄です。嬉しいです。」と、柔和な表情。続けて、「うたうだ語ると安くなる。しゃべり口調が柔らかいのでどんどん安くなる。」と自虐的に呟き、オーディエンスの笑いを取った。

最後に人気曲『高嶺の花子さん』を全力パフォーマンスし、盛り上がりは最高潮に達した。back numberは心温まる楽曲からバンドサウンドが目立つ楽曲まで幅広く織り交ぜ、初のルナフェスへの出演を成功させた。

(取材/文:村松美紀)

【ライブレポート】back numberがルナフェスMOON STAGEで切なさたっぶりに熱唱! 『瞬き』では歌い出しからオーディエンスの心を奪う!

LUNATIC FEST. 2018 MOON STAGE
back number

M1 青い春
M2 MOTTO
M3 クリスマスソング
M4 瞬き
M5 SISTER
M6 高嶺の花子さん

【ライブレポート】back numberがルナフェスMOON STAGEで切なさたっぶりに熱唱! 『瞬き』では歌い出しからオーディエンスの心を奪う!

外部記事

関連ライブ

関連アーティスト

新着情報

レポート一覧に戻る

音楽番組ガイド

バナー
バナー