【SHANK・山人音楽祭 2018】「メロディック番長」の風格を帯びてきた問答無用のステージング!

2018/09/25
SHANK

山人音楽祭 2018【榛名ステージ】 SHANK

2日目の榛名ステージのトリ前に出たSHANKは、ゆったりした歌い出しから始まる「Surface」から観客を手玉に取る剛腕ライブを発揮。ドドーッと前に詰めかけるキッズや、ダイバーする人たちで溢れ、初っ端からカオスな熱気が会場を支配する。

「Good night Darling」、「Life is…」、「Grimy Window」と畳み掛けると、芯の太い演奏にスカ・リズムも巧みに織り込み、フロアにスカダンスの光景を作り上げていた。メロディック系バンドの中でもSUBLIMEやKEMURIを音楽ルーツに持つ彼らは、タテに横に揺さぶる柔軟な攻撃力にも秀でている。

SHANK

SHANK

SHANK

SHANK

ここで、今年9月に出た4thミニ・アルバム『WONDERSOUL』から新曲「Smash the Babylon」をプレイ。ヘヴィなリフを用いたグルーヴィーなサウンドもかっこ良く、抜き差しを意識した曲調も絶品であった。
 そしてレゲエちっくな妖しいギター・フレーズがクセになる「620」、イントロだけで場を沸騰させた「Weather is beautiful」と強力ナンバーを次々と投下。3ピースの強固なバンド・アンサンブルに加え、庵原将平(Vo/B)のエモーショナルな歌メロは圧倒的な存在感を誇示していた。

SHANK

SHANK

「ここ(榛名ステージ)を選んでくれてありがとう。俺やったら、10-FEETを選びます。せっかくやから、10-FEETの曲やる?」と庵原が言うと、すかさず松崎兵太は10-FEETの「RIVER」のギターフレーズを弾き、ちょっぴり歌まで披露する一幕もあった。こうした自由な空気も実にSHANKのライヴらしい。まあ、そのせいで1曲カットするハメになったそうだが、観客は大騒ぎだったので結果オーライだろう。

それから「Set the Fire」、「Long for the Blue moon」とラストまで足腰の強さを見せつける俊足ぶりで、榛名ステージを灼熱風呂にする熱演を繰り広げた。


文=荒金良介 撮影=半田安政[Showcase]

セットリスト

山人音楽祭 2018【榛名ステージ】 SHANK
1.Surface
2.Good night Darling
3.Life is…
4.Grimy Window
5.Time is…
6.Smash the Babylon
7.620
8.Weather is Beautiful
9.Departure
10.Set the Fire
11.Long for the Blue moon
12.Submarine

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー