CAPSULE、きゃりー、m-flo、PKCZ®ら金沢を舞台に熱いパフォーマンス 中田ヤスタカプロデュース『OTONOKO 2018』

2018/10/15
きゃりーぱみゅぱみゅ Yasutaka Nakata presents OTONOKO 2018

中田ヤスタカがプロデュースする音楽フェス『OTONOKO 2018』が、10月13日(土)石川県産業展示館4号館にて開催された。

撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

『OTONOKO』は、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅらアーティストや、映画の楽曲などを手がける音楽プロデューサー・中田ヤスタカがプロデュースするフェス。故郷の石川県金沢市を舞台に、「OTO(オト)を通じて世界に発信していく“今までにない新しいフェス”」をコンセプトとし、2016年に初開催。3回目となる今年は、中田ヤスタカ、CAPSULE、きゃりーぱみゅぱみゅ、m-flo、PKCZ®、DAISHI DANCE、TeddyLoid、banvox、RYUCHELLなど、多彩なアーティストが集結した。

メインステージは『OTONOKO 2018 OPENING DJ AUDITION』で出演権を勝ち取ったのDJ YUSUKEのプレイでスタート。

新しい学校のリーダーズ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

新しい学校のリーダーズ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

新しい学校のリーダーズ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

新しい学校のリーダーズ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

新しい学校のリーダーズ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

新しい学校のリーダーズ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

オープニングアクトに登場したのは、今年数々の音楽フェスへの出演を果たした新しい学校のリーダーズ。ブレない奇行グセ丸出しのパフォーマンスで会場を一気に引き込み、この日のために用意したというテクノに乗せてラップも披露した。

CAPSULE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

CAPSULE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

CAPSULE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

CAPSULE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

CAPSULE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

CAPSULE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

本編のオープニングを飾ったのは、中田ヤスタカ自身のユニット・CAPSULE。こしじまとしこの「金沢ただいまー!OTONOKOへようこそー!!」という呼びかけに、大きな歓声があがり、1曲目の「Anoter World」から会場は一瞬で一体感に包まれる。終盤は「WORLD OF FANTASY」「グライダー」と続き、脳内に広がる壮大な世界観と圧倒的な存在感を感じさせた。

RYUCHELL 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

RYUCHELL 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

RYUCHELL 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

RYUCHELL 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

RYUCHELL 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

RYUCHELL 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

続いて登場したのは、アーティストとして初めて大きな舞台に立つRYUCHELL(りゅうちぇる)。新曲「Diversity Guys!」や愛息子へ贈る楽曲「Link」など、3曲をパワフルなダンスとともに披露した。MCでは自身がアーティスト活動を始めたきっかけを語り、最後に「実は今日ぺこりんとリンクが見に来てます!」と明かし、会場から歓声とあたたかい拍手を受けていた。

banvox 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

banvox 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

banvox 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

banvox 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

banvox 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

banvox 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

ここからは会場全体がダンスフロアに一変。banvoxのマイクパフォーマンスを交えたプレイから、TeddyLoidは米良美一をフィーチャリングし、クラブミュージックにアレンジした「もののけ姫」の主題歌を披露。名曲のリバイバルに、会場が大いに沸いた。

TeddyLoid feat. 米良美一 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

TeddyLoid feat. 米良美一 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

TeddyLoid feat. 米良美一 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

TeddyLoid feat. 米良美一 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

TeddyLoid feat. 米良美一 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

TeddyLoid feat. 米良美一 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

DAISHI DANCEはうちわやライトを使ったパフォーマンスでお祭りムードを誘い、続くシティポップ芸人・ポセイドン石川のJ-POPメドレーで前半戦は幕を閉じた。

DAISHI DANCE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

DAISHI DANCE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

DAISHI DANCE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

DAISHI DANCE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

DAISHI DANCE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

DAISHI DANCE 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

 
ポセイドン石川 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

ポセイドン石川 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

ポセイドン石川 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

ポセイドン石川 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

ポセイドン石川 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

ポセイドン石川 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

後半戦、VERBALと☆Taku Takahashiでスタートしたのはm-flo。二人の煽りに応え、「Get Down Low Below Blazin」で観客全員が天に向かって大きくジャンプする。中盤でステージにLISAを呼び込み、これまでの人気曲から最新曲「MARS DRIVE」まで惜しみなく歌い上げ、締めくくりは「come again」をリピートしてファンを熱狂させた。

m-flo

m-flo

m-flo 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

m-flo 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

m-flo 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

m-flo 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

m-flo 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

m-flo 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

PKCZ®は、DJ MAKIDAIとDJ DARUMAのプレイで幕開け。m-floとしても出演したVERBALも加わり、会場は終始熱気に包まれていた。

PKCZ® 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

PKCZ® 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

PKCZ® 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

PKCZ® 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

PKCZ® 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

PKCZ® 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

PKCZ® 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

PKCZ® 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

そして、いよいよクライマックス。きゃりーぱみゅぱみゅは、1曲目の「原宿いやほい」で会場のボルテージをさらに押し上げる。元素記号をひたすら歌う新曲「演歌ナトリウム」について、「本当に聞いたことない単語が多すぎて、正直まじで頑張りました」と話し、笑いを誘う。

きゃりーぱみゅぱみゅ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

きゃりーぱみゅぱみゅ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

きゃりーぱみゅぱみゅ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

きゃりーぱみゅぱみゅ 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

きゃりーぱみゅぱみゅ Yasutaka Nakata presents OTONOKO 2018   撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

きゃりーぱみゅぱみゅ Yasutaka Nakata presents OTONOKO 2018 撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

トリを飾るのは、もちろん中田ヤスタカだ。ゲストとしてきゃりーが再登場し、中田がプロデュースする最新アルバム収録の「キズナミ」など4曲をパフォーマンス。続いてbanvox、眞白桃々、苺りなはむ、TeddyLoid、VERBALと、続々とゲストを呼び込み、これまでそれぞれとフィーチャリングした楽曲を連発した。盛り上がりが収まることのない豪華なステージに、会場は興奮がピークに。

撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

撮影=鶴見哲也/岡本政利/福田聡/中越圭/橋下歩

最後はCAPSULEのボーカル・こしじまとしこが登場し「Starry sky」を歌唱。カラフルなテープが勢いよく噴射されフィナーレを迎えると、会場からのアンコールで二人が再登場。こしじまとしこが「本当に楽しかった!みんなまた遊びに来てね!」とメッセージを伝え、「Sugarless GiRL」にのせて全員でジャンプ。ステージの上のCAPSULEは来場者とともに、今年の『OTONOKO』最高のフィナーレを迎えた。

関連ライブ

関連アーティスト

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー