×

フェス特集2022

ザ・クロマニヨンズ、約2年振りの全国ツアーがZepp Hanedaにて開幕 最新アルバム収録曲など全23曲を披露

2022/01/25
ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズの約2年振りの全国ツアー『ザ・クロマニヨンズ ツアー SIX KICKS ROCK&ROLL』が1月24日Zepp Hanedaにて初日を迎えた。

同ツアーはアルバム『SIX KICKS ROCK&ROLL』を引っ提げての全国ツアーとなり4月15日の北海道「カナモトホール(札幌市民ホール)」までを予定している。

ザ・クロマニヨンズは、昨年8月末に始動した2021年の一大プロジェクト「SIX KICKS ROCK&ROLL」と題して、シングル(CD、アナログ)を6ヵ月連続リリースを実施。8月発売の20thシングル「ドライブ GO!」を皮切りに、今年1月19日「ごくつぶし」まで毎月1枚シングル(7inchアナログ&CD)が発売されるといった企画。半年かけて全貌が明らかになったアルバム『SIX KICKS ROCK&ROLL』の楽曲たちを体感するツアーがはじまった。

ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ

ライブ当日、スタートを待ちわびるオーディエンスで会場のボルテージが高まる中、メンバーが登場すると場内から大きな拍手が沸き起こった。歓声は出せない状況であるが、それをも超える爆音ロックンロールショーのスタートだ。

ライブはアルバム『SIX KICKS ROCK&ROLL』の楽曲が次々に演奏される。シングルとして半年かけて発売されてきた楽曲は、リスナーの中で熟成度の高い楽曲となっており、例年の新譜アルバム発売後のライブとは一味違った熱量が会場からは伝わってくる。

「今日初めてやる曲がいっぱいあってドキドキしました。」と甲本ヒロトが話すように、前半は『SIX KICKS ROCK&ROLL』の楽曲を余すことなく披露した。

全国ツアーがコロナ禍で実施されず、ライブで聴く機会が少なかったアルバム『MUD SHAKES』の曲や、「暴動チャイル(BO CHILE)」「生きる」「タリホ―」などのシングル曲で一気に駆け抜け、約1時間30分、全23曲に及ぶライブは大盛況に幕を閉じた。


撮影=柴田恵理

ツアー情報

ザ・クロマニヨンズ ツアー SIX KICKS ROCK&ROLL
1月24日(月)   東京都  Zepp Haneda(TOKYO)
1月26日(水)   神奈川県    KT Zepp Yokohama
1月29日(土)   静岡県         静岡市民文化会館 中ホール
2月05日(土)   埼玉県         三郷市文化会館
2月06日(日) 栃木県           栃木県教育会館
2月11日(金・祝)  熊本県  市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
2月12日(土)   福岡県          福岡市民会館
2月19日(土)   愛知県        名古屋市公会堂 大ホール
2月20日(日)   愛知県        名古屋市公会堂 大ホール
2月23日(水・祝)  長野県       ホクト文化ホール 中ホール
2月27日(日)   京都府           ロームシアター京都 メインホール
3月02日(水)   東京都           江戸川区総合文化センター
3月05日(土)   宮城県           東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
3月06日(日)   福島県           けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター) 中ホール
3月12日(土)   兵庫県           神戸国際会館 こくさいホール
3月13日(日)   岡山県           岡山市民会館
3月17日(木)   神奈川県    ハーモニーホール座間 大ホール
3月19日(土)   広島県           広島JMSアステールプラザ 大ホール
3月21日(月・祝) 山口県      下関市生涯学習プラザ 海のホール(大ホール)
3月26日(土)   新潟県         新潟市民芸術文化会館・劇場
3月30日(水)   東京都           LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
4月02日(土)   石川県           金沢市文化ホール
4月07日(木)   大阪府           フェスティバルホール
4月09日(土)   香川県           ハイスタッフホール(観音寺市民会館) 大ホール
4月12日(火)   千葉県           千葉市民会館 大ホール
4月15日(金)   北海道           カナモトホール(札幌市民ホール)

リリース情報

15th アルバム『SIX KICKS ROCK&ROLL』
2022年01月19日発売 ※CDのみ
 
■CD:BVCL-1160 ~ BVCL-1161 ¥3,500(税込)
【初仕様】紙ジャケット仕様 ※2DISCS ※ボーナストラック2曲入り
 
DISC1
1.ドライブ GO!
2.光の魔人
3.千円ボウズ
4.大空がある
5.もぐらとボンゴ
6.ここにある
7.爆音サイレンサー
8. イエー! ロックンロール!!
9.冬のくわがた
10.ナイフの時代
11.ごくつぶし
12.縄文BABY
 
BONUS DISC
1.冬のくわがた(小さいメガネ)
2.光の魔人(夜空のビンギ)

『ROCK&ROLL RECORDER』
(読み:ロックンロール・レコーダー)
著者:真島昌利
発売:2022年2月10日(木)
デザイン・DTP:菅谷晋一(エポック株式会社)
撮影:西槇太一 / Dream Aya(ex. E-girls)
取材・編集協力:森内淳(DONUT)
仕様:144ページ/B5変型判 ※7インチ・レコードのジャケットと同サイズの180×180mm。
定価:本体2,800円+税(定価3,080円)
 
詳細はコチラ(https://sowsweetpublishing.co.jp/news/
 
■目次
・ビートルズの衝撃!
・ギター革命
・ロックンロール・ア・ゴー・ゴー!
・夏のリズム・ギター
・ミート・ザ・ローリング・ストーンズ!
・コンテスト&オリジナル
・パンク・ロック大爆発!
・MR.ジョー・ストラマー
・キック・アウト・オブ・ザ・ジャム!
・パンク・ロック・ジャングル
・ロンドンとかニューヨークとかジャマイカ
・ネオアコ暴動!
・日本のCool Beat
・チットチャット

関連ライブ

レポート一覧に戻る

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー