×

LiveFans PUSH!

【ライブレポート】04 Limited Sazabysが曲とともにファンに届けたメッセージとは? <JAPAN JAM 2022>

2022/05/23

2022年5月1日(日)・3日(火・祝)・4日(水・祝)・5日(木・祝)・7日(土)の5日間、株式会社ロッキング・オン・ジャパン企画制作の国内最大級のGWフェス•「JAPAN JAM 2022」が千葉市蘇我スポーツ公園にて開催された。

入場ゲートでは手指消毒・検温を実施するなど「JAPAN JAM 2022」は感染症対策に万全の対応を取りつつ実施されている。

本記事では、5月5日(木・祝)に出演した04 Limited Sazabysのライブレポートをお届けする。

【ライブレポート】04 Limited Sazabysが曲とともにファンに届けたメッセージとは? <JAPAN JAM 2022>

彼らの入場曲が流れた時点から手拍子に包まれたSKY STAGE。ステージに登場したメンバーの中からRYU-TA(Gu./Cho.)がさらに手拍子をあおり、会場の盛り上がりに拍車をかける。そんな中で始まった1曲目は『monolith』。スカ調のリズムで会場を軽快にヒートアップさせると2曲目『knife』へスムーズに展開。GEN(Ba./Vo.)が歌いながら奏でるベースがとても心地いい。

続いて3曲目にはロックなイントロにラップ調のボーカルが映える『Jumper』が披露された。KOUHEI(Dr./Cho.)によるドラムの重低音から始まったのが、4曲目の『escape 』。間奏でもKOUHEIの高速のドラムプレイが冴え渡った。

【ライブレポート】04 Limited Sazabysが曲とともにファンに届けたメッセージとは? <JAPAN JAM 2022>

【ライブレポート】04 Limited Sazabysが曲とともにファンに届けたメッセージとは? <JAPAN JAM 2022>

「フェスに帰ってきましたー!ホントにひさびさな感じがします。この景色を噛み締めて持ち帰れればと思います。今日はこどもの日なので、みんなこどもになって遊べればと思います!」GENのMCに続いたのは『Kitchen』。「メジャーコードいっぱい体に浴びてってください」と飛び跳ねたくなるようなリズミカルなビートを楽しませてくれた。

「今日はいい天気なんで星がよく見えそうだなぁ」GENがそう言って始まったのは『midnight cruising』。この曲の後半ではRYU-TAが「JAPAN JAM最高です!ありがとう」とマイクを通して感謝を告げる場面もあった。

その後のGENのMCでは「ずっと耐えてきたという言葉がピッタリで、やっと音楽シーンが戻りつつある予兆を感じる素晴らしい1日です。過去の亡霊に縛られたらおしまいだ!今を生きることに集中して、この混沌の時代を一緒に生きましょう」とメッセージを告げ『Just』、そしてラストチューンには『Terminal』を披露。GENの目に焼き付いた久しぶりのフェスの光景は、ファンの心にもしっかり焼き付けられたことだろう。

(取材・テキスト:バッキー☆大坂)

【ライブレポート】04 Limited Sazabysが曲とともにファンに届けたメッセージとは? <JAPAN JAM 2022>

5月5日 JAPAN JAM2022

04 Limited Sazabys セットリスト:
M01:monolith
M02:knife
M03:Jumper
M04:escape
M05:Kitchen
M06:nem…
M07;midnight cruising
M08:hello
M09:Just
M10:Terminal

【ライブレポート】04 Limited Sazabysが曲とともにファンに届けたメッセージとは? <JAPAN JAM 2022>

【ライブレポート】04 Limited Sazabysが曲とともにファンに届けたメッセージとは? <JAPAN JAM 2022>

外部記事

関連ライブ

レポート一覧に戻る

バナー