×

LiveFans PUSH!

AKB48、「TIF2022」で劇場公演曲『逆上がり』、『そばかすのキス』を披露!<TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック>

2022/08/08

2022年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)の3日間、世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック」(以下、TIF2022)がお台場・青海周辺エリアにて開催された。最終日となる3日目にはAKB48が出演した。

AKB48は7日(日)のHOT STAGEに登場。メンバーから浅井七海、大盛真歩、小栗有以、柏木由紀、倉野尾成美、込山榛香、下尾みう、田口愛佳、谷口めぐ、千葉恵里、本田仁美、向井地美音、武藤十夢、村山彩希、茂木忍、山内瑞葵の16名が出演した。

『overture』と同時に灯されたサイリウムがメンバーたちを出迎える。その期待に応えるようにダンスナンバー『根も葉もRumor』からライブはスタート。倉野尾をセンターに激しい「どえらいダンス」でボルテージを上昇させ、続く『大声ダイヤモンド』、『#好きなんだ』とシングル表題曲を立て続けに熱唱した。

MCでの自己紹介もそこそこに、続いてのブロックは『LOVE TRIP』を披露。先日発表された60thシングルのセンターに抜擢された千葉が、「やっぱり千葉恵里が1番ですよね?」と呼びかけ『重力シンパシー』をセンターから届ける。
続くナンバーはAKB48劇場で上演中のチームK「逆上がり」公演から表題曲『逆上がり』を歌唱。まさかの選曲と意外性に観客との一体感はさらに高まっていく。続いてもチームB『アイドルの夜明け』公演より『そばかすのキス』を届けたメンバーたち。AKB48の原点でもある劇場公演曲の良さはしっかりと観客に届いたはずだ。

MCでは千葉がTIFのステージの感想を求められ、「公演曲とか普段やらない曲もできて楽しかったです!」と笑顔を見せた。

最後の楽曲は『真夏のSounds good!』。リリースが10年経っても色あせない夏の名曲に酔いしれながら、AKB48はステージを終えた。


【TOKYO IDOL FESTIVAL 2022 supported by にしたんクリニック】
2010年より開催されている「TOKYO IDOL FESTIVAL」。今年は2019年以来、3年ぶりの夏開催となり200組以上のアイドルが、お台場・青海周辺エリアに分散されたステージでパフォーマンスを行う。
さらに今年は新企画として「TIFアイドル総選挙」を開催。28組のアイドルが出馬し、最終日7日のグランドフィナーレで優勝グループが決定する。優勝グループにはフジテレビ地上波での冠番組の出演権や、富士フイルム公認の世界で1つのゴールデンチェキが贈られる。

外部記事

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー