×

LiveFans PUSH!

【ライブレポート】YOASOBIが念願のROCK IN JAPAN参戦でワクワク夜遊びがついに実現<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022>

2022/08/09

2022年8月6日(土)・7日(日)、11日(木・祝)・12日(金)・13日(土)の5日間、株式会社ロッキング・オン・ジャパン主催の日本を代表する野外フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」が開催中。入場ゲートでは手指消毒・検温を実施するなど、感染症対策に万全の対応を取りつつ実施されている。

2020年と2021年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により2年連続中止。2022年は3年ぶりの開催となる。また、今年から会場を千葉市蘇我スポーツ公園に移転。都市型フェスとしてのスタートを切っている。

本記事では、初日となる8月6日(土)に出演し、LOTUS STAGEのトリをつとめたYOASOBIのライブレポートをお届けする。

【ライブレポート】YOASOBIが念願のROCK IN JAPAN参戦でワクワク夜遊びがついに実現<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022> 【ライブレポート】YOASOBIが念願のROCK IN JAPAN参戦でワクワク夜遊びがついに実現<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022>

本来なら、昨年のROCK IN JAPANに初参戦の予定だったYOASOBI。昨年のROCK IN JAPANが中止になってしまったことで、1年越しの登場となったこともあり、会場はYOASOBIの出番を待ち構えたオーディエンスで埋め尽くされている。

YOASOBIのメンバーである ikuraとAyaseの2人は、お揃いのオーバーオールで登場した。ステージ中央で2人がポーズを決め、すかさず1曲目『夜に駆ける』がスタート。曲冒頭のフレーズだけ歌った後「YOASOBIです。よろしくー」とikuraが挨拶をすると、それを合図にLOTUS STAGEの真上に花火が上がった。

待ち望んだROCK IN JAPANのステージということもあってか、ikuraとAyaseそしてバンドメンバーたちもみんなこぼれるような笑顔で演奏を楽しんでいる。

【ライブレポート】YOASOBIが念願のROCK IN JAPAN参戦でワクワク夜遊びがついに実現<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022> 【ライブレポート】YOASOBIが念願のROCK IN JAPAN参戦でワクワク夜遊びがついに実現<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022>

「みなさん、一日の最後でバテてないですか?暑さにやられてないですか?」オーディエンスに気遣いしつつ「クラップハンドしてください!」とikuraが会場をあおり、曲は『三原色』へ。リズミカルな手拍子が鳴り響く中、YOASOBIサウンドが会場を包み込んだ。

「ROCK IN JAPAN、楽しんでますかー!もっともっと楽しめるかー」ハイテンションなあおりで盛り上げようとしたところ、うっかり噛んでしまったikuraに会場がほっこりと和らぐ。

「すごいねROCK IN JAPAN!」ikuraが思わず口にすると、Ayaseも「ROCK IN JAPANすごいよ。来たよ、ついに」と、短いフレーズの中に、ROCK IN JAPANのステージに立てた喜びを凝縮して声に出した。

YOASOBIのステージは、通常のステージよりさらに一段高くなっており、その段差の壁にプロジェクションマッピング映像を流すことで幻想的なビジュアルが展開する。『もう少しだけ』では、オフィス街にある公園のベンチのイメージ映像が映し出され、ikuraがそのベンチに座っているような暖かな雰囲気を演出。次の『ミスター』では、一転してデジタル基盤の幾何学的なビジュアルが展開するなど、曲ごとに異なる世界観で楽しませてくれた。

「みなさん、まだまだ盛り上がっていけそうですか?」ikuraは、そう問いかけつつ会場を見渡し、多くのオーディエンスが集結している光景に「改めてスゴイ!」と感激の声を漏らす。またAyaseは、ステージが明るいことで虫が集まってくるのを危惧していたが、さっそくライブ2曲目で思いっきり口の中に虫が入ってきたというアクシデントで会場を笑わせた。

【ライブレポート】YOASOBIが念願のROCK IN JAPAN参戦でワクワク夜遊びがついに実現<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022> 【ライブレポート】YOASOBIが念願のROCK IN JAPAN参戦でワクワク夜遊びがついに実現<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022>

『アンコール』の曲中では、ステージ上のAyaseがライトを灯したスマートフォンを左右に振り、それに応えてオーディエンスも同じように手を振り返すことで会場中が幻想的な光に包み込まれた。

その後も『ツバメ』『好きだ』と心が洗われるような曲が続いたが「みなさん、今持っているエネルギーを全部次の曲で出し切ってください!」とikuraがシャウト。それと同時に、あまり馴染みがないソリッドなイントロが流れる。こうしてスタートしたのは、オリジナルのイントロとは異なる『怪物』。曲の世界観に合わせ、ステージ前方にはいくつもの炎が上がり、会場は名実ともに熱気に包まれた。

そんなYOASOBIのステージもいよいよ残り2曲。原作が小説ではなく手紙だったという『ラブレター』、そして人気曲『群青』でステージを締めくくった。「本当にみなさん、ありがとうございました」ikuraはステージ最後に何度もそう感謝を告げ、ROCK IN JAPANでの念願の夜遊びは幕を閉じた。

(取材・テキスト:バッキー大坂)


8月6日 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022 / YOASOBI セットリスト

M01:夜に駆ける
M02:三原色
M03:ハルジオン
M04:大正浪漫
M05:もう少しだけ
M06:ミスター
M07:もしも命が描けたら
M08:アンコール
M09:ツバメ
M10:好きだ
M11:怪物
M12:ラブレター
M13:群青

外部記事

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー