MAMAMOOの妹分・PURPLE K!SS、初来日公演の公式レポートが到着 日本人メンバー・ユキが故郷東京凱旋で「ただいま~!」(画像:全9枚)

2022/09/27
PURPLE KISS

2021年3月15日に韓国デビューし、初来日公演『PURPLE KISS JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022 〜紫〜』を9月23日(金・祝)大阪BIG CAT、9月25日(日)渋谷WWW-Xにて開催したPURPLE K!SS。本記事では、初来日公演のオフィシャルライブレポートをお届けする。


韓国の7人組ガールズグループPURPLE K!SS(パープル・キス)が、初来日公演『PURPLE KISS JAPAN PREMIUM SHOWCASE 2022 ~紫~』を開催。9月23 日の大阪BIG CAT、25 日の渋谷 WWW-Xで、計4回の公演を行い、これまでの活動曲を中心とした11曲のパフォーマンスと、楽しいトークを披露した。

PURPLE K!SSは2021年3月に、ミニアルバム『INTO VIOLET』でデビューした、パク・ジウン、ナ・ゴウン、ドシ、イレ、ユキ、チェイン、スアンからなる7 人組。実力派ガールズグループMAMAMOOの妹分だけに、高い歌唱力とパフォーマンスが注目されているが、メンバー自らが作詞 · 作曲 · プロデュースに携わるなどアーティストとしてバランスの取れたグループということで、“バランスドル”と呼ばれていたり、女神、ゾンビ、魔女など作品ごとに独創的なテーマを用いることから“テーマドル” とも呼ばれている。

PURPLE KISS

PURPLE KISS

グループ名の「PURPLE K!SS」は「複数の色がバランスよく混ざってできる紫色のように、各メンバーの多様な個性が集まって作られた音楽のカラーを意味するパープル」と、「愛の力を表現する時に使うキス」を合わせた造語で、“紫色のように多彩な音楽で多くの人に愛を伝える”という意味が込められている 。ここでは、25 日の昼公演をレポートする。

満員のファンを前に、ショーケースはデビューミニアルバムのオープニング曲「Intro : Crown」で幕を開け、デビュー曲の「Ponzona」へ。スペイン語で「毒」を意味するタイトルのように、ダンスブレイクで見せるバチバチに揃ったダンスや、ボーカルのスキルの高さが存分にうかがえるステージングに、会場は早くもPURPLE K!SS中毒の様相。フォーメーションがくるくる変わる「Pretty Psycho」、そしてベースが効いたユニークな構成の「memeM」でさらに聴き手を惹きつけた。

PURPLE KISS

PURPLE KISS

ショーケースということで、彼女たちのパーソナリティを知るためのトークパートも設けられた。グループのエネルギー担当だという元気なイレのストレス発散方法は、「メンバーとたくさん話す、寝る、日記を書く」ことだそう。韓国語でのラップメイキングもこなす日本人メンバーのユキは、「最初は韓国語もできないのに、ラップとラップメイキングをするのは負担でした。でも、練習することで上手くなっていきました」と激白し、特技だという「ドラえもんとジャイアン」のモノマネまで披露した。「ファンの皆さんがかわいくてたまらない!」というチェインは、客席のファンを先導してペンライトの光でウェーブを起こし、「多彩なカラーのあるグループ」とチームを評したゴウンは、「ユキちゃんのお母さんがドラえもんのパン(どら焼き)を差し入れてくれて、抹茶味を食べました」というTMI(小ネタ)を披露。ドシが「今、J-POPにハマっていて、King Gnuをよく聴いています」といえば、「目が悪いのでレーシック手術をしたい」というスアンに、イレとユキが「私もやりたい! 一緒に行こう」と賛同。そして最年長のジウンは、「今まで見せたことのない姿を見せたい!」と考えながらいつも練習していることを明かした。

PURPLE KISS

PURPLE KISS

日本に関する話題では、日本語を勉強中のイレが、ユキに「可愛すぎてハゲそう」という日本語を習ったことを明かして会場を笑わせた。「あいみょんが大好き!」というゴウンは、「君はロックを聴かない」をアカペラで披露。「日本でクレープを食べるのを楽しみにしていた」というジウンは、「日本語の授業で“福岡に行ってクレープを食べたいです”という例文があったので、クレープは福岡にしかないと思っていたら、大阪で出会ってドキドキしながら食べたら、すごく美味しかった!」と日本で夢を叶えたエピソードを語った。

PURPLE KISS

PURPLE KISS

トークのほとんどを日本語で頑張っていた彼女たち。ライブでも「スペシャルカバーステージ」として、家入レオのバラード曲、「君がくれた夏」を披露。これは日本人メンバーのユキが、「私の好きな曲。メンバーたちの音色に似合いそう」と選曲したそう。横一列に並び、ドシ、イレ、ゴウン、チェイン、スアン、ジウンとひとりひとりにボーカルが移っていくと、ユキが2番の冒頭を得意のラップのニュアンスを活かして歌い上げた。そして「Let’s Go~!」という掛け声で勢いをつけ「私を見て (Oh My Gosh)」に突入。振付のないこの曲で7人がぎゅと密集し、東京出身のユキが「ただいま~!」と大きな声で会場に呼びかけると、各人が笑顔でステージを歩き回ってファンとのアイコンタクトを楽しんだ。

PURPLE KISS

PURPLE KISS

再びのトークパートでは、ファンからの質問に答えた。「日本で挑戦したいこと」をきかれたユキが、「夢は大きく、アリーナツアーやドームツアーをしたい」と野望を語ると、作詞作曲を手掛けるチェインは「好きな自作曲は?」ときかれて、「「私を見て (Oh My Gosh)」はメンバーのために作った曲なので大切に思っていますが、ファンの皆さんのために書く曲が多いです。今日のようにファンの皆さんにお会いしたときに、インスピレーションがわきます」と創作の源を明かした。

PURPLE KISS

PURPLE KISS

本編の最後は、「日本にいる間、いつもプローリー(PURPLE K!SSファンの呼称)と一緒にいられて幸せでした。夢みたいな1日を作ってくれて、ありがとうございました。必ずまた会いましょう!」(イレ)、「ついに私の故郷、東京で初めてのショーケース行いました。皆さん、どうでしたか? 私も楽しかったし、両親と友だちにも見せることができて嬉しかったです」(ユキ)、「皆さんがくれた愛に応えられて嬉しいし、忘れられない1日になりました」(チェイン)、「最後までエネルギーをくれて、ありがとうございました。私も皆さんと一緒にいられて、本当に幸せな時間でした。また会いましょう~」(ゴウン)、「ずっと待っていた日本のステージが無事にできて、とても嬉しいです。またすぐ会いましょう!」(ドシ)、「日本でいい思い出を作ってくださってありがとうございます」(スアン)、「こんな日がくることをずっと想像していましたが、今日、ついに皆さんに会えて本当に幸せです。これからもいい音楽とパフォーマンスをお見せしたいです」(ジウン)と一人ずつ感謝の言葉を伝えると、会場のファンと両手でキスを模ったPURPLE K!SSポーズで記念撮影。そして7月にリリースした最新ミニアルバム『Geekyland』に収録されているバラード曲「SuMMer RaiN」、ドラマチックな「Intro : Bye Bye Bully」、軽快なアップテンポの「Nerdy」を続けて披露し、アンコールの「Zombie」で最後まで盛り上げた。

PURPLE KISS

PURPLE KISS

POPガールズグループといえば、男性ファンの比率が高いグループが多いが、PURPLE K!SSは圧倒的に女性ファンの比率が高い。東京昼公演でいえば、実に約90%が女性ファンだった。初来日のPURPLE K!SSのステージを見て思ったのは、その圧倒的な実力。ゴウン、スアンのメインボーカルだけでなく、全員の歌が安定していて上手いのは、サスガにMAMAMOO の妹分。メインラッパーを務めるユキのラップがボーカル陣のアクセントになっているのもいい。メンバーたちの仲の良さも見て取れたし、日本語で頑張っているトークも可愛いくて、パフォーマンスとのギャップも感じられた。

ショーケースの後は、9月27日に東京:ららぽーと豊洲、9月29日に東京:タワーレコード渋谷店でプロモーションイベントが行われる。これからの本格的な日本活動が楽しみなガールズグループだ。

PURPLE KISS

PURPLE KISS


取材・文=坂本ゆかり 撮影=miki kawamura

イベント情報

プロモーションイベント
<イベント日程>
9月19日(月・祝)大阪:あべのキューズモール
9月20日(火)兵庫:阪急西宮ガーデンズ
9月21日(水)大阪:タワーレコード梅田NU茶屋町店
9月27日(火)東京:ららぽーと豊洲
9月29日(木)東京:タワーレコード渋谷店
※各会場観覧はフリーとなりますが、購入者対象の優先エリアを設置致します。
※各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。詳細は会場ごとの注意事項をご確認ください。
<イベント内容>
◆ミニライブ
◆特典会 (各種特典会参加券が必要となります)
・アンニョン会
・メンバー別サイン会(ランダム)
・メンバー別2ショット撮影会(ランダム)
※開催内容は日程によって異なります。開催日の内容は会場詳細をご確認ください。
※イベント内容は予告なしに変更になることがございますのでご了承ください。
<各会場ごとの詳細・注意事項はこちら>
https://purplekiss.jp/news/detail.php?nid=pZZwVLQ5ows=

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー