×

ライブファンズ大賞2022

宇徳敬子、2023年初コンサートを開催

2023/01/24

今年で、ソロデビュー30周年を迎えるシンガーソングライターの宇徳敬子。
メモリアルイヤー第1弾となるニューイヤーコンサートが、21日(土)に神田明神ホールで開催された。普段から神社仏閣に参拝をしている宇徳。開演前に神田神社(神田明神)を参拝し、コンサートの序章がスタート。


今回のコンサートのテーマは、「はじまり、はじまる。」
その「はじまり」となるのが、このニューイヤーコンサートとなり、幕開けにふさわしいスペシャルゲストに、瀬戸朝香さんをお迎えしました。

宇徳敬子、2023年初コンサートを開催
10代の頃から宇徳敬子のファンだったという瀬戸朝香さんに、「この情熱はダイヤモンド」を提供させていただいたのが28年前。宇徳敬子の2ndシングル「まぶしい人」が、当時瀬戸さんも出演されていたJR東海のCMソングに起用され、間接的に共演はしていたものの、そこから時を経て昨年の11月末に初めて2人が顔を合わせました。


ともにデビュー30周年(宇徳敬子はソロデビュー30周年)という不思議なつながりもあり、昨年12月に開催された瀬戸朝香さん前事務所独立後初のファンミーティングで共演が実現。
そして今回、2度目の共演となりました。

宇徳敬子、2023年初コンサートを開催
瀬戸朝香さんがステージに登場すると、会場のボルテージもアップ。
想い出の詰まった「この情熱はダイヤモンド」を2人で熱唱すると瀬戸さんは、「長年聴き続けてきた曲なので、その時々の風景が蘇ってきて涙が流れそうになったり、今回も癒やしとパワーをいただきました」とコメント。

宇徳敬子、2023年初コンサートを開催

宇徳敬子の代表曲とも言える「名探偵コナン」のエンディングテーマソングだった『光と影のロマン』は、コンサート直前の放送(TBS「ニンゲン観察バラエティモニタリング」)で歌唱したという事がトレンド入りし話題となった。そして今、話題のアニソン・「スラムダンク」のテーマソングだったWANDSの『世界が終わるまでは..』と「鬼滅の刃」のテーマソングAimerの『残響散歌』の平成・令和の大ヒット曲を披露。圧巻のパフォーマンスでオーディエンスを魅了し、Mi-Keメドレーの10曲を含む計26曲を歌い上げ、大盛況のうちに幕を閉じた。

宇徳敬子、2023年初コンサートを開催


▼オフィシャルウェブサイト:
https://uk-dream.jp/


◆瀬戸朝香コメント
宇徳さんのコンサートで実際に歌声をお聞きするのは2回目なのですが、透き通る宇徳さんの声に毎回うっとりしてしまいます。そして長年聴いてきた曲なので、その時々の風景が蘇ってきて涙が出そうになったり・・・、今回も癒やしとパワーをいただきました。
前回は私のファンイベントでしたが、今回は宇徳さんのコンサートに参加させていただいて、「私、ここにいて良いの!?」って気持ちにはなりました。それでもウ特産が私をサポートしてくださり、宇徳さんの優しさをひしひしと感じながら歌わせて頂きました。何よりも、ファンの皆さんの温かさ!声は出せなくても皆さんと1つになれた感じがしてとても嬉しかったです。30年以上もの月日を歌い続けていらっしゃる宇徳さんは本当に素晴らしいです。歌って、聴く人によって様々な感情が生まれて、時を経てもその頃の自分を思い出す事ができる魔法のようなチカラがあると思っています。これからも、皆さんにとって大切なものとなる曲を歌い続けて欲しいと願っています。ずっと応援しています!

◆宇徳敬子コメント
2023年の幕開けは、30周年に向けて、素敵なご縁を大切にして、
新たな始まりを愉しみながら応援して下さる皆様と共に歩んでいきたいと思います。

■概要
▼日時:1月21日(土)17:15OPEN 18:00START
▼場所:神田明神ホール
〒101―0021 東京都千代田区外神田2―16-2 神田明神文化交流館2階
▼メンバー:安部潤(key)
オバタコウジ(gt)
入倉リョウ(drm)
伊藤千明(b)

外部記事

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー