×

LiveFans PUSH!

One Direcition “Team One Direction Japan Party:The 1Derland” @新木場STUDIO COAST

2013/01/23

One Directionphoto by Yoshika Horita 堀田芳香

アルバム『Take Me Home』が日本・アメリカ・イギリスほか世界37ヶ国で1位を獲得したOne Direction(通称:1D)が遂に来日!!今回はプロモーション来日ということで、3日間の滞在中、19日(土)に“Team One Direction Japan Party:The 1Derland”と名打たれたファンとのイベントが東京、新木場スタジオコーストにて開催された。応募は2万通を超え、幸運な約2000人が生で1Dを体感、と同時にUストリームでの生中継も行われ日本中のDirectioner(1Dファンの総称)達が大熱狂となった!

15時半開場、16時半開演ということで、会場に到着してまずは場内をまわってみた。会場内には既に大勢のDirectionerが詰めかけており、大混雑。入り口でフードやドリンクに変えられるチケットを2枚いただく。まず場内に入ると物販があり、その反対側に2階建ての赤いラッピングバス、奥には『Take Me Home』のジャケ写に映っている赤い電話BOXとの撮影スポットが。さらに中に入るとフードの屋台が並んでいた。わたあめ、りんご飴、おしるこ、フィッシュ&チップス!!しかも屋台も食べ物も全て1Dパッケージ!!どこを見渡しても1Dずくし。まさにPartyな雰囲気でそれだけで心躍ってしまう。建物内には別の撮影スポット、クッキーのデコレーション、ネイルコーナーなどがあった。

定刻より少々遅れて開場し、あっという間に約2000名のDirectionerで埋め尽くされる。開始前から熱気が伝わってくる。16時半になると司会の方が登場し、それだけで場内はヒートアップ!いったん落ち着いたところで今日のメニューを紹介。Q&A、パフォーマンス、プレゼント抽選会という流れだとのこと。そしてそのあとは次のミュージックビデオ用に映像を取るとのことでアメリカ人の振付師が登場し、振付講座がスタート。

さて、それが終わり待つこと40分くらい。17時半になり、司会の方が再度現れ、ようやく1Dが登場!!とにかく会場内の悲鳴、歓声がものすごくステージで何を話しているかがわからないくらいだった。ステージ向かって左側からHarry、Louis、Liam、Niall、Zaynの順で着席。みんな「コンニチハー!」と挨拶。まずはQ&Aがスタート。最初の質問は「日本語は何を覚えたか?」ということで、Harryは「ガンバリマース!」と天気いっぱい叫ぶ。Liamは「ゲンキ!」を覚えたらしい。次は「メンバーを動物に例えたら?」という質問だったが、「自分を動物に例えると?」という質問と捉えられたようで、Zaynは猿、Niallは馬、Louisも猿、Harryは猫、Liamはちょっと時間が欲しいと考えてから背が高いからキリンだとのこと。3問目は「最近お気に入りの曲は?」という質問にBruno Mars の「 Locked Out Of Heaven」とか、RIHANNAの新曲がいいよ、などと言っていた。最後にLouisが「グループとしてはSexy Zoneだよ。」とも。(※前日ミュージックステーションで共演している)4問目に「11月2日、3日の幕張メッセの初公演に関して、どんなコンサートをしたいか?」という質問にはLiamが「とにかくドデカいショウにするよ。」と語り、Harryは「日本に来るのが楽しみだった。」と語っていた。最後の「今後の達成したい目標は?」という質問に対しては、Liamが「もっと日本で過ごしたい。」、Harryが「日本語を勉強したい。」と答え、日本のファンにとってはとても嬉しい答えを聞くことができた。Niallは「今取っているドキュメンタリー映画を早くみんなに見てもらうこと、ツアーも成功させたい。」と意気込みを語り、「11月にまた会えるのを楽しみにしているよ。」とメッセージを送ってくれた。

一旦メンバーはステージから去り、パフォーマンスの準備が行われる。幕が落ちるとバックバンドを従えた1Dのメンバーが現れ、ライブがスタートする。もちろん会場内は総立ちで大歓声!1曲目はMステでも披露した「Live While We’re Young」。そして、アルバム『Take Me Home』からシングルカットされかわいいPVで話題の「Kiss You」を続けて披露。途中Harryの声がちょっと辛そうだった。3曲目「Little Things」はアコースティックのスローテンポ曲。メンバーがステージ前に出てきて、向かって左からHarry、Louis、Niall、Liam、Zaynの順にステージサイドで座りながら多くのDirectionerと視線を合わせながら聞かせてくれた。それが終わると「もう1曲あるよ。」と言って大ブレイクのキッカケとなった「What Makes You Beautiful」。Liamが最初のパートを「みんなで一緒に歌って!」と言い、場内はもちろん大合唱!メンバーはステージ上を駆け回り、会場内にいるDirectionerを興奮の渦に巻き込み魅了し続けた。

その後はファンの想いがつまった少し早いバレンタイン・チョコのプレゼント。さらに、1Dのメンバーは空港に登場した時と同じオレンジ色のハッピをはおり、ミュージックビデオの撮影へ。振付師が出てきて、前節で練習した振付をおさらいしたのち、数テイクを撮った。この映像は使用されるか、されないか未定とのことだが少しでも使われることを祈りたい。

最後は会場に集まったファンとの記念撮影で締めくくり、Liamは「日本が大好きだよ!」、Niallは「11月に会おう!」と言ってステージをあとにした。最後まで会場内は熱狂と興奮と大歓声に包まれていた。

メンバーが去った後はプレゼント大会が行われ、サイン入りポストカードが5名、サイン入りツアーパンフが1名にプレゼントされた。こうして約1時間のプレミアムなイベントが幕を閉じた。

今年は長期間のワールド・ツアー、11月にはそのツアーでの来日公演が決定、さらにドキュメンタリー映画の公開など今年も大忙しの1D。日本を気に入ってくれたことを願い、次回の来日公演もどんなステージを見せてくれるか非常に楽しみである。

(Text:Live Fans Staff R)

One Direcitionの公式セットリストはこちらからチェック!
https://www.livefans.jp/events/142024

----------
■ Live Fansのアーティスト情報ページ
[One Direcition] https://www.livefans.jp/artists/21974

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー