{}

槇原敬之

Makihara Noriyuki Concert 2018 "TIME TRAVELING TOUR" 1st. Season

2018/07/12 (木) 19:00 開演 @東京国際フォーラム ホールA (東京都)

ライブ情報に戻る

« 前へ| レビュー一覧へ (2/3) |次へ »

kabigonkingさんのレビュー

4月のNHKホールが本当に素晴らしい内容だったので、追加公演の国際フォーラムも期待していたのですが、ややガッカリな内容・・・
声のコンディションは後半(世界に~、太陽あたり)フェイク気味に歌ってたので、やや辛そうな場面もありましたが、聞き苦しいレベルではなかったです。が、感動するほどでもない微妙なライン・・・今日はMCも少なく、観客とのお茶目なやり取りもほぼなく、全体的にあっさりした印象でした。
せっかく普段聞けない曲をやるっていうコンセプトなので、「僕が一番~」「超えろ」「遠く遠く」「どんなときも」はしばらくやんなくてもいいんじゃないかと。「太陽」もそうかなぁ。
NHKホールでは鳥肌&感涙だったピアノ弾き語りが、今日は「東京Days」のみだったのも残念すぎ。
マッキーの原点であり、シンガーソングライターとしての力量を余すことなく魅せてくれたパートだけに、悔やまれます。
選曲では、「濡れひよこ」や「三人」みたいな曲をもっと掘り出して欲しい。メドレーもタイムトラベルする必要がないくらいの中途半端な時代の曲が多くて、無理やりアップテンポの曲をくっつけ合わせるくらいなら、しっかりと「世界に~」を一曲丸々やってほしい。SMAP無き今ならば。
「チキンライス」も僕が作詞した曲じゃないの説明のみなので、コアなファン以外はなんのことやらさっぱりわからないですよね。
MCに関してはとやかく言うのはヤボかもですが、「生まれる前に神様と相談してから人は誕生する話」は、成功して幸せな人が今の幸せを噛みしめるときに思う話なので、共感性は超低いかと。親は選べない境遇にある人もたくさんいるんですよねぇ。
それに、今こうして楽しく歌えてるのも神様が先に全部決めてた事なんてサラッと言われてしまうと、マッキーのファンだなんて口に出せない辛い時代も、見捨てるなんて夢にも思わず応援し続けてきたリスナーがどう感じるのか。自分はちょっぴり悲しかったです。
総じて、お初の人には、全部じゃないけどまあまあ知ってる曲もやってくれる親切ライブですが、往年のファンにはマッキーはこんなもんじゃないのよ!と思うやや残念ライブになってしまったかも・・・

  • いいね! 21
  • コメント 0
  • 2018/07/13 (金) 10:46

» 問題のあるレビューを報告する

« 前へ| レビュー一覧へ (2/3) |次へ »

レビュー投稿
※3000字以内シェア シェア

投稿ガイドライン利用規約をご確認ください。

観たレポ投稿

    男女比

    年齢層

    グッズの待ち時間

    会場の混み具合

どのような雰囲気でしたか? ※複数選択可
ライブ満足度

投稿する キャンセル

レビューを投稿する

バナー