{}

vivid undress

BARBARS presents!「RUBBERGIRL Special!」

2016/08/19 (金) 19:00 開演 @新宿LOFT (東京都)

ライブ情報に戻る

« 前へ| レビュー一覧へ (1/1) |次へ »

チャーリー若松さんのレビュー

弾き語り〜バンドまで、メインステージとバーステージを使って総勢7組の対バンでした。

3番目に登場したvivid undress

シーラカンスダンス
Dance Dance Dance
生きて生きて
Bring me a light
パラレルワ
君がくれた未来

アゲ曲のみで構成した対バンヴァージョンでした。
昨日の下北沢ReGよりもPAバランスが良く、音圧がありながらヴォーカルも聴き取れ、ギターも程良く抑えられていました。

リッケンバッカーを掻き鳴らしながら歌うkiilaのハイトーンはアニメ声然としているけど、ナイフのように言葉と共に突き刺さって来る。
個人的にこの手の女性ヴォーカルが好み。

バンドとしてノリに乗ってる旬な音のまとまりを見せ、短い時間にパワーを詰め込んだパフォーマンスには圧倒されました。



今日はBARBARS主催恒例の『RUBBERGIRL』というイベント。
イベントスタートからラストまで観ると¥500キャッシュバックというユニークな企画も、、、(笑)

BARBARS湊梨央子と田中未希が外タレに扮したオープニングアクトからスタート。

しなまゆ
Sachiko(Flip)
vivid undress
ヒグチアイ
キノコホテル
Sugar 'N' Spice
BARBARS

といった顔ぶれ。


最もポップな曲を聴かせた男女混合4人組しなまゆ、ヴォーカル モリユイの声量ある歌声が力強く1番手として会場を温めた。

活動休止中のガールズバンド「Flip」ヴォーカルSachikoは弾き語りで、Flipオリジナルやカバーに加え新曲も披露、今後の弾き語り活動に向けて新曲を作っていく姿勢を見せた。

ピアノプレイにも巧さを見せたヒグチアイ。
弾き語りによる美しく力強く情感込めた歌声が心に沁みた。

今日一番印象的だったのがキノコホテル。
キノコヘアとGS風衣装に60年代風歌謡ロックをノイジーに聴かせた。
一見アヴァンギャルドで滅茶苦茶な印象を与えながら、実は緻密に計算されたアンサンブルの妙、ヴォーカル&キーボード マリアンヌ東雲がサディスティックに煽るMCの背後で終始リズムキープするベースとドラム、派手さはないものの実に上手い!
緩さのない完璧なエンタテインメントには脱帽した、、、ので物販にてアルバム購入!(;^_^A

ストレートなパンクロックを聴かせたSugar 'N' Spice。
容姿の可愛さから女子高生ガールズバンドかと思いきや結成10年!?
てことは三十路バンド!?びっくり!
出演者中、最も取り巻きの声援が大きく、モッシュからクラウドサーフまで起きる盛り上がりを見せた。

トリは主催のBARBARS
ギター湊梨央子とベース田中未希によるツインヴォーカルがPUFFYのバンド版といった印象。
ドラムがサポートながらロックトリオとして堂々たるステージには風格も漂った。


個性は違えど共通して素晴らしいパフォーマンスを見せた出演者に拍手。
楽しい一夜でした。

  • いいね! 0
  • コメント 0
  • 2016/08/20 (土) 10:43

» 問題のあるレビューを報告する

« 前へ| レビュー一覧へ (1/1) |次へ »

レビュー投稿
※3000字以内シェア シェア

投稿ガイドライン利用規約をご確認ください。

観たレポ投稿

    男女比

    年齢層

    グッズの待ち時間

    会場の混み具合

どのような雰囲気でしたか? ※複数選択可
ライブ満足度

投稿する キャンセル

レビューを投稿する

バナー