RAMMELLS

INTERVIEW

RAMMELLS
ロングインタビュー

2017年12月にメジャーデビューを果たし、結成からわずか2年あまりにもかかわらずその存在と音楽性が大きな注目を集めるRAMMELLS。彼らは2作目の作品となるミニアルバムを『take the sensor』と名付けた。“己の感性を信じろ”――リスナーへ投げかけると同時に、自らを律するかのようでもあるメッセージが明確な一本の芯として全6曲を貫いている今作では、バンドが試行錯誤の末にクリエイターとしても表現者としても新たな挑戦を刻みつつも、変わらないもの・変えてはいけないものは何か?を見出したようにも映る。その制作過程で何を考え、どうアプローチをして行ったのか、4人全員に話を聞いた。


自分の感性、“sensor”をちゃんと信じようみたいな気持ちが、さらに強くなってきた

アルバムのタイトルが『take the sensor』で、リード曲が「Sensor」。アルバム全体に通じる意思がそこに集約されているように感じたのですが、この“sensor”という言葉にどんな意味合いを込めたんでしょうか。価値観とか己の感覚、センスなど、様々に受け取れますよね。

村山 努:アンテナとか、感受性みたいな、そういう感じ?

真田 徹:うん。自分のセンスとかを信じてずっとやっていく、ということなんですけど。あとは……

黒田 秋子:……あれじゃない? デビューして、いろんな人と出会ってきて……

真田:そう! そう!

黒田:まだあんまり言ってないんだけど(笑)。

真田:(笑)。デビューしてからいろんな意見をいただくんですけど、その過程で自分が最初に思っていた意見が違うものになりそうになるんです。絶対に人の意見を聞かないわけじゃないですけど、でも最終的に決定するときは自分のやりたいこととか、好きなことに強い意思を持っていよう、みたいなことですね。

といっても、別にこれまでにそこがブレてしまったというわけでもなさそうですけど。

真田:ないですね。だからまだ、大人に言われたことを何も受け入れてないというか、「じゃあそうします」ってなったことはないかもしれない。

何か言われること自体はあるんですか?

真田:あ。ありますよ。この「Sensor」の歌詞も結構全体的にダメ出しをくらって、「ふざけんなよ」って思って。だから最初の3行とかはその人へのこう――

黒田:そうだったんだ(笑)。速攻で出てきたもんね、これ。

村山:初めて聞いた(笑)。

彦坂 玄:でも選択するのは結局自分たちなので、みんながそこの“sensor”の感度をブレずに持ってなきゃっていうのは、いろんなことに共通して言えるなって。

たしかに。そここそが今作のキモにもなると思いますけど、そういうマインドってこのメンバーが集った時点からあるものですか?

黒田:たぶん個々にはあったんだと思います。でも、最近そういう自分の感性、“sensor”をちゃんと信じようみたいな気持ちが、さらに強くなってきたというか。自分がしっかりしなきゃなっていう思いが、今作ではどの曲にも組み込まれていると思いますね。

周囲の人間から言われる意見や評価へのカウンター意識がある上で、対リスナーという面では、そのあたりをどういう風に受け止めているんですか?

村山:MVとかYouTubeに上げたりすると、ダイレクトに良い/悪いって出るじゃないですか。そこでBADが付くのは結構楽しんでます。

真田:顔も名前も見えないから、みんな好きに言いたいことをコメントしてくると思うんです。でも、たとえコメントで「良くないね」みたいなことを書かれていたとしても、それをわざわざ書くぐらいだから、何も引っかからない音楽よりはいいんじゃないかっていう風に思ってます。……じゃあ書かなきゃ良いのになとは思いますけど(苦笑)。

彦坂:良い意見ばっかりじゃないのはすごく痛感するけど、それでも好きな人はいてくれていて、そこも自分たちの“sensor”をーーやばい、全部絡ませようとしてる(一同笑)。

(1/3)

MOVIE

LIVE SCHEDULE

MORE

RELEASE

LiveFans

ここ数年のシティポップブームに新たな風を送り込んでいるのがRAMMELLS!全員が音大出身、そしてソングライティングを務めることができるという実力者集団。それゆえ、ジャズ、ブラックミュージック、ファンク、ソウル、ブルースなど、1つのジャンルにとらわれない様々な音楽性を含んだ楽曲を生み出しています。そんな楽曲に力強さを与えてくれるのがVocal&Keyboardを務める黒田秋子の歌声。都会的で洗練されたサウンドの中にこのかっこいい歌声は、ズルい!好き!

PROFILE

RAMMELLS

ギターの真田徹が、自分の求める最高の音楽を実現させるために大学時代の先輩である黒田秋子、村山努を誘って2015年8月に「RAMMELLS」を結成。2016 年に彦坂玄をドラムに迎え、ライブ活動を本格的にスタートする。
ロック、ファンク、ソウル、ジャズ、シューゲイザーを消化し、そこから紡ぎ出される音楽性と、表現される黒田秋子の歌声が早耳の音楽リスナーから注目される。

2017 年、更なる活躍に期待がかかる今知っておくべきバンドとしてピックアップされ、2017 年 12 月メジャーデビュー。2018 年 3 月デビューアルバム記念のワンマンライブでは、WWW を完売させ、大成功をおさめる。2018 年 7 月 11 日 メジャー2 作目「take the sensor」をリリース。

  • Twitter
  • インスタグラム
  • Facebook
  • Youtube