ARCANA PROJECT

アルカナプロジェクト

ARCANA PROJECT

オフィシャルサイト:

ARCANA PROJECT のコミュニティ:

アーティストの情報交換や好きなテーマについておしゃべりを楽しもう。

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(24件)

ARCANA PROJECT FANMEETING LIVE Vol.4

2021/12/26 (日) 18:00開演 @ TSUTAYA O-nest(東京都)

Fさん

本日のアルカナさん二戦目は、Spotify O-nestにて「ARCANA PROJECT FANMEETING LIVE Vol.4」。この場所としては二月以来の主催イベント四回目にして、ライブイベント納めとなります。FC限定と言うわけでもないのですが、ワンマン形式で開催されます。後のMCでも語られるように、10月に開催されたリアルワンマンよりも少し、肩の力を抜いたカタチを取っています。なお前回は着席制だったのが今回はオールスタンディングになっているところも、往時に戻りつつある兆候を感じさせます。 定刻前に影ナレとしてメンバーがフリートークするラジオが放送されることも本イベントの恒例で、セットリストを匂わせるようなご発言もあったり。やがて定刻となり、overtureとともに現行の白衣装に身を包んだ五人組が上手からご登場。 まずは「たゆたえ、七色」で沖縄の雄大な海を歌い上げてからの「迷わないConquest」。アルカナさんには特定のテーマカラーが各楽曲に設定されていることも特徴で、ステージライトがその各色をベースに設定されていることも、主催イベントならではのポイントです。 MCでは、ファンミーティングが久しぶりに開催されたことを喜ぶとともに、ステージからの距離が近いことなどが本イベントの特徴として挙げられます。 ここからワンマンでもやらなかった楽曲として「新・Fairytale」および「Re:JUDGEMENT」。カワイイとカッコいいの両極端な作風であり、ファーストシングルの際にユニット内ユニット楽曲として披露されて以来、その性質のためかとてもレアな機会となっています。ここで5人組に戻って「Ace of Pentacles」。これまた尖った雰囲気となっており、歌いきってからMCに切り替わる際のテンションの行方に戸惑っておられる様子がとても興味深い。 MCではチルタイムと称して企画コーナーが2つ持ち込まれます。まずは「今年の漢字は何カナ」。今年を象徴する漢字が各メンバーから紹介され、順に花宮さん:食・相田さん:波・天野さん:海・桜野さん:考・空野さん:海。文字が被るだけでなくさんずいが多めに分布するあたり、白い砂のアクアトープの影響が伺えます。 続いての企画は、アルカナサンタからのプレゼント。チケット番号を基準に、オリジナルアイテムが続々と抽選されてゆきます。 ここからは後半戦。その最初はファンへの感謝と愛をこめた楽曲として、カバー曲「五等分の気持ち」(中野家の五つ子)。アニメ「五等分の花嫁」OP曲であり、五人組が愛を送るこの文脈にとても適っています。からの「キミトナラ」で手を振って、フロアとステージが一体となります。 MCでは、先日ついに大団円を迎えた「白い砂のアクアトープ」を振り返って終盤へ。その第二クールOP「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか」からの「星影のファンタジア」で盛況のうちに終戦。カバー曲を含めた全楽曲がSpotifyにも収録されているのは、場所柄たいへんご縁を感じるところです。 #軍記 #ds_setlist #アルカナふぁんみ

『超!A&G+スペシャル』presents 超!クリスマスパーティーLIVE!DAY2

2021/12/26 (日) @ 科学技術館 サイエンスホール(東京都)

Fさん

本日のアルカナさん一戦目は、科学技術館サイエンスホールにて「超!A&G+スペシャル presents 超!クリスマスパーティーLIVE!DAY2」。奇しくも武道館と同じ敷地の歴史あるホールで開催された、文化放送主催のアニソンイベントであり、共演者には他局ラジオで共演を重ねている長谷川玲奈さんも居られます。 トッパーながらもフロアのいろんなところから、見てみたかったので丁度良かった旨の声が聞こえてきます。 定刻となり、overtureとともに現行の白衣装で現れた5名様による最初のナンバーは「夢で世界を変えるなら」。掴みにもピッタリなアニソンです。からの「星影のファンタジア」。ノンタイアップを敢えて投入することで関心の糸口が増えることを願ってやみません。 MCでクリスマスをお祝いするとともに、A&Gの番組に出演なさった経緯を改めてご紹介になります。続いては初めてのアニソンタイアップ案件「カンパネラ響く空で」。 先日大団円を迎えたアニメ「白い砂のアクアトープ 」に触れると、そのOP曲から「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか」および「たゆたえ、七色」。締めにこちらを持ってくる流れは、まさに本作の最終回と同じ展開であり、セトリの妙に感銘を受けているうちに終戦。 #軍記 #ds_setlist #agクリパ

超アニソンライブ2021

2021/12/05 (日) 18:00出演 @ りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 コンサートホール(新潟県)

Fさん

本日の戦場は、新潟市民芸術文化会館にて「超アニソンライブ2021」。地元で長く開催されている「がたふぇす」のアニソンイベントとなり、本会場は2017年にTIF地方選抜の決勝戦が行われた県民会館と同じ敷地内にあります。 柏崎市のご当地キャラさんが本イベントに関与しておられることもあり、MCでもある成瀬さんと空野さんが共演された短編アニメ「とびだせ!柏崎」が開演前に放映される演出も見られました。 きただにひろしさんが熱く盛り上げた流れを汲んで、アニソン縛りながら歌唱力を魅せて、先輩Mia REGINAさんへバトンを繋ぐご活躍でした。 overtureと共に、現行の白衣装に身を包んだ5人組がご登場。まずは「夢で世界を変えるなら」。 MCでは、ユニットとしては初の新潟であることに触れつつ、現在放送中のアニメ「白い砂のアクアトープ」タイアップをご紹介になります。 「たゆたえ、七色」そして「とめどない潮騒に僕たちは何を歌うだろうか」のOP2クール分は、曲も歌詞もダンスも雰囲気の異なる作品で、初見の方々にも印象深く映ったことでしょう。 MCとのトークコーナーは新潟の感想について。北陸の蒼い彗星さんにとっては勿論お馴染みの土地ながら、初めて訪れるメンバーさんも居られ、それぞれのエピソードが語られました #軍記 #ARCANAPROJECT #がたふぇす #超アニソンライブ

レビューをもっと見る

プッシュ通知

プッシュ通知をオンにして、ARCANA PROJECTの最新情報をウォッチしましょう

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });