×

LiveFans PUSH!

【ライブレポート】UVERworldがSTAR STAGEに登場!熱狂が渦巻く圧巻のパフォーマンスで魅了する!<VIVA LA ROCK 2019>

2019/05/23

5月3日から6日にかけて、さいたまスーパーアリーナで「VIVA LA ROCK 2019」が開催されている。3日目となったSTAR STAGEにUVERworldが登場した。

大歓声が巻き起こるなか、ドラム・真太郎の強烈なドラムソロに導かれるオープニングナンバーは『Touch off』。ステージ後方のビジョンに歌詞が映し出される。「UVERworld、はじめます!」というボーカル・TAKUYA∞の第一声で、フロアの熱気は一気に上がっていく!

そして2曲目、『GOOD and EVIL』。スケール感のあるEDMサウンドに会場のクラップが止まらない!オーディエンスは序盤から最高潮の盛り上がりに。

続く『PRAYING RUN』ではステージ後方のビジョンのリリックに合わせて、オーディエンスの「全部やって確かめりゃいいだろう」のシャウトが何度も響く。crewと呼ばれる観客の興奮も既にピークに達しているようだ!

TAKUYA∞から「こんなにもでっかいステージに呼んでもらって、ありがとう!」と感謝の言葉が伝えられると、4曲目『ODD FUTUTRE』をぶちかます!

「今日はとっても楽しいです!俺たちはフェスを盛り上げられるアーティストになりたかった!」とTAKUYA∞の歓喜の声から、次に繰り出されるのは『ALL ALONE』。UVERworldらしい、力強く前を向く強さを感じる楽曲にフロアから「ウォー!」という野太い歓声が上がる。そして次に続く『ConneQt』をがっつりと聴かせた。

続いて、TAKUYA∞から「マキシマム ザ ホルモンの2号店のオーディションに俺、落ちたんだよ!だったらここでやってやるよ!!!」と、ここで『恋のメガラバ(cover ver.)』を披露。途中からホルモンのメンバーが登場すると、このサプライズにTAKUYA∞も驚きを隠せない。会場のテンションもこれ以上にないほどに沸く!

そして、ライブも終盤を迎え『IMPACT』でステージからフロアへ!会場の熱気は留まることなく高まっていった。

「さいたまスーパーアリーナ!最高のビバラにしようぜ!まだまだ聞かせたい俺たちの曲がいっぱいある!」とTAKUYA∞が力強くコメントし、ラストナンバーは『EDENへ』。盛大なシンガロングで会場が一体感となり、究極にストイックな姿を観せてくれた。

 

 

【セットリスト】

2019年5月4日 VIVA LA ROCK 2019 STAR STAGE / UVERworld

M01:Touch off

M02:GOOD and EVIL

M03:PRAYING RUN

M04:ODD FUTUTRE

M05:ALL ALONE

M06:ConneQt

M07:恋のメガラバ(cover ver.)

M08:IMPACT

M09:EDENへ

外部記事

関連アーティスト

関連ライブ

レポート一覧に戻る

音楽番組ガイド

バナー
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });