×

LiveFans PUSH!

RAISE A SUILEN

レイズ・ア・スイレン / RAS

RAISE A SUILEN

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(5件)

RAISE A SUILEN SPECIAL LIVE「Repaint」

2022/02/07 (月) @ Zepp DiverCity(東京都)

ゲストさん

 入場すると反り立つような大スクリーンに圧倒されました。個人的には初めてRASのライブで2列目を当てたという新鮮さと、ZEPPというバンドリのライブ会場としてはステージにとても近い会場だったということがその迫力をより一層強めていました。  当時の私はFaLiLV初見でしたので、以下はRASしか聴いてこなかったヲタクの感想になります。  まず一曲目のReturn to Zeroで度肝を抜かれました。そしてRave-up Tonight。たまたまCMで沢山聴いていた曲だったのでインストが聞こえた時は思わず天を仰ぎました。続く曲のほとんども知らないでしたが、とっても盛り上がれました。特に印象的だったのはSo君が「サイリウム振って~!」といってくれて会場が真っ赤になったことや、Tetsuya君の扇風機が妙に巧かったこと、Taikiさんの目が可愛かったこと、Minamiさんの煽りが激しすぎて楽しかったこと、Tomonoriさんがドラムスティックでサイリウムのモノマネをしていたことです。RASファンとしては、「ヲタクに理解があるんだ!」とか「こんなに頭振っていいんだ!(むしろChase the Light!では首がもげそうでした)」と感じた覚えがあります。また演奏技術の高さにも驚きました。何より手数の多さ、そしてその正確性が素人でもわかるぐらいでした。そしてたった1時間で12曲という詰め詰めのセトリ。「今日はもうお腹いっぱいだわ~」と言ってしまうほどの疲労感と満足感で休憩を迎えました。今思えば、この12曲はFaLiLVの持ち曲の中でも厳選された人気曲ばかりでした。あれ以来、関東圏にFaLiLVが来るときはほぼ必ずライブに行くほどドはまりしてしまいました。  そして後半のRASパート。ソルソルが一曲目というところにRASの本気度を感じました。そしてRASバージョンのKeep the Heat(以下略)を聴けるかと思っていたらまさかのJust Awakeカバー。いい意味で期待を裏切られました。  そして今回のメイン、Repaint。パレオファンとしてはうれしいパレオちゃんパートがある曲でした。この曲はFaLiLVさんリスペクトでダンス付き。FaLiLVの良さ全開でありながらRASとの親和性もバッチリな曲でした。そして初お披露目ラッシュの3曲目はバンドストーリー2章のコラスケ。当時はゲームから離れていたので、この日はじめて聴きました。「I'm here. I'm. I'm here. I'm」というところが不思議で個人的にツボりました。  気になる!NVADEの煽りは、お台場ということで「表にあるガンダムに乗っけて宇宙までぶっ飛ばすぞ!」的なやつでした。余談ですが、このあとに必ずつむつむがやる一言リアクションは全部アドリブらしいです。お蔭でピアノソロ前の「3,2,1,Go!」を言い忘れるらしく、玲鳳ちゃんが戸惑うそう。なので「①ちゃんと言う②忘れる③チェルさんが加勢してふたりで被る」みたいにライブごとにパターンが分かれる注目ポイントだったりします。  個人的に残念だったのは二組のステージでの掛け合いが無かったことでしょうか。それに関してはMEGA VEGASで実現したようでよかったです。あとグッズにライブのロゴが使われていなかった点です。タオルにあのロゴ入れて欲しかったです。  とはいえ、チケ代27,000円、払った価値は十分にあった素晴らしいライブでした。コラボ第三弾もしてほしい!

ブシロード新春大発表会

2023/01/09 (月) 20:30開演 @ TOKYO DOME CITY HALL(東京都)

ゲストさん

 新春発表会自体はバンドリ以外のコンテンツのミニライブなども含んでいたため4時間ほどの長さで流石に疲れてきていた頃、ようやくRASによる締めのライブが始まりました。入場無料な上、「ミニライブ」との触れ込みでもありましたのであまり過大な期待はしていませんでした。  まず一曲目はコラスケでした。個人的にライブで聴きたい曲でしたのでとてもうれしかったのですが、予想していなかったことにショートバージョンで終了。間髪あけずに!NVADEへと移りました(タオル無し)。ライブで大きく盛り上がるこの2曲をショートバージョンに凝縮して一気に演奏したことにより会場のボルテージはライブ終盤かそれ以上に上がってきました。  その勢いでダンス曲の灼ボン(後奏あとのおかわりダンスがあったかは忘れてしまいました)。ここまで人気曲続きで来てからのショートバージョンR.I.O.T。あっという間の4曲でしたがセトリの工夫のお蔭で大満足。「流石にこれで終わりか」と思ったらまさかのヘルヘル。会場がさらに湧き上がり思わず声が漏れる人もいるほどでした。さらに最後はEXPOSEで本当の締め。  怒涛のような人気曲ラッシュでたった6曲とは思えないほどのいいライブで、年明けからRASの良さをたっぷりと堪能できました。  会場自体はコンパクトで、久々にZEPP並みの近さで見ることが出来ました。他コンテンツのミニライブも近くで見られてうれしかったです。座席の間隔が狭くて灼ボンに困ったのと、コインロッカーの料金が高めだったのが気になった点です。あと、その日に配布されたチラシがトイレに放置されていたのは残念でした。

RAISE A SUILEN LIVE 2022「OVERKILL」

2022/06/19 (日) 17:00開演 @ 富士急ハイランド コニファーフォレスト(山梨県)

ASTROBOYさん

念願のRAISE A SUILENの単独ライブに初参戦して来ました。 前日は野外ライブの洗礼を受けましたが、当日は昼間は暑かったもののライブが始まる頃には優しい風が吹くようになり、暑くもなく寒くもなく、絶好のコンディションでした。 でも、ライブは、期待していたとおり、熱く、激しく、やっぱりライブ最高っ!でした。 生で観ると映像では分からないメンバーの動きが観えて、新しい発見と驚きがあって、ハコ推しのつもりでいましたが、心が揺れています。 特にPAREOさんは、こんな攻めるkeyboardを観るのは初めてでビックリしました。常に体を動かして、体全体で音楽を表現していて、ミュージシャンと言うよりまるでアスリートのようでした。そしてカメラ目線のキメ顔、癖になってしまいました。 勿論、MASKINGさんのパワフルなドラム、LOCKさんのギターテク、RASの特徴でもあるCHU2さんのラップ、そしてLAYARさんの歌唱力、どれをとっても一級品であることは間違いなしですね。 是非またライブに行ってみようと思います。 (アニメを見ていないため、設定等に誤りが有りましたら、個人的な感想ですので、何卒ご容赦願います。) 【追記】 MCのときやライブの最後に、何度もスタッフさんに対する感謝の言葉を口にしていましたが、そういうアーティストさん大好きです! アーティスト、オーディエンス、スタッフが一体となってステージを作るんだという思いが伝わって来ます。

レビューをもっと見る

シャウト 投稿

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー