K:ream、スタジオライブから「空白の春」「Stars」のディレクターズカット版を公開

2021/04/28
K:ream

K:reamが2nd EP『hologram』の発売を記念し、4月21日(水)にSPACE SHOWER TVのYouTubeチャンネルとLINE LIVEで生配信されたスタジオライブ『K:ream Streaming Live “K:ey of us”』から、「空白の春」「Stars」のディレクターズカット版を公開した。

今回行われた配信ライブは、来週末5月8日(土)に開催となるワンマンライブ『K:ream One Man Live “K:ey of us”』と同様、メンバー2人のみでの演奏スタイルで行われた。楽曲もCD音源とは違ったライブならではのアレンジとなり、内川はピアノとギターを、鶴田はギター、シンセサイザー、プログラミングに加え、サンプリングパッドでのドラムやバイオリンも演奏し、2人の音楽性の高さを表現したスタジオライブとなった。

本日公開したライブ映像は、生配信時の映像を再編集したディレクターズカット版となり、「空白の春」では、内川がピアノ、鶴田がギターと、K:reamの純粋な形での演奏に。「Stars」では、内川がアコギ、鶴田がシンセサイザー、そして幼少期より10年習っていたというバイオリンを初披露している。

なお、5月8日(土)開催のワンマンライブ『K:ream One Man Live “K:ey of us”』のチケットは、現在イープラスにて先着先行を受付中。


 

 

関連ライブ

関連アーティスト

新着情報

ニュース一覧に戻る

バナー