【ライブレポート】感覚ピエロ、夜のJAPAN JAM 2018を最高潮へと誘う!! アンコールで『拝啓、いつかの君へ』披露!

2018/06/06

JAPAN JAM 2018、最終日。5月4日(金)から3日間、千葉市蘇我スポーツ公園にて行われてきた野外フェスは、フィナーレに向かう。

3日間続いたフェスも終盤。 LOTUS STAGEのトリは、旬のアーティスト・感覚ピエロ、通称・感エロだ。JAPAN JAMには、今年で2回目の出演となった。

カラフルなライティングとノリの良いメロディーでポップな印象の『CHALLENGER』では、LOTUS STAGEがディスコになったかのように観客は踊り狂う。

パープルのライティングが妖艶で感覚ピエロを感じずにはいられない演出がイケてる『疑問疑答』を、全身全霊でパフォーマンスした。映画の主題歌に起用されたのも記憶に新しい。

さらに、爽やかなはずのグリーンと可愛らしさを感じるはずのピンクのライトが混ざり合うことで怪しげな雰囲気を作り出し、『give me』を披露した。

【ライブレポート】感覚ピエロ、夜のJAPAN JAM 2018を最高潮へと誘う!! アンコールで『拝啓、いつかの君へ』披露!

【ライブレポート】感覚ピエロ、夜のJAPAN JAM 2018を最高潮へと誘う!! アンコールで『拝啓、いつかの君へ』披露!

ボーカル兼ギター・横山直弘は、「(ステージの)前から後ろまで遊ばせてやるよ!俺らと一緒に遊ぶ準備できてるか?」と観客の心を掴みにかかった。続けて、サビがキャッチーな『無い ナイ 7i』を披露すると、観客のダンスは止まらない。

「JAPAN JAMに、新曲持ってきました!」と、横山が高らかにコールし、『一瞬も一生もすべて私なんだ』を丁寧に演奏した。

「今日、最後にタオル使う場面だよ。最高のステージを一緒につくる準備は、いいですかー!」LOTUS STAGEにいる人の頭の上で、タオルがぐるぐると回る光景を作り出した『A BANANA』。圧巻だ。そして、ここで『O・P・P・A・I』だ。歌詞の「OPPAI」を会場全員で叫ぶことで、会場が一体となってゆくのがわかる。横山は、「こんな野外で、『O・P・P・A・I』歌って、気持ちいいやつ手あげろー!」と、最高に盛り上がるひとことを言い放った。

また、イントロが演奏されるなり歓声が上がったのは『A-Han!!』。ここでも観客のダンスは続く。

横山が、「次の曲がラストです。」とゆっくり告げると、「もう終わっちゃうのー」という観客の声が周りから聞こえてきた。楽しい時間はあっという間だ。裏声がセクシーな『ハルカミライ』を感謝の気持ちを込めて観客に届けた。

【ライブレポート】感覚ピエロ、夜のJAPAN JAM 2018を最高潮へと誘う!! アンコールで『拝啓、いつかの君へ』披露!

【ライブレポート】感覚ピエロ、夜のJAPAN JAM 2018を最高潮へと誘う!! アンコールで『拝啓、いつかの君へ』披露!


LOTUS STAGEでは、アンコールの手拍子が鳴り止まない。

それに応えてメンバーは再度登場し、「あんたと俺たちのJAPAN JAM にしてもいいですか!」と勢い良くコメントした。ドラマ主題歌としても人気が高い『拝啓、いつかの君へ』で、夜のLOTUS STAGEのテンションを最高潮へと誘った。

(取材/文:村松美紀)

 

【ライブレポート】感覚ピエロ、夜のJAPAN JAM 2018を最高潮へと誘う!! アンコールで『拝啓、いつかの君へ』披露!

JAPAN JAM 2018 LOTUS STAGE
感覚ピエロ

M1 CHALLENGER
M2 疑問疑答
M3 give me
M4 無い ナイ 7i
M5 一瞬も一生もすべて私なんだ
M6 A BANANA
M7 O・P・P・A・I
M8 A-Han!!
M9 ハルカミライ
EN1 拝啓、いつかの君へ

外部記事

関連ライブ

関連アーティスト

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー