【G-FREAK FACTORY・山人音楽祭 2018】愛あるライブで心を動かし群馬から世界を変えたG-FREAK FACTORY

2018/09/25
G-FREAK FACTORY

山人音楽祭 2018【赤城ステージ】 G-FREAK FACTORY

今年は2日間に渡って開催された『山人音楽祭2018』が、もうすぐ終わってしまう……。そんな寂しさを抱きながらも、今か今かとあの男たちの登場を待ちわびる観客のボルテージは、それはもうギンギンに高まりきっていた……。さぁ、いよいよG-FREAK FACTORYのライブが幕開けだ。

超満員の聖地・グリーンドームにそびえる赤城ステージに登場するやいなや、吉橋”yossy”伸之(B)、渡部“PxOxN”寛之(Dr)、原田季征(G)による爆裂アンサンブルがうねりを上げると、ヒリついた緊張感に火がつき熱狂へと変わる。そこに、頭からタオルを被ったままの茂木洋晃(Vo)が叫びを重ね、「最後のバンド、G-FREAK FACTORY参ります!」と高らかに宣言。続く「REAL SIGN」、そして「地元に」と囁いてから歌われた「風林火山」へと、怒涛のステージが繰り広げられていく。この群馬という地の情景と、そこにある人々の確かな心情が、生々しく浮かぶ楽曲のエネルギーの凄まじさたるや。間違いなく、この群馬の土地でぶつけられるからこそ、より真っ直ぐに突き刺さってくる。

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

「昨日の朝からずーっと会場内をウロウロして、もうちょっとこうだったらいいなとか、こういうバンドがこういう音を出してるなぁとか感じていました」と言っていた茂木。確かに、どこのステージに足を運んでもメンバーの姿を見かけた。「始まるまでは、長いなあと思ってたけど、始まったら終わっちゃうんです」とも物悲しく語っていた。きっと誰よりも、あっという間の2日間を寂しく思い、今日という日の終わりを感じていたことだろう。だからこそ、だからこそだ。「無事、2日間開催できそうだよ」と、まだ終わっていない、途中であることを含めた言い回しで感謝を述べていたように思う。終わりが来ることを知っているからこそ、身を挺して訴えかけるように、どこまでも遠くまで届けられるようにマイクを突き出し前のめりに歌っているように感じた。

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

「見せてくれよ俺たちの力を!」と言い放って、今度は「Too oLD TO KNoW」へ。一人一人の顔を確かめながら歌い、勢いのままにフロアに乗り込むと、一歩、一歩と観客に支えられながら前に進んでいく。《汗を流せナミダを流せ/でも二度と無駄な血は流すな》の歌詞の部分では、自然と大合唱が起こった。これだけ多くの人の心に、彼らの音が、言葉が、メッセージが、届いて心に根付いていたことを証明するような場面で胸が熱くなった。

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

また「ダディ・ダーリン」で会場を練り歩きながら歌う姿は、どんな言葉よりも、いかに群馬を想い、集まってくれた人に寄り添ってきたかが伝わってきた。その後、「この国の戦争が終わったあの日から、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震、平成30年7月豪雨、北海道胆振東部地震など、これまで全国各地で猛威を振るった自然災害の数々」に触れ、傷ついた町と人々を憂い、彼らが音楽やライブを通して、一人の人として貫いてきた“誠”とは何なのか、そしてこのフェスに懸ける想いとは何かが溢れ出てくるリリックで語られた。

さらに「ここでしか会えないヤツを全員ライブハウスに連れて行きたい。ライブハウスで全員の安心安全を確認したい。もうちょっと群馬のヤツに災害意識を持ってもらいたい。たった1日、2日のこのフェスで、沢山のやつと知り合ってもらいたい……その一心です」と、全ての想いは、この一節に集約されていた。

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

さらに茂木は続けた。「『山人音楽祭』がずーっと続くと思ってたよ。だけど、永遠なんてないんだよ。必ず終わりが来るんだよ」と、昨年は共にステージに立っていたドラムの家坂清太郎が脱退して、今日のステージにはいないことを語る。何が起こるか分からない、当たり前のことが当たり前でなくなる日があると切に問いかけた上で、「だから……来年もやるとは約束できないけど。でも、もしやれたら……必ず一緒にやろうぜ!」と、胸の内を明かす。そんな今感じている想いを観客と確かめ合うシーンから、ラストナンバーの「EVEN」で本編終了。最後は、初日のNAIKA MCの前説から、2日間を通して様々なアーティストへと渡り、被られていたソンブレロを茂木が頭に乗せ、受け継がれたバトンをしかと受け取りステージを降りた。

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

鳴り止まないアンコールと共に、昨日のオーラスのステージと同じ、携帯の明かりがステージを照らす眩い光景でメンバーを呼び戻した観客。それをみて、再登場したメンバーの顔には笑顔がこぼれ、茂木も「なんとか成功したって言えそうです」とコメント。本当の本当のラストは、「日はまだ高く」で今日の出演者がステージに駆け寄り、ROTTENGRAFFTYのN∀OKIとコラボを披露。

ステージからN∀OKIが、「茂木!群馬……最高やなー!」。それを受けて茂木は、フロアの真ん中で、観客に囲まれながら「みたか!群馬!」と誇らしく叫んだ。そんな感動的な掛け合いが繰り広げられるフィナーレとなった。

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

《情けない故郷に愛を/限りない故郷に愛を》
この歌詞に尽きる。愛に溢れたステージで、人々の心を動かし、二日間開催という挑戦を経て、群馬から世界を少し変えてしまったのではないか。茂木が言っていた通り、また来年、必ず開催されるとは限らない。だけど、無事開催された暁には、未だ誰もみたことない境地を見せてくれることだろう。それまで茂木が真摯に訴えかけていたように、毎日を安心安全に過ごした上で、群馬に集結しよう。限りない愛を持って集まればまた、昨日今日のように、みんなで世界を少し変えられるかもしれない。


文=大西健斗 撮影=HayachiN

G-FREAK FACTORY

G-FREAK FACTORY

セットリスト

山人音楽祭 2018【赤城ステージ】 G-FREAK FACTORY
1.大地の勇者たち
2.Unscramble
3.REAL SIGN
4.風林火山
5.Too oLD TO KNoW
6.ダディ・ダーリン
7.EVEN
[ENCORE]
8.日はまだ高く

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー