×

フェス特集2023

ego apartment グルーヴィーな演奏と胸の奥に迫るメロディが一体となり高鳴っていく感触、初のワンマンツアー東京公演をレポート

2023/03/23
ego apartment

EGO APARTMENT -TRANSIT-
2023.3.12 TOKIO TOKYO

Spotifyの「RADAR: Early Noise 2022」に選出されるなど、ネクストブレイクアーティストとしての大きな期待が寄せられている3人組音楽ユニット・ego apartment。英語と日本語を交えた歌詞、ソウル、ヒップホップ、R&B、様々なダンスミュージックのエッセンスを融合させて、ツインボーカルを活かした独自のサウンドを発信している彼らは、海外のリスナーからの熱い注目も集めている。3月9日(木)大阪・梅田Zeela公演を皮切りにスタートし、3月11日(土)名古屋・ell.FITS ALL、3月12日(日)東京・TOKIO TOKYOを巡った初のワンマンライブツアー『EGO APARTMENT -TRANSIT-』。東京公演の模様をレポートする。

Peggy Doll(ペギードール)

Peggy Doll(ペギードール)

会場内が暗くなり、ステージに現れたDyna(Ba)、Peggy Doll(Gt,Vo)、Zen(Gt,Vo)。3人を出迎えた観客の拍手と歓声がものすごい。彼らの音楽を生で体感するのを楽しみにしていた人々の様子が、周囲の空気からまざまざと伝わってきた。そして、マシンビート、シンセサイザーの幻想的な音像が鳴り響き始めた後、3人の演奏も合流。耳を傾けていると自ずと身体を揺らしたくなったジャムセッションを経て1曲目「huu」がスタートすると、満杯のフロアは瞬く間に幸福度100%のパーティー会場と化した。低音を利かせたZenの歌声、Peggy Dollのハイトーンボイスのコンビネーションも心地よくて仕方ない。続いて「Sensation」と「Weigh me down」も届けられたが、あの感覚を何と表現したら良いのだろうか? アッパーなサウンドで煽るのではなく、濃密なグルーヴでリスナーの心の奥を温め、ダンスへと優しく誘うかのようなego apartmentの魅力をじっくりと堪能したオープニングの3曲だった。

Dyna(ダイナ)

Dyna(ダイナ)

演奏がスタートするや否や観客の手拍子も加わり、人肌の温もりに満ちた盛り上がりが生まれた「NEXT 2 U」。ジャムセッションを経てスタートし、開放的な空間を作り上げた「Wrong with u」を披露した後、汗をタオルで拭ったDyna。Zenがギターを持ち替えている間、「サウナは好きですか?」と観客に語りかける姿は、自然体そのもの。演奏している時は神々しい3人なのだが、時折のMCタイムでは親しみやすいキャラクターを思いっきり滲ませる。ほんわかとした魅力も垣間見せつつ、極上のサウンドがさらに届けられていった。ミラーボールの光で照らされたフロアが穏やかな喜びで満たされていた「mayonnaise」。観客のダンス衝動をさらに加速した「N o o N」……ライブ中盤のこの辺りの時点で、フロアで踊る人々の心は、彼らの音楽に完全に魅了されていたのだと思う。アルバムで聴いても最高だった「FOG」や「the wire」も、生で体感すると一際輝いて感じられた。

Zen(ゼン)

Zen(ゼン)

Peggy Dollがギターを奏でながら瑞々しい歌声を響かせたエルトン・ジョンのカバー「Tiny Dancer」。その直後に始まったジャムセッションは、やがて「1998」へと突入。シンセサイザーの音像、ファンキーなビート、フロアで踊る人々の波動が完全に一つになっていた。Dynaのベースプレイが先陣を切り、エネルギッシュなダンスビートを開花させた「TV」。恍惚を誘う音像で酔わせてくれた「SUN DOWN」。そして本編のラストは「Loose」。昨年リリースされたアルバム『EGO APARTMENT』のエンディングをドラマチックに飾っていたこの曲だが、やはり素敵だった。3人のグルーヴィーな演奏、絶妙なツインボーカルのコンビネーション、胸の奥にまでグッと迫って来るメロディが一体となり、じっくりと高鳴っていくあの感触は、またぜひ味わいたい。

アンコールを求める大きな拍手と歓声に応えてステージに戻ってきたDyna、Peggy Doll、Zen。観客に改めて感謝の気持ちを伝えつつ、オリジナルグッズとして作ったギターのピックが、3種類それぞれで固さが異なることなどをリラックスしたトーンで語り合う3人の様子が微笑ましかった。楽屋で過ごしている時も、おそらくこんな感じなのだろう。そして、4月19日(水)WWW (東京)、4月28日(金)BIGCAT (大阪)――2箇所で今回のツアーの追加公演が開催される旨が告げられた後、「完走しちゃいますか?」というDynaの言葉を合図に演奏がスタート。アンコールで披露された「REACH!」と「Call me」は、終始、穏やかな昂揚感を漂わせていたこのライブを締め括るのに本当にふさわしかったと思う。明るく盛り上がるフロアを眺めながら演奏し、歌声を響かせていたメンバーたちも、とても嬉しそうな表情を浮かべていた。

演奏を終えてステージを後にした3人を見送った拍手と歓声は特大級。BGMとして流れ始めた「it takes two」が、余韻を美しく彩っていた。こうして終演を迎えたワンマンライブツアー『EGO APARTMENT -TRANSIT-』のTOKIO TOKYO公演。先述の通り4月に追加公演が開催されるが、素晴らしい演奏を届けてくれるだろう。ego apartmentは、さらに活躍の場を広げていくはずだ。彼らの音楽に心惹かれている人には、ライブ会場に足を運ぶことをお勧めしたい。きっと、ますます大好きになれると思う。


取材・文=田中大 撮影=Asaoka Eisuke@eisuke_asaoka_photograph

 

セットリスト

EGO APARTMENT -TRANSIT-
2023.3.12 TOKIO TOKYO

1.huu
2.Sensation
3.Weigh me down
4.NEXT 2 U
5.Wrong with u
6.mayonnaise
7.N o o N
8.FOG
9.the wire
10. Tiny Dancer(Elton John cover)

11.1998
12.TV
13.SUN DOWN
14.Loose
<ENCORE>
15. REACH!
16. Call me

ライブ情報

EGO APARTMENT -TRANSIT-
 
※終了公演は割愛

<追加公演>
2023年4月19日(水)【東京公演】WWW
(問)HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999 [平日12:00〜18:00]
https://www.red-hot.ne.jp

 
2023年4月28日(金)【大阪公演】 BIGCAT
(問)YUMEBANCHI(大阪) 06-6341-3525 [平日12:00〜18:00]
http://www.yumebanchi.jp/
 
スタンディング 4,200円(Dr別・整理番号付き)   
受付
1/31(火)12:00〜  https://eplus.jp/egoapartment/
■年齢制限
6歳以上必要、お一人様 4枚まで    
■クレジット
主催:各地 企画/制作:NihyakuWIND 協力:YUMEBANCHI
■注意事項
・政府・開催地自治体 及び 開催会場の対処方針ならびに「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」に準じて開催させて頂きます。
・お客様を含む会場内の映像を配信させて頂き、写真が公開される事がありますので予めご了承下さい。
・営利目的での購入はお止め下さい。
の営利目的の購入申し込み、及び転売行為は一切禁止です。
転売されたは無効となりご入場出来ません。

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー