手越祐也「愛と絆を感じたツアーになりました」ライブツアー『絆 -KIZUNA-』ファイナル公演のレポート到着

2024/03/02

『「手越祐也 LIVE TOUR 2024 絆 -KIZUNA-」FINAL』2024.2.29(THU)@東京・Zepp Haneda

手越祐也が全国5都市を回ったライブツアー『手越祐也 LIVE TOUR 2024 絆 -KIZUNA-』が2月29日(木)の東京・Zepp Hanedaでの2Days公演をもって全日程を完走した。本ツアーは2月1日のKT Zepp Yokohamaでの2Days公演を皮切りに、大阪、愛知、宮城を回り、最終公演の東京でラストを迎えた。本稿ではZepp Hanedaの最終日の公式レポートが到着した。

会場のメインステージには大きな六角形をベースに、ツアータイトルの「KIZUNA」「絆」を刻み、ステージ下手側からはピンク、上手側からは白色の照明で照らし観客を迎えた。

開演3分前ごろから「祐也」コールに包まれる会場。定刻の19時を回ると客電が落ち、バンドメンバーに続いて手越が登場。シルエットでありながらオーディエンスの視線を釘付けにした。ブルーの照明がステージを照らしたかと思えば、一瞬の暗転を経て、眩しいほどの強い光が手越を照らした。

今回のライブツアーでは、2Daysそれぞれにセットリストを用意。それほど手越の音楽が増えたという証でもあるのだ。ツアーラスト、Day2の1曲目を飾ったのはミニアルバム『絆 -KIZUNA-』に収録の田邊駿一(BLUE ENCOUNT)が手がけた「everlasting」。オレンジ色の光につつまれながら、ノースリーブにロングジレ姿の手越が軽快なリズムにあわせて歌唱。オーディエンスを歓迎するかのように柔らかい歌声で会場を包んだ。

「ファイナルへようこそ!」と手越の呼びかけに観客からは拍手と歓声があがった。2曲目の「ARE U READY」ではビートに合わせてキレのある歌唱を響かせながら踊り、続く「Addict」では刺激的な世界観でオーディエンスを翻弄。

「Zepp Haneda!」と声を張り「どうもー手越祐也です!」と元気いっぱいに挨拶。「ついにやってきました、ファイナル。みんなちゃんと気合入ってんだろうね?」と投げかけると、手越に負けじと大きな歓声を返すオーディエンス。「今回のツアーの集大成だから、俺はもうこのステージ上で倒れてもいいと思うパフォーマンスをするつもり」と意欲を見せたのに続き、「絆のミニアルバム、すり減ることはないけど、すり減るぐらい聴いてきてくれてるのかい?」と笑いを交えながらファンとの交流を楽しむ一幕も。

会場から元気な声が聞こえてくると、手越は「メンズ、騒がしいぞ(笑)」とツッコミを入れつつも、「いいぞ、いいぞ!今日、日本で熱い会場はここでしょ?」と誇らしげに叫んだ。「絆ツアーはコール&レスポンスがいっぱいあったり、参加してもらったりみんなの参加がないといいライブにならないから。ってことは、みんなもライブを作る仲間だよ!いい?」と呼びかけると、手越のファンであるHONEYYY(読み:ハニー)たちも大きな声で応えていた。

リズミカルなクラップが響く「Hello‼」。そしてステージサイドからパープルの照明を浴びながら「LUV ME,LUV ME」へ。ディスコサウンドを彷彿とさせる音に合わせて、手越は指でサインを送るように歌い踊った。

スモーキーなブルーの灯に照らされ、ここで少しクールダウン。イスに軽く腰かけた手越が、全編英語詞の「HOTEL」を熱唱すると、オーディエンスも「Oh~」と声を重ねる。続く「Snow White」では、コロナ禍に観客の声の代わりとなったベルチャームの音が会場に響いた。一緒に歌ったりベルチャームを鳴らしたり。柔らかい光に包まれながら、まるでワインのマリアージュを楽しむかのように、会場全体が心を寄せ合って音楽を堪能した。

続いて、アコースティックギターの音色が響く「Snow White」から「この手とその手」、そして金井政人(BIGMAMA)が手がけた「face to face」へ。グリーンの細いレーザー光が会場をゆっくりと照らし、手越も一人ひとりと目を合わせるようにステージを歩きながら歌い上げた。

MCに入ると手越は「ここで俺のフリートークが炸裂するから座ってって言うんだけど…」と切り出し、YouTube配信用動画の撮影を行うと発表。前回のツアーファイナルで収録したYOASOBI「アイドル」をカバーした動画が大反響だったことに触れ、「HONEYYYと俺らの最強のライブを他の人にも観て欲しい」と手越。今回はCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」をカバー。収録した動画は「手越祐也チャンネル」にて近日公開予定。

改めて手越は「2月1日から始まった特別なツアーも、無事に全国のHONEYYYのおかげでファイナルを迎えることができました」と挨拶。「2月1日の初日から幕を開けて1カ月で、5カ所を回って10公演もある。しかもDay1、Day2の内容とセットリストが全部違ってね、

この新しい初めてのチャレンジのツアーだからより早く感じる」とこの1カ月を回顧。「2日間を通じて伝えたいことは」と切り出し、同日に発表されたばかりの大谷翔平選手の結婚報道に触れながら、明るいニュースで「ほっ」とするような世の中になればと語った。

その流れで手越からは「手越祐也 シンフォニックコンサート」第3弾の開催が決定したという明るいビッグニュースを発表。5月4日の東京オペラシティ コンサートホールを皮切りに、5月11日には京都コンサートホールなどでも開催予定だという。興奮冷めやらぬ様子のファンからは改めて大きな声援が寄せられた。

後半は「Lovin'U」からスタート。山田海斗・竹中雄大(Novelbright)が手がけた疾走感に溢れるロックな世界観の「Gluttony」。さらに激しさを増す「LOVE SENSATION」、「I'm coming」とディープな世界へオーディエンスを誘い、本編の最後の最後まで突き抜ける歌唱で魅了した。

今回のツアーでは2日間でセットリストを全て変えたのに加え、会場を照らす照明づかいも見どころのひとつ。楽曲の世界観や歌詞の情景・心情描写に合わせて細かくセッティングし、メインステージのみならず、2階席にも届けるようなダイナミックな演出も。カラフルでファッショナブルな光の演出で観客を魅了した。そしてなんといっても手越の歌唱力の凄みを感じるステージだった。繊細で優しいストレートな歌唱を聴かせたほか、シャウトにハイトーン、ロングトーンと迷いのない発声で、最後の最後まで衰え知らず。特に中盤から終盤にかけて、歌声を発すれば発するほどそれがエネルギーになるような、パワフルかつエネルギッシュな歌唱でオーディエンスの心を揺さぶった。

「絆ツアーファイナル、めちゃくちゃ幸せでした。ありがとう」と心を込めて挨拶をした手越。「全国を回って、全国のHONEYYYに会って、俺がソロになってからそばにいてくれる仲間だったり、色んな番組で出会ってきた仲間だったり、そういう人への思いをどういう風にこのツアーで表現したらいいのかなってすごくワクワクしながら考えて」とツアーに込めた思いを告白。

また、ソロアーティストになったばかりの当時を振り返り、「振り返ったら誰もいなくて、あぁこれが現実かって思った日もあったんですけど。でも信念を突き通して、周りの人を大切に一日一日を生きてればきっと伝わる日が来たり、ついてきてくれる仲間がいてくれるだろうって。最初はね、スーパーポジティブとかってSNSをやってたけど、全くそんなことなかったし、めちゃくちゃ落ち込んだこともあった」と明かした。1st Digital Single 「シナモン」を皮切りに、楽曲が増えていくこと、様々なアーティストと仕事ができることへの喜び、そしてファンへの感謝をたっぷりと語った。

本編が終わるとすぐさまファンからは「ダーリン」コールが響く会場。アンコールに応えてTシャツ姿で登場した手越は、眉村ちあきが手がけた「Lover」をはじめ、マイキによる「アダルトブルー」、井上竜馬(SHE'S)による「My Own Beat」と、固い“絆”で結ばれたアーティスト陣が手がけた楽曲を熱唱した。

手越は今回のツアーを振り返り、「改めて愛と絆を感じたツアーになりました」とファンをはじめバンドメンバーやスタッフへの感謝を語った。続けて「こんな最強な仲間が周りにいてくれたら俺は前だけを見て突き進んでいけるし、もっともっとみんなに幸せと笑顔と色んなものを伝えられるように、もっともっと大きくなれるようにがんばります。本当に幸せなツアーでした!どうもありがとう」と笑顔を見せた。

最後は手越の「せーの」の掛け声で、オーディエンスからの大きな「祐也」コールと共にツアーファイナルを締めくくった。

セットリスト

<セットリスト>
DAY1・2/28(Wed)
01. everlasting
02. SUPER SESSION
03. 御どれ踊れや己が苑
04. アダルトブルー
05. ラヴァゲラ
06. Lover
07. Venus Symphony
08. DoLLs
09. face to face
10. OVER YOU
11. Comfort Zone
12. Just Right
13. MAZE WORLD
14. ウインク
15. ドラキュラ
16. Gluttony
E1. LOVE SENSATION
E2. HONEYYY
E3. プロポーズ
E4. My Own Beat

DAY2・2/29(Thu)
01. everlasting
02. ARE U READY
03. Addict
04. Hello!!
05. LUV ME, LUV ME
06. HOTEL
07. Snow White
08. この手とその手
09. face to face
10. Lovin’U
11. MAKE ME ALIVE
12. MAZE WORLD
13. Gluttony
14. LOVE SENSATION
15. I’m coming
E1. Lover
E2. モガケ!
E3. OVER YOU
E4. アダルトブルー
E5. My Own Beat

リリース情報

ミニアルバム「絆 -KIZUNA-」
2024年1月24日(水)Release
・FLCF-4534 「絆 -KIZUNA-」TYPE-A ¥2,500(税込)¥2,273円(税抜)
・FLCF-4535 「絆 -KIZUNA-」TYPE-B ¥2,500(税込)¥2,273円(税抜)
 
<収録内容>
~TYPE-A~
01:everlasting
作詞・作曲:田邊駿一(BLUE ENCOUNT) 編曲:橋本しん(Sin)
02:face to face
作詞・作曲:金井政人(BIGMAMA) 編曲:金井政人(BIGMAMA) / 永田範正
03:Lover
作詞・作曲:眉村ちあき 編曲:眉村ちあき & Numa
04:Gluttony
作詞:山田海斗 作曲:竹中雄大・山田海斗 編曲:山田海斗
05:アダルトブルー
作詞・作曲・編曲:マイキ
06:My Own Beat
作詞・作曲:井上竜馬(SHE'S) 編曲:SHE'S
-Bonus Track-
07:プロポーズ(2023.11.11 手越祐也 BIRTHDAY LIVE 2023)
08:CLOSE CALL(2023.11.11 手越祐也 BIRTHDAY LIVE 2023)
 
詳しくはこちらをご覧ください
 
~TYPE-B~
01:everlasting
作詞・作曲:田邊駿一(BLUE ENCOUNT) 編曲:橋本しん(Sin)
02:face to face
作詞・作曲:金井政人(BIGMAMA) 編曲:金井政人(BIGMAMA) / 永田範正
03:Lover
作詞・作曲:眉村ちあき 編曲:眉村ちあき & Numa
04:Gluttony
作詞:山田海斗 作曲:竹中雄大・山田海斗 編曲:山田海斗
05:アダルトブルー
作詞・作曲・編曲:マイキ
06:My Own Beat
作詞・作曲:井上竜馬(SHE'S) 編曲:SHE'S
-Bonus Track-
07:Just Right(2023.11.11 手越祐也 BIRTHDAY LIVE 2023)
08:サイダー(2023.11.11 手越祐也 BIRTHDAY LIVE 2023)
 
詳しくはこちらをご覧ください

リリース情報

手越祐也「アダルトブルー」
作詞・作曲・編曲:マイキ
2023年11月4日(土)配信Release
 
配信はコチラ:https://lnk.to/Ypkcnt1b

関連ライブ

関連アーティスト

レポート一覧に戻る

バナー