×

LiveFans PUSH!

ウルフルズ『EIGHT BALL FESTIVAL 2024』ライブレポートーーシンガロングが止まらない、アンセムの応酬と圧倒的ショーマンシップで大観衆を一つに

2024/04/01
ウルフルズ 撮影=藤井拓

『EIGHT BALL FESTIVAL 2024』ウルフルズ

SOLID STAGE前半の締めくくりに姿を表したのは、『EIGHT BALL FESTIVAL』出演者で最長キャリアを誇る、我らがジャパニーズ・ソウル&ファンクバンド、ウルフルズだ。

ウルフルズ

ウルフルズ

2022年にデビュー30周年の大きな節目を迎え、近年は特にお祭りムードが強かった中、この日はその勢いをさらに拡大! 真っ白なスーツでキメたトータス松本(Vo.Gt)が、「エブリバディ、セイ! イェイ!」と扇動すれば、初っぱな「バカサバイバー」から広大なSOLID STAGEを一気に掌握。破顔しながらプレイするジョンB(Ba)の極太リズムで、あおらずともフロアからはたくさんの手が伸び、その場にいる全員でライブを作り上げていく感覚は彼らのステージでしかなし得ないものだ。

ウルフルズ

ウルフルズ

続く「ええねん」では、桜井秀俊(Gt、真心ブラザーズ)が快走するギターソロで魅せ、多幸感はあふれんばかり。お約束の「金の切れ目は?」(トータス松本、以下同)の呼びかけに「縁の切れ目!」と応える「借金大王」と、てんこ盛りの鉄板ナンバーを喰らい、ウルフルズの無敵の求心力に改めて驚かされるばかりだ。

ウルフルズ

ウルフルズ

MCでは、「この後は04 Limited Sazabysや10-FEETと、すごいバンドが続くね。ちゃんとステージを温めないと! 頑張ります」と、気合を入れ直したトータス松本。このすさまじい一体感を生み出してなお、まだまだてっぺんではないというのだから本当に底知れない。そんな表明に続けたのは、ミディアムテンポの大名曲「笑えれば」。瞬時にシンガロングが巻き起こり、大観衆の心を掴むさまは圧巻というほかない。

ウルフルズ

ウルフルズ

浦清英(Key)の歌うような鍵盤の音色で、曲が持つドラマを何倍、何十倍にも増幅させていき、さらに「ガッツだぜ!!」で会場のテンションは天井突破! サンコンJr.(Dr)の放つ渾身のドラミングで、コンベックス岡山をダンスフロアへと塗り替えていく。そんなめくるめくファンクショーの極め付けには、歌い始めから大歓声が沸いた「バンザイ~好きでよかった~」! 歌心ある歌唱と色鮮やかなアンサンブルが、みずみずしく心に染みわたっていく。「イイ感じに温まったかな? また来ます。また呼んでください!」と再会を約束してくれた彼ら。この上ないパフォーマンスで身も心も解きほぐしてくれたウルフルズに拍手!

取材・文=後藤愛 撮影=藤井拓

イベント情報

『EIGHT BALL FESTIVAL 2024 supported by GROP』
開催日:2024年3月30日(土)、3月31日(日)
開場/開演:3月30日→ 11:00 / 12:00  3月31日→ 11:00/11:30 
会場:コンベックス岡山(http://www.convex-okayama.co.jp
公式HP:https://eightballfestival.jp
出演者:
【3月30日(土)】
<SOLID STAGE>
ウルフルズ、go!go!vanillas、10-FEET、PEOPLE 1、04 Limited Sazabys、My Hair is Bad
<STRIPED STAGE>
炙りなタウン、osage、SIX LOUNGE、bokula.、リーガルリリー
 
【3月31日(日)】
<SOLID STAGE>
キタニタツヤ、THE ORAL CIGARETTES、SiM、SUPER BEAVER、sumika、miwa
<STRIPED STAGE>
IdolPunch、サバシスター、なきごと、Hakubi、MOROHA、ReN
 
主催・企画・制作:YUMEBANCHI
後援:OHK岡山放送 / エフエム岡山
特別協賛:株式会社グロップ
協賛:サミー株式会社 / ナカバヤシ / ハートアップ
協力:ROLLING CRADLE / RACCOS BURGER / CRAZYMAMA KINGDOM / CRAZYMAMA 2ndRoom
お問い合わせ:https://eightballfestival.jp/
YUMEBANCHI(岡山) 086-231-3531<平日12:00〜18:00>

関連アーティスト

関連ライブ

レポート一覧に戻る

バナー