×

フェス特集2024

【1998】~CDバブル絶頂期!5人の歌姫を生んだ奇跡の年~

【1998】~CDバブル絶頂期!5人の歌姫を生んだ奇跡の年~

ヒット曲や出来事、生まれたアーティストなど1998年(平成10年)の音楽界をプレイバック!まだ生まれてなかった方も是非覗いてみてね

更新日:2018/02/01

【2月デビュー】MISIA

★日本を代表する女性ソウルシンガー!

1978年7月7日生まれ、長崎県出身。


1998年2月21日、シングル「つつみ込むように…」でデビュー。同年6月24日にデビューアルバム『Mother Father Brother Sister』をリリースし、約300万枚の売り上げを記録!


5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力で日本の音楽界に強烈なインパクトを与え、一躍、日本を代表する女性ソウルシンガーとなりました。

2000年、フジテレビ系テレビドラマ『やまとなでしこ』主題歌「Everything」が200万枚を突破し大ヒット、2004年には女性ソロ・アーティストとしての初の5大ドームツアー成功させました。

現在も毎年ライブツアーを行いフェスにも多数出演。そして音楽活動のみならずアフリカをはじめとする途上国の支援活動や様々な社会貢献活動にも注力し、グローバルに活躍中です。

【4月デビュー】浜崎あゆみ

★時代のカリスマ!

1978年10月2日生まれ、福岡県出身。


1998年4月8日、シングル「poker face」でデビュー。翌年1月1日発売の1stアルバム『A Song for ××』が約150万枚を売り上げ日本のみならずアジア各国でブレイク。


彼女のファッションやメイクを真似する女子中高生が増え、若者のカリスマに。ヒョウ柄やネイルアートなどファッションの流行を次々と生み出し、社会現象となりました。

16thシングル「SEASONS」の136万枚を超える大ヒットをはじめ、シングル・アルバムでミリオンセラーを連発。

2001年3月28日発売、自身初のベストアルバム『A BEST』の累計売上は約450万枚を記録し、この年4大ドームツアーを開催。そして史上初二年連続CD総売り上げ200億円を突破しました。

日本レコード大賞3連覇、ベストジーニスト賞殿堂入りなど様々な賞を受賞し、総売上枚数は5000万枚を越え、ソロアーティスト並びに女性アーティストとしては史上初の快挙を達成。まさに一時代を築き上げました。


現在はライブ活動に専念しており、毎年全国ツアーを開催。精力的にライブ活動を行っています。

【5月デビュー】椎名林檎

★ニッポンを背負うアーティスト!

1978年11月25日生まれ、福岡県出身。


1998年5月27日シングル「幸福論」でデビュー。2ndシングル「歌舞伎町の女王」で渋谷系をもじった“新宿系”を名乗り話題に。


翌年2月24日、ヒットした3rdシングル「ここでキスして。」を収録した1stアルバム『無罪モラトリアム』をリリースしミリオンヒットを記録。

ナース姿が話題となった1999年10月27日リリースの4thシングル「本能」がミリオンを突破し椎名林檎の名を世に知らしめた代表曲に、そして翌年3月リリースの2ndアルバム『勝訴ストリップ』は230万枚を超える大ヒットを記録しました。

2004年~2012年はバンド“東京事変”としても活動。

2009年には平成20年度の芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。


ともさかりえ、石川さゆり、SMAPなど多くのアーティストへの楽曲提供、NHK朝ドラ主題歌担当、そしてリオ五輪閉会式・2020年東京五輪のセレモニープランニングを担当するなど、日本を代表するアーティストとして活躍の場を広げています。

【7月デビュー】aiko

★恋愛ソングの女王!

1975年11月22日生まれ、大阪府出身。


1998年7月に1stシングル「あした」でデビュー。1999年、3rdシングル「花火」がヒットし一躍人気に。


続くシングル「カブトムシ」「桜の時」も大ヒットし、2ndアルバム『桜の木の下』は累計売上も140万枚を売り上げる大ヒットを記録しました。

2000年リリースのシングル「ボーイフレンド」も約50万枚以上を売り上げ、翌年リリースの3rdアルバム『夏服』が2作連続となるミリオンヒットを記録。


数々の恋愛ソングを発表し、「恋愛ソングの女王」とも呼ばれ、オリコンの「音楽ファン2万人が選ぶ好きなアーティストランキング」では2005、2006年と二年連続総合1位を獲得しました。

現在もライブツアーは毎年チケット入手困難となるほどの人気。観客とのやり取りや、その場での即興の弾き語りなどファンとの親近感を感じる、変わらないサービス精神満載のライブが人気を博しています。

【12月デビュー】宇多田ヒカル

★日本中に衝撃を与えたNo.1アーティスト!

1983年1月19日生まれ、アメリカ出身。


1998年12月9日1stシングル「Automatic/time will tell」でデビュー。当初はセールスもさほどなかったものの、“ニューヨーク出身の帰国子女”、“15歳で作詞作曲も手掛ける”、“歌手・藤圭子の娘”などどんどん話題を呼び、翌年ミリオンを突破。

1999年3月10日、1stアルバム『First Love』を発売。初週売上枚数は200万枚を突破、累計約765万枚を売り上げ、現在も日本国内の歴代アルバムチャート1位となっています。

アルバムからタイトル曲「First Love」リリース時には『ミュージックステーション』『HEY!HEY!HEY!』』『SMAP×SMAP』などの番組に出演。珍しいテレビ出演には国民の注目を集め、いずれも番組最高視聴率を記録しました。


その後も、今日に渡ってヒットはとどまることを知らず…2001年リリースの2ndアルバム『Distance』は初週売上枚数はオリコンアルバムチャート歴代1位となる300万枚を記録。もちろん活躍の場は世界に発展し、2002年には総理大臣官邸で開かれたブッシュ大統領来日レセプションに招待。2004年には全米デビューも果たしました。


2010年の「人間活動」のためアーティスト活動を休止していましたが、2016年、およそ8年ぶりとなる6thアルバム『Fantome』(もちろんオリコン4週1位の大ヒット)で活動を再開!2018年春には約2年ぶりとなるオリジナルアルバムの発売及び、12年ぶりとなる全国ツアー開催を予定しています。


…ざっと紹介しましたが、5人ともそれぞれ個性が違っていて素晴らしい!濃い!そして奇跡!黄金世代万歳


\(^o^)/

忘れちゃいけない!その他の98年デビュー組

・モーニング娘。

・Kiroro

・鈴木亜美

・くるり
・19
・キリンジ
・PIERROT
・野猿
・SURFACE など

(ちなみに)洋楽でもすごい歌姫たちがデビューしていた…

・ブリトニー・スピアーズ
・デスティニーズ・チャイルド
・ローリン・ヒル(フージーズからのソロデビュー)

*****


次のページ ⇒ 1998年生まれのアーティスト&おまけの来日公演情報

2 / 3

新着記事

≪LiveFans調べ≫2023年 年間ライブ動員ランキング!

≪LiveFans調べ≫2023年 年間ライブ動員ランキング!

【LiveFans独自ランキング】2023年、ライブの動員数が多かったのは…!?

2024/01/31

LiveFans ライブ動員ランキングまとめ

LiveFans ライブ動員ランキングまとめ

ライブファンズ独自ランキング!ライブ動員ランキングの歴代記事をまとめました。

2023/07/19

≪LiveFans調べ≫2023年 上半期ライブ動員ランキング!

≪LiveFans調べ≫2023年 上半期ライブ動員ランキング!

【LiveFans独自ランキング】2023年上半期、ライブの動員数が多かったのは…!?

2023/07/19

記事一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });