μ's

μ's

ミューズ

アニメ/ゲーム/声優

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

出演フェス:

ランティス祭り2014

ランティス祭り2014

2014/09/14 (日)

東京都セットリスト

ランティス祭り2014

ランティス祭り2014

2014/07/20 (日)

三重県セットリスト

ランティス祭り2014

ランティス祭り2014

2014/07/19 (土)

三重県セットリスト

ライブレビュー(15件)

ラブライブ! μ's Final LoveLive!~μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~

2016/04/01 (金) 16:00開演 @ 東京ドーム(東京都)

ふさなら さん

2,000字近くもあり、ライブのレビューとは違ったこともあり、思ったことをただ文字にしているだけですが、もしよければ読んでいただけると嬉しいです。 僕がラブライブと関わり始めたのは去年の7月、約1年前です。だからみんなよりかなり遅れてのスタートです。アニメを見て映画を見て、さらにリアルのライブ映像を見ました。初めてのライブ映像となる5thライブを見た時は本当に感動して涙が出てしまいましたw(もちろんアニメも映画もかなり泣きました) それからラブライブ!の魅力にどんどん惹かれていき、劇場版のBlu-rayは20回近くは見ましたw そうこうしてるうちにμ’sのFinalLoveLiveが発表され、その時は「なんでもっと早くラブライブ!の魅力に気付かなかったんだろう」とばかり思ってました。 そしてライブ当日、僕は両日LVでの参戦となりました。恐らくこれが僕にとっての最初で最後のμ’sのライブになるだろうと思うととても寂しい気持ちになりました。 そしてライブが始まった時はLVでも伝わる生の感じ。『僕らのLIVE 君とのLIFE』から始まり全42曲5時間半という普通のライブでは考えられないほどの長さと内容の濃さ。この日のためにμ’sが頑張って練習してきた歌と踊りに合わせてコールを打ち、μ’sとラブライバーはひとつとなりとても楽しい時間がありました。 案の定、楽しい時間はあっという間に過ぎていくもので気づいたらアンコール曲まで来ていました。μ’sのライブの醍醐味と言っても過言ではない『Snow halation』の穂乃果ソロ。それはドームでもLVでも言葉には表せないくらい本当に綺麗で僕の心に深く刻まれることとなりました。 そしてファイナルシングルの『MOMENT RING』。間奏で画面とリアルのμ’sの同じ動き、完全一致という言葉これの為にあるのではないかと言うほど本当に同じで、今にも涙が溢れ出てしまいそうでした。 元々僕はアニメそのものに偏見を持っていました。だからラブライブ!という作品を初めて知った時も偏見しかなく、見たいどころか絶対に関わりたくもない!なんて思っていましたwそんな昔からは考えられませんが、曲1つで本気で泣けるくらい本当にラブライブ!にハマりました。 そしてμ’sの本当に最後の曲『僕たちはひとつの光』。僕は絶対にここまでは泣かない!と決めていたからか、イントロから涙が溢れ出てしまいました。劇場版では3年生が卒業後の最後のライブに披露された曲、それと同じようにμ’sのFinalLoveLiveの最後の曲。これが本当に生でμ’sから聴ける最後の曲だという事が直感的にわかり、涙が止まりませんでした。曲の終盤の「いまが最高」は本当に歌詞そのままの通りでした。 μ’sの最後の曲が終わり、寂しい気持ちと本当に楽しかった!という気持ちでいっぱいの中、最後に流れた『僕たちはひとつの光』のoffvocalでのこと。μ’sとラブライバーによる合唱、さらにμ’sの円陣。これにはもう出尽くしたと思っていた涙がさらに溢れ出てきました。恐らくあの円陣は演出でもなんでもなく、μ’s一人一人の純粋な気持ちが引きつけ合って出来た円陣だと感じました。きっとあの9人は、9人が出会えたことが奇跡なくらい、心の底から本当に出会えてよかったと思っているのではないでしょうか。 最後のμ’sとラブライバーみんなによる「いまが最高」は『僕たちはひとつの光』そのものだと思った。ニコ生でμ’sの誰かが「僕らってみんなって感じが〜」と言い放っていたがそれはずっと輝きを追い続けてきたμ’sが、μ’sとラブライバーなど のみんなでひとつになりやっと輝きになれた、それが『僕たちはひとつの光』の本当の意味なのかと思いました。 そして本当に最後のμ’sコール。直接μ’sは反応してくれることは無かったものの、その後Twitterなどで「ここでステージに戻ることは違う。でもしっかり届いていた」ということがわかりました。 僕のラブライバー歴は短いものの、今までのμ’sの軌跡を辿るような、寂しくも楽しい本当に最高のライブでした。 恐らくμ’sがもう一度ライブを行うことはありませんが、僕たちがμ’sを忘れない限りμ’sはみんなの心の中で生き続けます。なのでμ’sの居場所は僕たちが作りましょう。そうしたらいつかきっとまたμ’sと会える日が来ると思います。 さらに今はμ’sの後を継ぐ大きな存在もありますしね(*^^*)期待しましょう!!! 最後にμ’sと運営スタッフさんお疲れ様でした! そして本当にありがとうございました!!! とまぁこんな感じで、本当に長々とすみませんでしたw 思ったことを書いただけなので共感しない方もいると思いますが、とりあえず読んで下さった方々ありがとうございました。(いるのかなw) では機会があればまたよろしくお願いします(*^^*) それでは、μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪ あっ、ちなみに僕は凛ちゃん推しです>ω</ もちろん大前提として箱推しですw

レビューをもっと見る

まとめ:

「ラブライブ! μ's Final LoveLive!」から1年…~あの日のおまえら~

「ラブライブ! μ's Final LoveLive!」から1年…~あの日のおまえら~

μ'sラストライブ東京ドーム公演から1年ー。あの日、ラブライバー達はこんなにも熱い想いを持っていた…

2017/03/31

SMAP!氷室!恋ダンス!LiveFans的・音楽ニュースまとめ -2016-

SMAP!氷室!恋ダンス!LiveFans的・音楽ニュースまとめ -2016-

2016年の音楽・ライブシーンで話題になった出来事をLiveFansまとめの記事を交えて総まとめ!まとめのまとめ!

2016/12/28

定番ソング:

現在こちらのアーティストには定番曲を集計できるだけのセットリストが登録されていません。
セットリストをご存じの方は、ぜひセットリストの投稿をお願いします。

LiveFansに登録されているセットリストで1曲目に演奏される割合の多い楽曲です。

全体的に激しい曲調の楽曲です。

全体的に速いテンポの楽曲です。

全体的に明るい雰囲気の楽曲です。

LiveFansに登録されているセットリストで本編の最後に演奏される割合の多い楽曲です。

全体的に静かな曲調の楽曲です。

全体的にゆっくりなテンポの楽曲です。

全体的に暗い雰囲気の楽曲です。

LiveFansに登録されているセットリストでアンコールに演奏される割合の多い楽曲です。

関連記事:

loading

レコメンド:

このアーティストを見ている人は、こんなアーティストも見ています。

水樹奈々

水樹奈々

アニメ/ゲーム/声優ポップス
miwa

miwa

ポップス
JAM Project

JAM Project

アニメ/ゲーム/声優ロックハードロック/メタル
でんぱ組.inc

でんぱ組.inc

アイドルポップス
山下達郎

山下達郎

ポップスフォーク/ニューミュージック
藍井エイル

藍井エイル

アニメ/ゲーム/声優
ZAQ

ZAQ

アニメ/ゲーム/声優

ライヴッド!

第5話 「昔と違ってネットがあるのっていいよね〜!」

浅田有皆
「ウッドストック」著者
浅田有皆による音楽4コマ漫画

2017/07/11 更新

  • Live Q&Aページ
  • Jazz Today特設ページ
  • ビルボード特設ページ

バナー

バナー

バナー

お気に入りのアーティストやライブの最新情報がスマホに届く!!

今すぐユーザー登録

>> LiveFansについてもっと詳しく <<

まとめ

みんなの「JOIN ALIVE 2017」フォト日記
みんなの「JOIN ALIVE 2017」フォト日記
この記事では「JOIN ALIVE 2017」に参加したみなさんがどんなフェス飯を食べたのか、どんなグッズを買ったのかなど写真付きのツイートを中心にご紹介しま…

2017/07/19

まとめ一覧を見る

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

LiveFansアプリ好評配信中!