×

LiveFans PUSH!

細坪基佳

細坪基佳

チケットぴあ 情報: 最終更新日:2019/06/25 (火) 15:28

発売種別・期間発売情報公演日会場
一般発売発売中 ~2019-07-04 23:59 一般発売/細坪基佳 2019/07/07 (日) 沼津市民文化センター 小ホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2019-07-10 23:59 一般発売/細坪基佳 2019/07/13 (土) 焼津文化会館 小ホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2019-07-25 23:59 一般発売/細坪基佳 2019/07/27 (土) チームスマイル・いわきPIT(ピット) チケットぴあ
一般発売発売中 ~2019-07-25 23:59 一般発売/細坪基佳 2019/07/28 (日) 仙台市シルバーセンター 交流ホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2019-08-02 23:59 一般発売/細坪基佳 2019/08/03 (土) くまもと森都心プラザホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2019-08-21 23:59 一般発売/細坪基佳 2019/08/24 (土) ハーモニーホール座間 小ホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2019-09-20 23:59 一般発売/細坪基佳 2019/09/21 (土) 都城市総合文化ホール 中ホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2019-09-20 23:59 一般発売/細坪基佳 2019/09/22 (日) 鹿児島市民文化ホール 第2ホール チケットぴあ
一般発売発売中 ~2019-10-25 23:59 一般発売/FOLK FRIENDSHIP LIVE 2019 2019/10/26 (土) 名護市民会館 大ホール チケットぴあ
一般発売発売前 2019-06-28 10:00:00 より販売 一般発売/細坪基佳 2019/09/01 (日) 千葉市美浜文化ホール メインホール チケットぴあ
一般発売発売前 2019-06-28 10:00:00 より販売 一般発売/細坪基佳 2019/09/28 (土) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE チケットぴあ
一般発売発売前 2019-09-07 10:00:00 より販売 一般発売/細坪基佳 2019/11/01 (金) 今池ガスホール チケットぴあ
一般発売発売前 2019-07-05 10:00:00 より販売 一般発売/細坪基佳 2019/11/16 (土) ヨコスカ・ベイサイド・ポケット チケットぴあ
先行抽選受付終了 細坪基佳〔静岡〕 2019/07/07 (日) 沼津市民文化センター 小ホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 細坪基佳〔静岡〕 2019/07/13 (土) 焼津文化会館 小ホール チケットぴあ
一般発売予定枚数終了 一般発売/細坪基佳 2019/08/04 (日) J:COM ホルトホール大分 小ホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 細坪基佳〔千葉・東京・神奈川〕 2019/09/01 (日) 千葉市美浜文化ホール メインホール チケットぴあ
先行抽選受付終了 細坪基佳〔千葉・東京・神奈川〕 2019/09/28 (土) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE チケットぴあ
先行抽選受付終了 細坪基佳〔千葉・東京・神奈川〕 2019/11/16 (土) ヨコスカ・ベイサイド・ポケット チケットぴあ

情報提供:チケットぴあ

※最新の情報は、リンク先サイトで必ず内容をご確認の上、お客様ご自身の責任でご利用ください。

楽曲名でセットリストを探す:

曲名

検索範囲
開催年

ライブレビュー(4件)

細坪基佳

2018/06/23 (土) 15:30開演 @ 大丸心斎橋劇場(大阪府)

furuyamoriさん

恒例、心斎橋劇場での細坪基佳のライブ。 例年、落ち着いたシックなホールで、繊細なアコースティックギターやピアノに乗せたハイトーンの美声が響き渡り、上質な大人のポップスを堪能させてくれる。 今年は、2009年「思い出は風の中に」以来、9年ぶりに6月6日に発売されたオリジナルアルバム「Old time is Good time」から新曲5曲を披露。 御年65歳でなお現在進行形で思いを伝えるシンガーソングライターとして、飽くなき創造・表現を追求する意欲が漲り、往年のファンには頼もしい姿であった。 ふきのとう時代、レコード以上にライブの歌唱の方がすごいと思っていたが、改めて、今この瞬間のリアルな感情がダイレクトに届く、伸びやかな歌声の「生の響き」が、やはり心地良いと感じた。 レコーディング時のバンド編成と違い、シンプルなギター2本だけの演奏であっても、この編成だからこそ、彼の類まれなヴォーカリストとしての才気を目の当たりにし、圧倒され、感動させられるのだ。 この日、冒頭、「開催数日前の大阪地震の影響で、開催を決断するまで逡巡があったが、45年間歌うことで思いを伝えてきたから、愚直に今日も歌いたい」という旨を真摯に語り、被災地への気遣いを見せた。 またこの日のトークは、本来の上品なホールでの客席とステージの距離感を感じさせない、客席の反応を上手に引き出しアットホームな雰囲気に変える話術で、心和む楽しい内容だったのも、細坪らしい気配りだろう。

細坪基佳

2016/03/05 (土) 17:30開演 @ 浜松市浜北文化センター 小ホール(静岡県)

furuyamoriさん

2016年3月5日、浜北文化センターを皮切りに、細坪基佳の今年のコンサートツアーが始まった。ツアータイトルは「Tsubo's style」 彼はふきのとう解散後、ソロ活動と並行し、様々なアーティストとユニットを組んできたが、近年その規模も回数も多様化している。Song for Memories、座ジローズ、三浦君と細坪君、スリーハンサムズ、風のアルペジオ、アコースティックカフェ、妹尾武・・・多種多様なアーティストとの共演を通し、ボーカリストとしてエンタティナーとして、優れた才覚を発揮している。 そんな中、では「シンガーソングライター細坪基佳のアイディンティティはどこにあるのか?」という疑問が自ずと湧いてくる。 今ツアーのライブでセレクトされた曲に、「自分らしく生きる」というフレーズが多く登場するが、そもそも一体細坪基佳にとって「自分らしさ」とは何だろう? 自分らしく振る舞うのが自然体だろうが、その自然体さえも彼が表現したものしか他者は彼を認識できない。 彼は「表現」という媒体を通している以上、彼自身が表現された作品なのだ。 わかるだろうか? 誰も見ない自分しか見ないチラシの裏の書き殴りと、ひょっとして他人が見るかもしれないことを意識した文章の違いを。自分しか食べない料理と、他人が食べることを想定した料理の違いを。 表現とは誰にも見られることない自分ではなく、鑑賞者である他者に見せる「自分」なのである。 細坪基佳は、紛れもなく「表現者」である。 どの表現がより自分らしいのか、決して一問一答式に定義させない、常に自ら進化させ、生涯かけて多義的「自分らしさ」を表現し続けるアーティストなのである。 細坪基佳は還暦過ぎてなお、アーティストとして成長し続ける無限の可能性を伺わせたツアー初日であった。

レビューをもっと見る

新着情報

音楽番組ガイド

バナー
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });