スナーキー・パピーの鍵盤奏者、ビル・ローレンスのソロ公演が6月に決定

2017/04/21

 世界中から熱い注目を浴び、3度の〈グラミー賞〉に輝く音楽集団スナーキー・パピー。そのオリジナル・メンバーのひとり、キーボード奏者 / 作曲家のビル・ローレンス(Bill Laurance)が、6月12日(月)から14日(水)までの3日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて単独公演を開催。

 14歳の頃からプロ活動を始め、2004年にマイケル・リーグらとスナーキー・パピーを創設。その一方でサリフ・ケイタ、ボビー・マクファーリン、スサーナ・バカ、デヴィッド・クロスビーといった数々の重鎮とも共演し、iTunesのジャズ・アルバム・チャートで首位に輝いた『フリント』(2014年)をはじめソロ作品も現在まで4作を発表しています。ジャズ、クラシック、ワールド・ミュージック、エレクトロニクスといった、あらゆるジャンルを横断するローレンスの音楽世界がステージで披露される公演です。

 座席の予約は4月22日(土)より受付開始。詳しくはCOTTON CLUBのウェブサイトでご確認ください。

新着情報

ニュース一覧に戻る

バナー

バナー

お気に入りのアーティストやライブの最新情報がスマホに届く!!

今すぐユーザー登録

>> LiveFansについてもっと詳しく <<

まとめ

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

バナー

LiveFansアプリ好評配信中!