カレン・ソウサ、新作を携えCOTTON CLUBのバレンタイン公演に登場

2017/12/07

 妖艶な美貌、アンニュイな歌声、エキゾティックな音楽性でファンを魅了する、ジャズ・ヴォーカリストのカレン・ソウサ(Karen Souza)が、12月6日(水)にニュー・アルバム『夜空のベルベット』(VICJ-61769 2,200円 + 税)をリリース。このアルバムを携え、2018年2月13日(火)から15日(木)までの3日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて〈St. Valentine's Day Special Live〉を行ないます。

 カレン・ソウサはアルゼンチン・ブエノスアイレス出身。匿名ヴォーカリストとしてエレクトロ、ハウスの企画アルバムに参加。2006年に発表された80年代ロックのジャズ・アレンジ・アルバム『JAZZ AND 80's』が話題となってジャズに転向。2009年に開催したブラジル・ツアーの大成功を契機に、さらなる活動の場を求めて米国ロサンゼルスに移住し、ホイットニー・ヒューストンやアレサ・フランクリンらのソングライターであるパム・オーランドのもとで学びました。

 最新作『夜空のベルベット』では、デューク・エリントンからルー・リード、10CC、ザ・キュアーまで幅広いセレクトで名曲に新たな光を当てています。また、日本のフリューゲルホーン奏者 / ヴォーカリストのTOKUをゲスト迎え、オリジナル曲「ユー・ガット・ザット・サムシング」でデュエットを披露しています。

 座席の予約は12月16日(土)より受付開始。詳しくはCOTTON CLUBのオフィシャル・サイトにてご確認ください。

関連アーティスト

新着情報

ニュース一覧に戻る

音楽番組ガイド

バナー
バナー