『ボヘミアン・ラプソディ』の監督がエルトン・ジョンの半生をミュージカルで描く タロン・エガートン主演『ロケットマン』日本公開へ

2019/03/25
エルトン・ジョンを演じたタロン・エガートン

エルトン・ジョンの半生を描いたミュージカル映画『ROCKETMAN(原題)』が『ロケットマン』として、2019年に日本で公開されることが決定した。

エルトン・ジョンは、音楽界最高峰の賞であるグラミー賞を5度受賞し、シングル・アルバムの総売上が全世界で3億枚を越えるミュージシャン。彼の楽曲「ロケットマン(Rocket Man)」と同じタイトルを冠した本作では、エルトン・ジョンを『キングスマン』シリーズの主人公・エグジー役で知られるタロン・エガートンが演じる。

アニメーション映画『SING/シング』でもエルトン・ジョンの「アイム・スティル・スタンディング(I'm Still Standing)」を披露したことも記憶に新しいエガートンは、さらに過酷なボイストレーニングを経て、エルトン・ジョンの楽曲を吹き替え無しで歌いきっているという。


また、エルトン・ジョンと多数の楽曲を共作した創作上のパートナー=バーニー・トーピンを『リトル・ダンサー』などのジェイミー・ベルが演じる。そのほか、エルトンの母シーラ役で『ジュラシック・ワールド』シリーズのブライス・ダラス・ハワード、エルトンのマネージャーで、後にクイーンを見出したことでも知られる音楽プロデューサー=ジョン・リード役で『ゲーム・オブ・スローンズ』のリチャード・マッデンが出演。

メガホンをとるのは、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』などの俳優としても知られ、近年は『イーグル・ジャンプ』『サンシャイン/歌声が響く街』などを手掛けたデクスター・フレッチャー監督。フレッチャー監督といば、クィーンを題材に大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』で製作総指揮を務め、途中降板したブライアン・シンガー監督に代わって作品を完成させた人物。その手腕で、エルトン・ジョンをどのように描くのか。

脚本は、『リトル・ダンサー』のリー・ホール氏。製作は、フレッチャー監督の盟友で、『キングスマン』監督としても知られるマシュー・ヴォーン。また、エルトン・ジョン自身も製作に参加し、数々の楽曲を提供している。

『ロケットマン』は2019年全国ロードショー。

関連アーティスト

新着情報

ニュース一覧に戻る

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });