【ライブレポート】ポルノグラフィティが全国の被災地へエール。観客と『アゲハ蝶』を大合唱!<テレビ朝日ドリームフェスティバル2018>

2018/09/19

2011年より開催され、今年で8回目を迎える音楽ライブイベント「テレビ朝日ドリームフェスティバル」(主催:テレビ朝日)が9月15日(土)から17日(月・祝)の3日間、千葉・幕張メッセ国際展示場にて開催された。

 

【ライブレポート】ポルノグラフィティが全国の被災地へエール。観客と『アゲハ蝶』を大合唱!<テレビ朝日ドリームフェスティバル2018>

3日目となる9月17日(月・祝)の公演に登場したのはポルノグラフィティ。
ステージに登場したポルノグラフィティは金曜ナイトドラマ『ホリデイ・ラブ』(テレビ朝日系)の主題歌に起用された楽曲『カメレオン・レンズ』でライブをスタート。人と人は分かり合うことはできないという歌詞の内容が、岡野の声に乗せてグッと突き刺さる。続く『アニマロッサ』では先ほどとは正反対に相手を激しく求める様子が歌われ、新藤はギターを感情の赴くままにかき鳴らす。

 

【ライブレポート】ポルノグラフィティが全国の被災地へエール。観客と『アゲハ蝶』を大合唱!<テレビ朝日ドリームフェスティバル2018>

9月8日にデビューから19周年を迎えたポルノグラフィティ。「めでたいものでありがとうございます。ここで僕たちのデビュー曲を聴いてもらいたいと思います!」と披露したのは『アポロ』。「ドリフェス最高だぜ!」とテンションを高めた岡野の煽りが炸裂する。観客はクラップを打ったり、ペンライトを振ったり、歌詞を口ずさんだりと各々の楽しみ方でライブを楽しんだ。

【ライブレポート】ポルノグラフィティが全国の被災地へエール。観客と『アゲハ蝶』を大合唱!<テレビ朝日ドリームフェスティバル2018>

MCで岡野は「みなさん良い感じだね。今日はフレッシュなメンバーの中に19年目のポルノグラフィティも参加させてもらってとても幸せでございます。ドリフェスは4回目の出演になりまして、最多出場でないのが中途半端なんですれども」と笑いを誘った。

ライブの後半戦では、岡野が冒頭のハーモニカの音色で視線を集めると『Winding Road』をしっとりと歌いはじめる。熱い歌のイメージがあるポルノグラフィティだが、まっすぐで純粋な思いを込めた恋愛ソングに客席からは拍手が沸き起こった。

 

【ライブレポート】ポルノグラフィティが全国の被災地へエール。観客と『アゲハ蝶』を大合唱!<テレビ朝日ドリームフェスティバル2018>

続いて岡野は日本各地を襲った災害について触れて「被害に遭われた方がたくさんいらっしゃいます。その方々にこの会場の気持ちを一つにしてエールを送りましょう!みなさんが被災地にエールを送ってあげてください!!」の掛け声と共に『アゲハ蝶』を披露。ラテン調のリズムに観客のクラップが幕張メッセを包み込み今日一番の一体感が生まれる。「みなさんが大きな声を出す番です!」と促し、観客一同が「ラララ」の大合唱で会場を包み、岡野の煽りでその声量は次第に大きくなっていく。「この声は絶対に届く、みんなに届くよ!」と幕張メッセを一つにまとめ上げた。

 

【ライブレポート】ポルノグラフィティが全国の被災地へエール。観客と『アゲハ蝶』を大合唱!<テレビ朝日ドリームフェスティバル2018>

「持ち時間もあと僅かになりました。最後まで盛り上がって欲しいと思います。最後にもう一回だけタオルを回してくれっか?」と、観客にマフラータオルを回すように促し『ハネウマライダー』を熱唱した。観客の回すマフラータオルが溜まっていた熱気をかき乱すように爽やかな風を運び込み、最後の最後まで熱量の絶えないライブは終了した。

メジャーデビュー20周年イヤーに突入したポルノグラフィティ。約4年ぶりとなるアリーナツアーを2018年12月から2019年3月にかけて、全国10箇所15公演を開催。さらに、12月31日(月)の大晦日は、大阪城ホールでカウントダウン公演も決定している。20周年という節目の年を迎えた彼らの活躍から目が離せない。

 

テレビ朝日ドリームフェスティバル
ポルノグラフィティ・セットリスト

M1. カメレオン・レンズ
M2. アニマロッサ
M3. アポロ
M4. Winding Road
M5. アゲハ蝶
M6. ハネウマライダー

外部記事

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

  • 新着ニュース
  • 新着ライブレポート
バナー