【ライブレポート】Base Ball Bearが初日のVIVA! STAGEのヘッドライナーに登場!<VIVA LA ROCK 2019>

2019/05/23

5月3日から6日にかけて、さいたまスーパーアリーナで「VIVA LA ROCK 2019」が開催されている。初日となった5月3日、VIVA! STAGEのヘッドライナーに登場したのは、男女混声スリーピースバンド・Base Ball Bear。

TVアニメのオープニング主題歌としてスマッシュヒットした『ドラマチック』を披露し、スタートダッシュをキメた。

本日、VIVA LA ROCK 2019初日は、最年長アーティストがACIDMAN。そしえ、二番目がBase Ball Bearという事実に、小出祐介(Vo,Gt)は「いつのまにか中堅に。 」と、戸惑いながらも感慨深げな表情でコメント。

もっと知ってもらいたい気持ちからか、「自己紹介的な曲です。」として、『ポラリス』をしっとりと会場に響かせた。

続けて、『short hair』を披露。すんなり身体に染み渡るサウンド、がさいたまスーパーアリーナに広がる。

また、『Tabibito in the Dark』の冒頭では、スポットライトが小出に当たり、浮かび上がる。それに続いて関根、堀之内の演奏姿も照らされた。ダンサブルなサビがフェス映えした。

特に印象的だったのは、ヒップホップを取り入れたナンバーだ。

まず、『PARK』の歌い出しは、小出のラップ。さらに、フリースタイルのようなラップを披露し、『The CUT』 はポップにパフォーマンスした。

攻めたナンバーにオーディエンスは、手を高く上げ、客席でのダンスで応えた。今日のVIVA LA ROCKでは、Base Ball Bearがヒップホップ要素を独り占めだ。

小出は、「もう一段階上に上がっていけますか!」と煽り、オーディエンスのテンションの底上げした。

ラストは、青春感のある爽やかなメロディーがBase Ball Bearらしい『PERFECT BLUE』。小出の突き抜ける歌声と、確実に成長してきたバンドサウンドでオーディエンスを魅了した。ドラムの席から立ち、最後の一打を振りかざし、華やかなステージとなった。

 

 

【セットリスト】

2019年5月3日 VIVA LA ROCK 2019 VIVA! STAGE / Base Ball Bear

M01:ドラマチック

M02:ポラリス

M03:short hair

M04:.Tabibito in the Dark

M05:PARK

M06:The CUT

M07:PERFECT BLUE

外部記事

関連アーティスト

関連ライブ

新着情報

レポート一覧に戻る

バナー
// NARROWSEARCH TL //jQuery('.typeFes').not('#type00').addClass('hide'); jQuery(document).on('change','#typeLive',function(){ jQuery('.typeFes').addClass('hide'); jQuery('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).removeClass('hide'); jQuery('.typeFes').not('#' + jQuery('#typeLive option:selected').attr('class')).val(''); }); jQuery(document).on('click','.memoBox > dl dt a.btnMemo',function(){ jQuery(this).parents('dl').hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).show(); return false; }); jQuery(document).on('click','dt a.btnCncl',function(){ jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).hide(); jQuery('form'+jQuery(this).attr('href')).siblings('dl').show(); return false; });